日本通信百科事典
Advertisement

ヴォルフォン=エーファーシュタイン家の紋章

ヴォルフォン=エーファーシュタイン家独語:Wolfon-Everstein-Haus)は、北ドイツのザクセンのハーメルンの貴族であった(諸説あり)。単にヴォルフォン家ヴォルフェン家(Wolfen-Haus)と呼ばれる場合もある。

その他にも様々な呼称があり、ヴォルフォン=エーフェルシュタイン家ヴォルフェン=エーファーシュタイン家ヴォルフェン=エーフェルシュタイン家(Wolfen-Everstein)、またはヴォルフォン=エーバーシュタイン家ヴォルフォン=エーベルシュタイン家ヴォルフェン=エーバーシュタイン家ヴォルフェン=エーベルシュタイン家(Wolfen-Eberstein)とも呼ばれる。

その分家は、18世紀にロシア皇帝のロマノフ=ヴォルフォン=エーファーシュタイン家やイギリス国王のハノーヴァー朝(ハノーヴァー家)などを輩出した。

エーファーシュタイン(エーフェルシュタイン)家の分家で、家祖のマクヌス1世が妻の実家である「ヴェルフェン=エステ=ビュッテル家(ヴェルフェン家」の一部を転訛して冠とした「ヴォルフォン=エーファーシュタイン家」と名乗り、自ら「ヴェルフェン家」の後継者と自称(仮冒)した。

そのため、中・新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家(Mitte-Braunschweig-Lüneburg、Neu-Braunschweig-Lüneburg)とも呼ばれ、元来がバイエルン貴族だったヴェルフェン=エステ=ビュッテル家(古ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家)とはライバルであり、同時に婚姻関係にあった。

もともとはカトリックの教徒だったが、16世紀にマルツィン・ルターの影響で、敬虔なプロテスタントとなった歴代君主が多い。

概要[]

ハーメルン伯・アルプレヒト3世(アルベルト3世)の孫であるオットー2世あるいはアルプレヒト5世(アルベルト5世)の孫で、アルプレヒト9世(アルベルト9世、1275年 - 1349年)の子であるマグヌス1世は子沢山であったゲッティンゲン家アルプレヒト2世(アルプレヒト1世の次男、ハインリヒ1世の弟)の末娘(5女)のエリザーベト・ツェツィリエと結婚した(ゲッティンゲン家は1463年にオットー4世の代で断絶し、姻戚関係にあたるヴォルフォン=エーファーシュタイン家のブラウンシュヴァイヒ公のヴォルフェンブュッテル(ヴォルフォンブュッテル)=カーレンベルク家のヴィルヘルム1世勝利公(マグヌス1世の曾孫)がゲッティンゲン公を相続した)。

そのため、エーファーシュタイン家出身のマクヌス1世は「ヴェルフェン家」にちなんだ前述の新興の「ヴォルフォン=エーファーシュタイン家」および中・新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家と称してその家祖となり、ヴェルフェン=エステ=ブュッテル家出身である妻のエリザーベト・ツェツィリエの配偶者として、ザクセンを中心に徐々に勢力を拡大し繁栄していった。

しかし、マクヌス1世は妻のエリザーベト・ツェツィリエとの間の子は儲けなかったために離別したが、肝心の「ヴェルフェン家」の相続権を維持したまま、ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク公の地位をを継承した。そのために義兄(妻の兄)であるヴェルフェン=エステ=ブュッテル家のゲッティンゲン公・オットー2世エルンスト1世兄弟と対決して、争う羽目になった。

その後、マクヌス1世はシュテンダール・アスカニアー家(アスカニアー家の分家)のブランデンブルク辺境伯・ハインリヒ1世の娘・ゾフィーと再婚して多くの子を儲けたので、マクヌス1世の系統は「ヴェルフェン家」の血筋は一滴も残さなかった。

マクヌス1世の系統は15世紀後半までに母系のグルーベンハーゲン本家およびゲッティンゲン家と「ヴェルフェン家」の相続権をめぐって苛烈に争った。しかし、ヴェルフェン=エステ=ブュッテル家のうち、1369年にツェレ家はヨーハン1世の孫・ヴィルヘルム2世の代で断絶した(ザクセン系のアスカニアー(アスカン)家のアルプレヒト3世(ヴィルヘルム2世の外孫(娘のエリザーベトの子)、オットー4世の子)が相続した)。そして、1596年にグルーベンハーゲン本家もフィーリプ2世の代で断絶し、マクヌス1世の系統である婚姻関係のヴォルフェンブュッテル(ヴォルフォンブュッテル)家のハインリヒ・ユリウスが相続したのである。

特にリューネブルク家のツェレ公のヴィルヘルム2世逝去後の相続争いは苛烈を極めて、1370年にアスカニアー(アスカン)家のアルプレヒト3世(ヴィルヘルム2世の外孫)は叔父のヴェンツェルとともにヴォルフォン=エーファーシュタイン家のマグヌス2世首輪公(マクヌス1世の子)と激突して、数年間の激戦の末に1373年7月25日にマクヌス2世首輪公を敗死させている(『リューネブルク継承戦争』)。しかし、長引く戦いに疲労したアルプレヒト3世はマクヌス2世の子のフリートリヒ1世ベルンハルト1世兄弟と和睦して、ようやく終戦を迎えた。その後1385年にアルプレヒト3世は嗣子がないまま逝去して、叔父のヴェンツェルが引き継いだが、例の和睦で女婿となったベルンハルト1世が反乱を起こしたので、激怒したヴェンツェルは1388年にベルンハルト1世の居城であるツェレを包囲したが、その最中に突如急死した(ベルンハルト1世による暗殺説がある)。以降のリューネブルク公はベルンハルト1世が弟のハインリヒ2世寛大公と共同で統治し、その後はハインリヒ2世寛大公が中ブラウンシュヴァイヒ家のヴォルフェンビュッテル侯の家祖となったために、リューネブルク公はベルンハルト1世の系統が統治することになった。

1383年にヴォルフォン=エーファーシュタイン家の中リューネブルク公ヴォルフェンブュッテル(ヴォルフォンブュッテル)公でもあった前述のベルンハルト1世は、同族であるエーファーシュタイン本家でハーメルン伯のヘルマン7世(1374年 - 1413年)の本拠地であるエルツェンの占領を目論んだ。ヘルマン7世は同族のベルンハルト1世から領地を護衛するために、相続契約をパーダーボルン司教およびシャウムブルク=リッペ家と結んだ。この両相続人は、ヘルマン7世夫人であったイルムンガルトに対して、エルツェン城(Ärzen-Schloss=Schloß)を彼女の隠居所を認めて、エルツェン城を保管した。この相互防衛同盟はエーファーシュタイン本家の継承戦争を引き起こすことになった。そのため、ベルンハルト1世はシャウムブルク=リッペ伯家領を広く蚕食し、1408年に和平条約が締結された。同族のベルンハルト1世に屈したヘルマン7世は、4歳(あるいは2歳)の娘・エリザーベトをベルンハルト1世の子・オットー4世曲公(不自由公、オットー5世)への同族間の結婚を約束し、エルツェンはエリザーベトが嫁ぐための持参領とされた(1425年に結婚)。こうしてベルンハルト1世は同族のエーファーシュタイン本家のハ―メルン伯と中リューネブルク家との間の関係構築に成功した。

さらに、1408年にエーファーシュタイン本家のハ―メルン伯から離反した配下のホムブルク家(かつてはヴェルフェン=エステ家の与党だった)がヴェーザー川沿いのホルツミンデンに侵入してきた。16世紀初以降のホルツミンデンは分家筋のヴォルフォン=エーファーシュタイン家のヴォルフェンブュッテル侯の支配地となった(翌1409年にホムブルク家は嗣子がなく断絶した)。

エーファーシュタイン本家から分家したマグヌス1世の系統である本家の中ブラウンシュヴァイヒ家(Mitte-Braunschweig)のカーレンベルク本家(Calenberg)=ヴォルフェンブュッテル本家(Wolfenbüttel)またはヴォルフォンブュッテル本家(Wolfonbüttel)、さらに分家で中リューネブルク家(Mitte-Lüneburg)から分かれたハールブルク家(Harburg)・ギフホルン家(Gifhorn)および新ブラウンシュヴァイヒ家(Neu-Braunschweig)のダンネンベルク家(Dannenberg)・ベーフェルン(ベーファーン・ベーフェアン)家(Bevern)・エルス家(Öls)、新リューネブルク家(Neu-Lüneburg)のハノーファー家(Hannover)などが出た。しかし17世紀半ばごろに、ヴァレンシュタインと対峙したカーレンベルク=ヴォルフェンブュッテル本家のフリートリヒ・ウルリヒクリスツィアン兄弟の系統が途絶えたため、分家であるリューネブルク公・ヴィルヘルム1世若公がその後を継いだ。

ヴィルヘルム若公の曾孫であるハノーファー選帝侯のゲオルク・ルートヴィヒ2世(Georg Ludwig II)は18世紀にイングランド王のジャージ1世となり、イングランドのハノーヴァー朝の祖となった。

新リューネブルク家のハノーファー選帝侯の系統は後にハノーファー国王となるも、ゲオルク・エルンスト・フリートリヒ・アレクサンダー・カール・エルンスト・アウグスト6世の代で、プロイセン=ブランデンブルクのドイツ帝国(ホーエンツォレアン家)によってハノーファー王国は廃された。1814年~1815年の『ウィーン会議』を経て、以降のハノーファー家はその孫であるエルンスト・アウグスト・クリスツィアン・ゲオルク4世が1913年にプロイセン帝国の臣下としてブラウンシュヴァイヒ公国を建国し、1918年~1919年の『ドイツ革命』で退位し、その子孫は貴族の末裔として現在までに至っている。

中・新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家[]

  • マクヌス1世
  • オットー3世
  • マクヌス2世首輪公
  • アルプレヒト7世(アルベルト7世))
  • ハインリヒ1世
  • ルートヴィヒ1世
  • エルンスト1世
  • フリートリヒ1世 : ドイツ対立王となるが、暗殺された
  • オットー4世

中ブラウンシュヴァイヒ家[]

ヴォルフェンブュッテル(ヴォルフォンブュッテル)家[]

  • ハインリヒ2世寛大公 : 中・新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家のマグヌス2世の子、リューネブルク公も兼務
  • ヴィルヘルム1世勝利公 : ゲッティンゲン公を兼務(一時的に異母弟のハインリヒ3世平和公に追われて、カーレンベルク公となる)
  • ヴィルヘルム2世 : ゲッティンゲン公を兼務
  • ハインリヒ4世
  • ハインリヒ5世
  • ユリウス : ゲッティンゲン公を兼務、同年の従父でカーレンベルク家・エーリヒ2世の後を継ぐ
  • ハインリヒ・ユリウス : カーレンベルク家・グルーベンハーゲン公・ゲッティンゲン公を兼務
  • フリートリヒ・ウルリヒ : カーレンベルク家・グルーベンハーゲン公・ゲッティンゲン公を兼務
  • クリスツィアン : フリートリヒ・ウルリヒの弟。『三十年戦争』で陣没した)

カーレンベルク家[]

  • ハインリヒ3世平和公 : ヴォルフェンブュッテル公のハインリヒ2世の子、異母兄のヴィルヘルム1世勝利公を追い出して、ヴォルフェンブュッテル(ヴォルフォンブュッテル)公を兼務したことがある
  • フリートリヒ3世 : ヴォルフェンブュッテル公のヴィルヘルム1世の子、ゲッティンゲン公を兼務
  • エーリヒ1世 : ヴォルフェンブュッテル公のヴィルヘルム2世の子、ゲッティンゲン公を兼務
  • エーリヒ2世 : ゲッティンゲン公を兼務

中リューネブルク家[]

  • ルートヴィヒ2世 : 中・新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家のマグヌス1世の子
  • ベルンハルト1世 : 中・新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家のマグヌス2世の子、ヴォルフェンビュッテル(ヴォルフォンビュッテル)公を兼務
  • オットー4世曲公(不自由公、オットー5世) : ヴォルフェンブュッテル(ヴォルフォンブュッテル)公を兼務
  • フリートリヒ2世平和公
  • ベルンハルト2世
  • オットー5世寛大公オットー6世
  • ハインリヒ2世
  • エルンスト1世告白公エルンスト2世) : ツェレ公を兼務
  • フランツ・オットー : ツェレ公を兼務

ハールブルク家[]

  • オットー1世オットー7世) : 中リューネブルク家のハインリヒ2世の子
  • オットー2世オットー8世
  • ヴィルヘルム・アウグスト
  • クリストフ
  • オットー3世オットー9世

ギフホルン家[]

  • フランツ : 中リューネブルク家のハインリヒ2世の子

新ブラウンシュヴァイヒ家[]

ダンネンベルク家[]

  • ハインリヒ3世 : 中リューネブルク家のエルンスト1世の子
  • ユリウス・エルンスト
  • アウグスト2世 : 本家のフリートリヒ・ウルリヒの後を継いで、ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • ルドルフ・アウグスト : ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • アントン・ウルリヒ1世 : ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • アウグスト・ヴィルヘルム1世 : ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • ルートヴィヒ・ルドルフ : ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • フェルディナント・アルプレヒト2世 : ベーフェルン家のフェルディナント・アルプレヒト1世の子、ヴォルフェンビュッテル公を兼務
  • カール・フリートリヒ1世 : ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • アントン・ウルリヒ2世 : ロマノフ=ヴォルフォン=エーファーシュタイン家のイヴァン6世ロシア皇帝)の父)
  • カール・ヴィルヘルム・フェルディナント : ヴォルフェンブュッテル公を兼務
  • フリートリヒ・ヴィルヘルム : ヴォルフェンブュッテル公・エルス公を兼務。異名は「黒公爵」(フランスナポレオンによって、ヴォルフェンブュッテル公の地位を奪われ、後にプロイセン帝国によってブラウンシュヴァイヒ公国の君主となる)
  • カール・フリートリヒ2世 : ブラウンシュヴァイヒ公国の君主
  • ヴィルヘルム・アウグスト・ルートヴィヒ・マクシミリアン・フリートリヒ : ブラウンシュヴァイヒ公国の君主。同時にプロイセン帝国の軍人でもあり、生涯独身だったが、多くの私生児の父であり、現在に至るまでダンネンベルク家の血筋を遺しているという

ベーフェルン家[]

  • フェルディナント・アルプレヒト1世 : ダンネンベルク家のアウグスト2世の子
  • エルンスト・フェルディナント
  • アウグスト・ヴィルヘルム2世

エルス家[]

  • フェルディナント・アルプレヒト3世 : ダンネンベルク家のカール・フリートリヒ1世の子

新リューネブルク家[]

  • ヴィルヘルム1世若公 : 中リューネブルク家のエルンスト1世の子
  • エルンスト2世エルンスト3世
  • クリスツィアン
  • アウグスト1世
  • フリートリヒ4世
  • ゲオルク1世 : 本家のフリートリヒ・ウルリヒの後を継いで、カーレンベルク公を兼務
  • クリスツィアン・ルートヴィヒ : カーレンベルク公を兼務
  • ゲオルク・ヴィルヘルム : ひとり娘のゾフィー・ドローテアは従兄のハノーファー選帝侯・ゲオルク・ルートヴィヒ2世(イギリス王・ジャージ1世)と結婚、カーレンベルク公を兼務
  • ヨーハン・フリートリヒ : カーレンベルク公を兼務

ハノーファー家[]

  • エルンスト・アウグスト1世(アーネスト・オーガスタス1世) : ハノーファー選帝侯、ゲオルク1世の末子、カーレンベルク公を兼務
  • ゲオルク・ルートヴィヒ2世(ジョゥジ1世) : イギリス国王を兼務
  • ゲオルク・アウグスト3世(ジョゥジ2世)
  • フリートリヒ・ルートヴィヒ(フレデュレィク(フレジュレィク)・ルイス) : ハノーファー選帝侯・イギリス王国の太子、父より先立った
  • ゲオルク・ヴィルヘルム・フリートリヒ4世(ジョゥジ3世) : フリートリヒ・ルートヴィヒ(フレデュレィク(フレジュレィク)・ルイス)の子。ハノーファー国王に昇格
  • ゲオルク・アウグスト・フリートリヒ5世(ジョゥジ4世)
  • ヴィルヘルム・ハインリヒ4世(ウェィリュム4世)
  • (ヴィクトーア女王=ヴェィクタオレィウ女王[1] : イギリス女王、ケント公のエドゥアルト・アウグスト(エドゥアルト・オゥガストゥス。ゲオルク・ヴィルヘルム・フリートリヒ4世の子)の娘)
  • エルンスト・アウグスト2世(アーネスト・オゥガストゥス2世) : ハノーファー国王、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリートリヒ4世の子
  • ゲオルク・エルンスト・フリートリヒ・アレクサンダー・カール・エルンスト・アウグスト6世(ジョゥジ5世) : イギリスのカンバーランド公を兼務、プロイセン帝国によってハノーファー国王の退位を余儀なくされた
  • エルンスト・アウグスト・ヴィルヘルム・アドルフ・ゲオルク・フリートリヒ3世(アーネスト・オゥガストゥス3世) : ハノーファー王国の太子
  • エルンスト・アウグスト・クリスツィアン・ゲオルク4世(アーネスト・オゥガストゥス4世) : ブラウンシュヴァイヒ公国の君主、ダンネンベルク家のヴィルヘルム1世の後を継ぐ
  • エルンスト・アウグスト・ゲオルク・ヴィルヘルム・クリスツィアン・ルートヴィヒ・フランツ・ヨーゼフ・ニコラウス・オスカー5世(アーネスト・オゥガストゥス5世)
  • エルンスト・アウグスト・アルベルト・パウル・オットー・ループレヒト・オスカー・ベルトルート・フリートリヒ・フェルディナント・クリスツィアン・ルートヴィヒ6世(アーネスト・オゥガストゥス6世) : 現当主
  • エルンスト・アウグスト・アントレアス・フィーリプ・コンスタンツィン・マクシミリアン・ロルフ・シュテファン・ルートヴィヒ・ルドルフ7世(アーネスト・オゥガストゥス7世) : ハノーファー家の次期後継者

脚注[]

  1. 日本語では「ヴィクトリア女王」と発音される。

関連項目[]

Advertisement