日本通信百科事典
Advertisement

佐竹 義有(さたけ よしあり)とは、陽成源氏河内源氏)流源姓佐竹氏常陸源氏)一門の武将。約4名ほど存在する。

  1. 袋田義有袋田義宗の曾孫、義賢[1]の孫、義信の子、義成の弟、義貫の父。
  2. 高久義有佐竹行義の孫、高久景義の子、義本の父、義景の祖父、時義の曾祖父、義行の高祖父、義賢の6世の祖父、義時の7世の祖父、義貞の8世の祖父。
  3. 佐竹義有 (惣領家)佐竹義宣の子、義盛の弟。兄に子がなく、自身も嗣子がないまま先立ったので、兄の女婿であった上杉義憲[2]佐竹義人/義仁)を後継者とした。以降からの佐竹氏は、源姓佐竹氏から藤原北家勧修寺流上杉家の庶家の上杉氏(山内上杉家)の系統となった(藤姓佐竹氏)。
  4. 大山義有大山義定の玄孫、義長の曾孫、義成の孫、常義の子。父とともに同族の常陸石塚氏と戦って戦死を遂げた。嗣子はなかった。

脚注[]

  1. 宗信の兄。
  2. 関東管領の上杉憲定の次子。

関連項目[]

Advertisement