日本通信百科事典
Advertisement

佐竹 義貞(さたけ よしさだ)とは、陽成源氏河内源氏)流源姓佐竹氏常陸源氏)一門の武将。約3名ほど存在する。

  1. 稲木義信 : 別名は義貞佐竹義胤の子、行義小川宗義義継)の弟、豊間義熙(義照)・高部景義盛義)の兄、盛義の父、義武の祖父、義信の曾祖父。族父の稲木義繁の婿養子となった[1]
  2. 長倉義貞長倉義綱の玄孫、義常の曾孫、義金の孫、義勝の子、義祐の父、伊義の祖父、義林・義東の曾祖父、義時の高祖父、義尚の6世の祖、義成の7世の祖。
  3. 高久義貞高久景義の9世の孫、義有の8世の孫、義本の7世の孫、義景の6世の孫、時義の玄孫、義行の曾孫、義賢の孫、義時の子、義明の父、義勝の祖父、直勝の曾祖父、景政の高祖父、景勝の6世の祖。

脚注[]

  1. あるいは同族の南酒出経義の子の祐義の説もある。

関連項目[]

Advertisement