日本通信百科事典
Advertisement

劉仲(りゅうちゅう)とは、の皇族で、約2名ほど存在した。

  1. 劉喜劉喜 (代王)を参照のこと。
  2. 劉嬉 : 字は。南陽郡蔡陽県白水(舂陵)郷[1]の人。汝南郡の南頓県令・劉欽光文帝)の次男で、斉武王・劉縯の弟、世祖光武帝劉秀の兄。兄と弟とともに挙兵したが、間もなく戦死を遂げた。彼には嗣子がなかったので、甥で、劉縯の次男である劉興(北海靖王[2])を養子に迎えて、魯哀王と謚された。

脚注[]

  1. 現在の湖北省襄陽市棗陽県
  2. 劉騊駼の祖父で、『蜀書』先主伝が引く『典略』によると、劉備の祖である。

関連項目[]

Advertisement