日本通信百科事典
Advertisement

信濃源氏(しなのげんじ)は、平安時代中期~末期ごろに信濃国を本拠とした陽成源氏河内源氏)の一族。幾多かの系統がある。

  1. 頼清流源頼信の次男・頼清(村上冠者)[1]を祖として、北信濃を本拠とした一族。信濃村上氏[2]信濃井上氏[3][4]の諸氏に分かれて勢力を持った。南北朝時代には「信濃惣大将」と呼ばれた村上信貞[5]が出た。
  2. 頼季流。源頼信の三男・頼季(乙葉冠者)を祖として、南信濃あるいは中信濃を本拠とした一族。中津乗氏依田氏(他田氏)[6]知久氏片桐氏(片切氏)[7]夏目氏[8]などの諸氏に分かれた。
  3. 義光流頼義(頼信の長男)の三男・義光(新羅三郎)を祖とする一族。甲斐源氏常陸源氏)の庶家にあたる小笠原氏信濃平賀氏(庶家に信濃大内氏源姓小早川氏安芸源氏)など)の一族などが知られる。小笠原氏は南北朝時代以降に、代々信濃国守護を務めた。
  4. おなじく義光流。岡田親義を祖とする(信濃岡田氏を参照)。
  5. 義隆流。信濃国佐久郡森(茂理)郷(現在の長野県佐久市森大字)、および同国同郡若槻郷(現在の長野県佐久市若槻大字)を本拠地とした。主な氏族は信濃森氏茂理氏)・若槻氏[9]など。
  6. 義仲流源姓木曾氏を参照。

脚注[]

  1. 妻は科野国造の系統とする。
  2. 庶家に屋代氏室賀氏信濃山田氏栗田氏清野氏山浦氏などがある。
  3. 庶家に高梨氏須田氏乙葉氏佐久氏などがある。
  4. 日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 清和源氏頼清流【1】を参照のこと。
  5. 信泰の子で、義光(よしてる)・国信の弟。兄の後を継いだ。
  6. 庶家に信濃芦田氏があった。
  7. 信濃国伊那郡方桐(片切)郷(現在の長野県伊那市/飯田市/駒ヶ根市方桐(片切)大字)を本拠地とする。この系統から、片桐直貞・且元(且盛/直倫/直盛)父子が出た。豊臣家羽柴氏)の子飼いの家臣としては、唯一の毛並がよい家柄である。
  8. 頼季の末子である夏目祐頼の後裔である国高・国忠父子が信濃国更級郡夏目郷(現在の長野県長野市夏目大字)/同国伊那郡夏目郷(現在の長野県伊那市/飯田市/駒ヶ根市夏目大字)を本拠地としたことから始まる。
  9. 庶家に下総若槻氏があった。

関連項目[]

Advertisement