日本通信百科事典
Advertisement

劉余(りゅうよ)とは、の皇族、あるいは宗室(宗族)の姓名で、少なくとも2名ほど存在する。「劉餘」とも表記される。

  1. 劉余 (魯王)成祖景帝(劉啓)の第4子、臨江閔王の劉栄(栗太子)・河間献王の劉徳・臨江哀王の劉閼于の異母弟、江都易王の劉非・膠西于王の劉端の同母兄、趙敬粛王の劉彭祖・長沙定王の劉発・中山靖王の劉勝世宗武帝の劉徹(膠東王)・広川恵王の劉越・膠東康王の劉寄・清河哀王の劉乗(劉方乗)・常山憲王の劉舜の異母兄、安王の劉光、広戚節侯の劉将・寧陽節侯の劉恬・瑕丘節侯の劉政・公丘夷侯の劉順・郁桹侯の劉驕[1]・西昌侯の劉敬の父。後漢末の天文学者の劉洪(字は元卓)と荊州牧・劉表[2]と蜀漢()の車騎将軍・劉琰の遠祖。魯王に封じられて、「共王」(『漢書』王子侯表では、「恭王」)と謚された。
  2. 劉余 (江夏王)[3] : 後漢の粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の子、千乗貞王の劉伉[4]の弟、清河孝王の劉慶・和帝(劉肇)・済北恵王の劉寿劉壽)・河間孝王の劉開・城陽懐王の劉淑・広宗殤王の劉万歳の兄、殤王の劉達・平春侯の劉某・安陸侯の劉某・竟陵侯の劉某の父。益州牧・劉焉劉璋父子の遠祖と伝わる[5]。江夏王に封じられて、「恭王」と謚された。

脚注[]

  1. 上記の荊州牧・劉表の祖(『後漢書』劉表伝)。
  2. 郁桹侯の劉驕の後裔(『後漢書』劉表伝)。
  3. 『後漢書』55巻「章帝八王伝」では、夭折したとされる平春悼王・劉全とする。
  4. 楽安夷王の劉寵(劉伏胡)の父、勃海孝王の劉鴻・平原哀王の劉得・清河恭王の劉延平兄弟の祖父、質帝(劉纉)・尉氏侯の劉蒜の曾祖父。
  5. 竟陵侯の劉某の後裔。
Advertisement