日本通信百科事典
Advertisement

佐竹 義繁(さたけ よししげ)とは、常陸国佐竹氏の人物。源姓佐竹氏藤姓佐竹氏の3名ほどが存在する。

  1. 佐竹義重 (源氏) : 別称は義繁、法名は入信房[1]陽成源氏河内源氏義光流源姓佐竹氏(常陸源氏)の第3代目の当主。平安時代末期~鎌倉時代の第2代目の当主の佐竹秀義の子、秀重(秀繁)[2]・南酒出義茂・義将・北酒出季義の兄、第4代目の当主の佐竹長義・額田義直義尚)・真崎義澄岡田義高義隆[3]・蓮勝房永慶[1]岡部義綱重氏(繁氏)の父。
  2. 稲木義繁 : 源姓佐竹氏一門の常陸稲木氏の祖の稲木義清の曾孫、義保の孫、実義の子。嗣子がなく、惣領家である族兄の佐竹義胤の子の義信義貞)、あるいは同族の祐義[4]を婿養子とした。
  3. 佐竹義繁 (藤原氏)藤原北家勧修寺流上杉家の庶家である上杉氏(山内上杉家)の系統である藤姓佐竹氏(常陸藤原氏)の第5代目の当主の佐竹義篤の子、義友(菊寿丸)・第6代目の当主の義昭(義従(よしより)/義顕)の弟、宥賢(僧侶)・光明院宥賢(僧侶)・正宗寺崇哲(僧侶)・小野崎義昌(大掾昌幹)の兄。

関連項目[]

脚注[]

  1. 1.0 1.1 寿命寺が所蔵する「佐竹系図」より。
  2. 経重(経繁)の父。
  3. 常陸岡田氏の祖。
  4. 南酒出経義の子、葦間義安の父。

関連項目[]

Advertisement