日本通信百科事典
Advertisement

久松氏(ひさまつし)とは、日本の氏族。約3系統ほど存在する。

  1. 久松氏 (菅原氏)菅姓久松氏とも呼ばれる。土師姓菅原氏流高辻家の一門。菅原道真の後裔の久松道定[1]を祖とする。同族に西高辻家・唐橋家[2]・五条家[3]があった。三河国知多郡阿古屋郷(阿久比郷)久松村[4]を拠点とした。玄孫の氏定に嗣子がなく、一色満貞[5]の子の詮貞を婿養子に迎えて、菅姓久松氏の男系は断絶した。
  2. 久松氏 (源氏)源姓久松氏とも呼ばれる。陽成源氏河内源氏)流足利氏下野源氏)一門である上記の源姓一色氏三河源氏)一門の一色満貞[5]の子の詮貞が久松氏定の婿養子となって、久松詮定と改称してその後を継いだ系統。同族に源姓丹羽氏源姓土屋氏[6]がある。遠縁筋の徳川家康の継父となった久松俊勝(定俊/長家)は詮定の6世の孫である。家康の異父弟である俊勝の息子たちは松平久松家と称した。フリーアナウンサーの松平定知はその末裔である。
  3. 久松家肥前国西彼杵郡出島[7]の島役人の家系。高木作右衛門の子の久松善兵衛を祖とする。同国西彼杵郡西浜村[8]に屋敷を構えた。

脚注[]

  1. 高辻定範の子。
  2. 庶家に塩小路家・一色家があった。
  3. 庶家に西坊城家・東坊城家・清岡家・桑原家・前田家があった。
  4. 現在の愛知県知多郡阿久比町久松大字
  5. 5.0 5.1 一色範房の子。
  6. 庶家に源姓金丸氏甲斐源氏)がある。
  7. 現在の長崎県長崎市出島
  8. 現在の長崎市銅座町・浜町のあたり
Advertisement