日本通信百科事典
Advertisement

佐竹 義信(さたけ よしのぶ)とは、源姓佐竹氏常陸源氏)と藤姓佐竹氏(常陸藤原氏)が混在する。約数名ほど存在する。

  1. 袋田義信袋田義宗の孫、義賢[1]の子、義成義有の父、義貫(よしつら、義有の子)の高祖父。
  2. 犬塚義信 : 第7代目の当主の佐竹行義の子、貞義長倉義綱大内義高の弟、中条義治(貞宗)高久景義[2]の兄。
  3. 小場義信 : 小場氏の当主。佐竹義篤の曾孫、小場義躬(よしみ)の孫、維義の子、義実の父。
  4. 稲木義信常陸稲木氏一門の武将。約2名ほど存在する。
  5. 高柿義信 : 山入氏の庶家である高柿氏(常陸松平氏)の第2代目の当主。山入与義(ともよし)[3]の孫、高柿義郷[4]の子、久高(定信)の父、康信・信横の祖父、信広(康信の子)と康高(信横の子)の曾祖父、信久(信広の子)の高祖父、義就の6世の祖、義恒(義末)の7世の祖。
  6. 佐竹義信 (右衛門尉) : 藤姓佐竹氏の第3代目当主の佐竹義治の子、今宮周義・義舜(よしきよ)・久米義武の弟、政義の兄、義住・義廉の父。源姓佐竹氏一門の山入氏の当主の山入義知との戦いで、戦死を遂げた兄の久米義武に嗣子がなかったために、その後を継いで、佐竹北家の初代当主となった。

脚注[]

  1. 宗信の兄。
  2. 族父の額田義教の娘を娶った。
  3. 山入師義の子、国安言義(ことよし、興義の父)の弟、小田野自義の兄。
  4. 祐義依上宗義の兄。

関連項目[]

Advertisement