Advertisement
このページに本来の項目名が表記できない機種依存文字があるため、仮名・略字または代用文字を用いて封印しています。本来の表記は『劉縯』です。


劉縯(りゅういん/りゅうえん)とは、の皇族・宗室で、約2名ほど存在する。

  1. 劉イン (淮陽王)中宗宣帝の劉詢(劉病已)の曾孫、淮陽憲王の劉欽の孫、文王の劉玄の子。王莽によって王位を廃された。
  2. 劉イン (斉王) : 長沙定王の劉発の5世の孫、舂陵節侯の劉買の玄孫、鬱林太守の劉外の曾孫、鉅鹿都尉の劉回(劉囘)の孫、南頓県の令の劉欽光文帝)の子、劉仲(劉嬉)・世祖光武帝劉秀)の兄、哀王の劉章・北海靖王の劉興・汝陽恭敦王の劉彦[1]の父、蜀漢()の劉備の7世の祖。一族の劉稷とともに、同族の更始帝(劉玄)によって誅殺された。その死後、末弟の光武帝によって斉王に封じられて、「武王」と諡された。

脚注

  1. 字は御筆。殤王の劉達の父。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。