日本通信百科事典
Advertisement

佐竹 義舜(さたけ よしきよ)とは、佐竹氏一門の武将。源姓佐竹氏常陸源氏)と藤姓佐竹氏[1]常陸藤原氏)が混同し、約2名ほど存在する。

  1. 袋田義舜 : 源姓佐竹氏流北酒出氏の系統の袋田氏一門。袋田定義[2]の後裔で、小田野義継[3]の父。
  2. 佐竹義舜 (右京大夫少将) : 藤姓佐竹氏の当主の佐竹義俊義従)の孫、義治[4]の子、今宮周義の弟、久米義武義信・政義の兄、今宮永義・義篤・部垂義元(宇留野義元)・義里(義隣)・古内義康(一桂斎/一渓斎)[5]の父。

脚注[]

  1. 佐竹上杉家とも呼ばれる。
  2. 北酒出季義の子。
  3. 族父の小田野義広の婿養子となった。
  4. 天神林義茂・宇留野義虎(よしまさ、存義、官職は掃部助、義重の祖)・戸村義易の兄。
  5. 常陸古内氏の祖。
Advertisement