日本通信百科事典
Advertisement

上野源氏(こうずけげんじ)とは、日本の氏族で陽成源氏河内源氏)流の系統。幾多かの系統がある。

  1. 新田氏新田義重の次子・義兼の嫡流。上野国新田郡[1](現在の群馬県太田市)を中心に拠点とした。この系統に著名な義貞が出ており、庶宗家の上野里見氏上野竹林氏/高林氏[2]をはじめ、世良田氏[3]合土氏(額戸氏)[4]・上野庄田氏・上野新井氏大舘氏[5]上野堀口氏[6]・谷嶋氏・上野細谷氏・下細谷氏・西谷氏・安養寺氏・上野今井氏・脇屋氏・越前島田氏(越前嶋田氏)などの庶家があった。
  2. 矢田氏 : 「上野矢田氏」と呼ばれる。足利義康の庶長子・矢田義清の系統で足利氏下野源氏)の庶宗家。同国多胡郡矢田郷(現在の群馬県高崎市の北部)を拠点とした。下記の上野広沢氏は上野矢田氏の系統である。
  3. 山名氏 : 「上野山名氏」と呼ばれる。上記の矢田義清と新田義重の娘との間の庶長子である山名義範の系統で足利氏の庶家。同国多胡郡山名郷(現在の群馬県高崎市)を拠点とした。後に因幡国守護などをつとめたので、因幡源氏とも呼ばれた。庶家に因幡清水氏・因幡海老名氏・因幡宮田氏・因幡南条氏・因幡渡辺氏・因幡志賀氏・因幡三上氏・因幡岸氏・八橋氏・草山氏・行松氏・馬来氏などがあった。
  4. 広沢氏 : 「上野広沢氏」と呼ばれる。上記の矢田義清の次子の広沢義実が、同国山田郡広沢郷(現在の群馬県桐生市広沢町)を拠点としたが、長子の仁木実国と次子の細川義季と末子の戸賀崎義宗は、三河国に拠点を置いたため、広沢氏は義実1代限りである。庶家に三河源氏の仁木氏・細川氏・戸賀崎氏などがあった。また、斯波氏奥州源氏)一門で、下野石橋氏(塩松石橋家)の祖の石橋義利が、広沢義利と称したことがある。
  5. 岩松氏畠山義純足利義兼の庶長子)と新田義兼の娘の駒姫との間の庶長子の岩松時兼を祖とする足利氏の庶家。同国新田郡岩松郷(現在の群馬県桐生市/伊勢崎市/みどり市の一部)を拠点とした。庶家に上野村田氏・上野寺井氏・上野金井氏[7]・田部井氏・薮塚氏・上野田島氏・後閑氏などがあった。
  6. 桃井氏 : 足利義兼(矢田義清の異母弟)の次子・桃井義助を祖とする系統で足利氏の庶家。同国群馬郡桃井郷(現在の群馬県北群馬郡榛東村)を拠点とした。桃井氏一門の中で尚義[8]らは惣領家の足利尊氏高氏)ではなく、新田義貞に従った。尚義が戦死すると、義通[9]義盛[10]は尊氏に従い、その弟の胤義直氏(ただうじ)は従父の繁俊・義繁(義茂)兄弟[11]とともに義貞に従ったために、桃井氏は分裂した。
  7. 渋川氏 : 「上野渋川氏」と呼ばれる。足利泰氏の次子・渋川義顕を祖とする系統で足利氏の庶家。同国群馬郡渋川郷(現在の群馬県渋川市)を拠点とした。

脚注[]

  1. 新田荘とも。
  2. 庶家に上野田中氏・中里見氏・上野大島氏(庶家は大井田氏(庶家は越後大岡氏・越後羽田氏などの越後源氏)・上野篠原氏・上野糸井氏など)・鳥山氏・美濃里見氏(竹林氏/高林氏)・豊岡氏(豊前氏)・上野太田氏・牛沢氏・上野山本氏・仁田山氏・常陸小原氏・上野堀内氏など。
  3. 庶家に義光流世良田氏(庶家は松平氏徳川氏)など)・義季流世良田氏得川氏(庶家は因幡森本氏など)・江田氏朝谷氏常陸源氏)など。
  4. 庶家に上野長岡氏・鶴生田氏(庶家に上野庄田氏)など。
  5. 庶家に綿打氏・金谷氏・関岡氏伊賀源氏)など。
  6. 庶家に尾島氏・一井氏・亀岡氏など。
  7. 戦国時代の金井秀景はこの系統である。
  8. 満氏(氏直の弟)の子、氏義(宣義の父)の兄。
  9. 義任(義佐)の父。
  10. 貞職(さだもと)の父。
  11. 尚義の伯父の氏直の子。

関連項目[]

Advertisement