日本通信百科事典
Advertisement

一条家(いちじょうけ)とは、日本の氏族。約2系統が存在する。一條家とも呼ばれる。

  1. 一条家 (藤原氏)桃華家とも呼ばれる。藤原北家九条家の系統で、同族の二条家[1]月輪家・栗田家・松殿家[2]とともに「九条流摂家」とも呼ばれた。庶家に土佐一条氏があった。一条内基(ただもと)の代に嗣子がなく、男系は途絶えた。
  2. 一条家 (源氏)後陽成源氏とも呼ばれる皇別摂家。後陽成天皇の第9皇子である一条昭良(あきなが)が縁戚関係にある上記の藤姓一条家の当主の一条内基の婿養子として、相続した。庶家に醍醐家があった。

脚注[]

  1. 庶家に今小路家・富小路家(庶家に相良家があった)・松園家があった。
  2. 庶家に大覚寺家があった。

関連項目[]

Advertisement