日本通信百科事典
Advertisement

漢の終盤再興者の烈祖・劉備

劉備(りゅうび、161年/162年[1] - 223年)は、『三国志』の主人公とされ、蜀漢[2])の初代皇帝。字は玄徳[3]

帝号は先主昭烈帝[4]と伝わり、あるいは廟号が烈祖、諡号が穆帝(繆帝)とも伝わる(後述)。

好敵手の曹操と戦いを交えたことで有名な人物である。身の丈は7尺5寸[5]ほどで、容貌は肥えており福耳を持っていた。干支は寅年。

概要[]

前漢の中山靖王・劉勝[6]の庶子・陸成侯[7]劉貞[8]の末裔と自称した。その一方、前漢の長沙定王・劉発[9]の系統である後漢の王室の連枝である臨邑侯[10]劉復(斉武王の劉縯の孫、北海靖王の劉興の子、劉騊駼の父)を祖とする分家出身という[11](後述)。

子は養子あるいは実子の劉封[12]劉公仲[13]劉禅劉永劉理[14](後述)ら。他にふたりの娘[15](後述)と馬承夫人[16]。祖父は東郡范県の令の劉雄、父は劉弘、弟は劉亮(後述)、叔父は劉敬(子敬)、従弟は劉展(子敬の子)、従父は劉元起劉超)、族兄弟は劉徳然劉義、元起の子)。正室のうち先妻は寇氏[17](後述)、後妻は呉氏(諱は呉莧、諡号は孝穆皇后/孝繆皇后)で、側室は麋夫人[18](諱は麋淑鈴/麋玲蓮/麋貞/麋環、諡号は穆昭皇后/繆昭皇后)・甘夫人甘梅/皇思夫人/昭烈皇后)ら。

横山版の曹操(上)と劉備(下)

前半期[]

涿郡涿県楼桑里[19]の人で、祖父の代までは東郡臨邑県[20]の人(後述)。同時に張飛簡雍(耿雍)・傅士仁[21]田豫田予)らを従えた。

没落した貴族の家に生まれる。幼くして地方官僚だった父が亡くなったため、母と下僕たちと蓆と草鞋で生計を立てた。当時から任侠と称して多くの不良少年を従えて、見栄えがある服装を着用して闘犬などの賭博をやり、女漁りに専念していた。また、謙虚かつ寛大で口数が少なかったという。

14歳のときに母の命で、従父の劉元起の学費捻出で族兄弟の劉徳然と、儒者として著名な元九江郡太守の盧植の門下生となり[22]、ここで公孫瓚・高誘と出会い、『六韜』(太公望呂尚[23]著)・『漢書』・『礼記』などを愛読した[24]。また、若き牽招(後の魏の部将・政治家)と出会うことになり、意気投合して、『刎頸の交わり』を結んだという[25]

184年に青州黄巾党を討伐するため、旧知の中山郡の豪商・張世平とその甥、もしくは女婿の蘇双の軍資金で挙兵し、校尉の鄒靖[26]の配下となった。または、師の盧植が中郎将として鉅鹿郡広宗県[27]で黄巾党の教祖・天公将軍の張角と戦ったとき、劉備は一族の劉徳然らを従えて公孫瓉とともに駆けつけて従戦した。しかし、都の洛陽から派遣された宦官の小黄門・左豊の讒言で盧植が更迭され董卓が後任者になると、憤激した劉備は公孫瓚とともに広宗県を立ち去り、鄒靖のもとに戻ったと伝わる[28]

また、187年にかつて中山郡太守だった張純が太尉・車騎将軍の張温の対応に不満で、同郷の漁陽郡の人で盟友の泰山郡の相の張挙トルコ系烏桓(烏丸)の大人(単于)・丘力居らと反乱を起こすと、青州刺史の孔融(元北海郡の相)は部将の龔景とともに自ら張純討伐に向かった。その途中で同族筋で、平原郡の土豪の劉平(字は子平、後述)が孔融・龔景に目通りして、青州黄巾党を討伐で名を馳せた劉備を推挙した。孔融・龔景はそれを受け入れて、劉備と面談して張純を討伐した学友の公孫瓚の推挙もあり、劉備の素質を認めこれを従事とした。間もなく、劉備は張純の同郷で盟友の張挙配下である元黄巾党の頭目だった程遠志[29]と鄧茂[29]の軍勢と田野県で戦って惨敗し、負傷したため死んだふりをして、命からがらに脱出した[30](『田野の戦い』)。そのため、劉徳然ら多くの親族が戦死してしまい、劉備は一族の後盾を失ったと伝わる。

しかし、孔融・龔景は劉備を評価して推挙した。劉備は朝廷から中山郡安喜県の尉[31]に任命された。しかし劉備は赴任早々に、州牧[32]が派遣した督郵[33]の崔廉・段圭譲と面会を拒否される騒動を起こし、生来の癇癪持ちで短気な性格が爆発してしまい、ふたりの督郵に対して徹底的に半殺しをしたが、あまりの凄まじさに両人の督郵が、震えて嘆願したので、劉備は印綬を投げ棄てて官職を辞した。

189年に、大将軍・何進が派遣した都尉の毋丘毅[34]の従事となり、毌丘毅に従軍していた関羽と出会い、関羽は劉備の配下となった。劉備に救援要請をした東莱郡の従事である太史慈の軍勢と合流して丹陽郡の賊軍と戦い、自分を推挙してくれた恩義のある青州刺史・孔融を救助する功績を残した。下密県の丞、そして高唐県の尉[35]などを歴任するが短期間で職を辞した[36]

191年、学友の公孫瓚を頼って、別部司馬になり、戦功を挙げて平原郡の相に昇進した。当時の公孫瓚は袁術と同盟を結んでおり、翌192年に、公孫瓚の宿敵である袁紹が異母弟の袁術との仲が決裂すると、公孫瓚は袁術の要請で劉備を高唐に、単経を平原に、徐州刺史の陶謙[37]を発干に駐屯させ、袁紹を圧迫した。このとき、かつて劉備を従事に推挙した劉平が自分に対して見返りを施さなかったので、劉備のもとに刺客を派遣した。しかし、劉平の刺客は劉備の風貌に惚れてしまい、自分が刺客だと告白して立ち去ったため、暗殺は失敗に終わった。しばらくして青州刺史の田楷[38]を補佐し済南郡に駐屯して、公孫瓉のもとで出会った趙雲とともに袁紹とも戦ったりした。193年に、前述の徐州刺史の陶謙が援軍を要請したので、公孫瓚は部将の田楷を派遣し、劉備は田楷の副将として徐州に向かった[39]。陶謙はすっかり劉備を気に入って、丹陽軍4千人を劉備に与え、劉備は陶謙の部将となった。

翌194年、陶謙が64歳で逝去し、劉備は親交のある孔融・陳登陳珪の子)の説得で、豫州刺史を兼ねて徐州刺史となった。このとき、穎川郡許昌県[40]出身の名家の青年子弟の陳羣が劉備に仕官し、別駕に任命された。同年、陳羣は劉備が徐州刺史を拝命したときに、「徐州は肥沃な土地であり、それを淮南の袁術、定陶(および濮陽)の呂布らが狙っているので、引き受けるべきではありません」と諌言したが、劉備はこれを採り上げなかった。翌年に曹操に惨敗した呂布が劉備を頼った。このとき挙兵以来の古参である田豫が「病気となった母を看護する」という理由で、劉備のもとから離脱した。このときの劉備は涙を流して田豫との別れを惜しんで「挙兵以来の君と別れるのはさみしい。また、再会しようぞ…」と述べたという[41]

しかし翌196年に劉備が袁術討伐中に、留守を任せた張飛はかつて陶謙の旧部将だった曹豹・許耽・章誑らと仲が悪かった。そのため曹豹らは反乱を起こし、曹豹の娘を側室に迎えた呂布に襲撃され、徐州の下邳と劉備の妻子を奪われたのである。やむなく、劉備は呂布に降った。このとき、劉備は陳羣の言葉を用いなかったことを後悔した。陳羣は劉備の推挙で茂才に推挙され、柘県の令に任命された。しかし、劉備の愚行に呆れた陳羣はこれを断り、父の陳紀[42]ら一族とともに徐州に避難し、劉備から離脱した[43]

翌197年、下邳郡にいた韓暹・楊奉を海西県[44]で偽りの宴会で欺き騙し討ちにして[45]、この軍勢を吸収した。そのため呂布に襲われて[46]、曹操を頼った。劉備は、彼を評価した曹操の手配で、左将軍・宜城侯・豫州牧に任じられ、小沛[47]に駐屯させた。だが、翌198年夏に呂布の配下高順と張遼に襲撃されて、再び曹操を頼り、梁で曹操軍と合流して一気に下邳郡の城に籠城した呂布を滅ぼしたのである。そのときの呂布の最期の言葉が「この劉備こそ、油断ならぬタヌキぞ!喰わせ者ぞ!」ということだった[48]

199年、劉備は穎川郡許昌県に滞在したが、曹操に不満を持った一族筋の愍帝[49](劉協)が岳父で外従父の董承[50]に曹操討伐の密書を出した。董承は劉備を催促したが、劉備は理由をつけて巧みに逃れたのである[51]。同年夏に曹操の部将の朱霊と路招が「」の皇帝と偽称した袁術討伐に向かった。劉備も志願してそのまま徐州にむかった[52]。やがて同年冬に曹操の部将で徐州刺史の車胄を惨殺し、曹操に反旗したのである。同時に孫乾を袁紹のもとに派遣させて盟約を結ばせた。

激怒した曹操は、200年春に董承らを粛清した後に、劉岱・王忠を先鋒として自ら5万を率いて徐州に向かった。これを聞いた劉備は先鋒の劉岱・王忠の軍勢の撃退には成功したが、曹操が率いる本隊が到着すると、あっさりと徐州を放棄して、青州刺史・袁譚[53]を経て、袁紹を頼った。同時に東海郡の土豪である昌豨[54]が劉備に呼応して、反乱を起こした。その一方、下邳を守った関羽が一時的に曹操の捕虜となったが、袁紹の部将の顔良を討ち取ると、そのまま劉備の家族とともに劉備の陣に帰参したのである。

袁紹が『官渡の戦い』で曹操に惨敗すると、翌201年に劉備は袁紹を見限り、離脱した。汝南郡まで南下し、曹操の軍門に降った豪族の劉辟と龔都[55]と組んで、曹操が派遣した部将の蔡陽[56]を討ち取り、翌々203年には再び曹操が派遣した夏侯惇(曹操の外従弟)を撃退したが、その部将の于禁と李典に撃退され、そのまま同族で、荊州牧の劉表を頼った(『博望坡の戦い』)。以降208年まで、劉備は急におとなしくなり、身体が肥満したのである[57]

へうげた ”狡猾なタヌキ劉備の肖像

後半期[]

この間に、学問に専念するも身体がすっかり肥満体になった劉備の逸話では劉表との対話の『脾肉の嘆』がある。これは劉備自身が自分の境遇を嘆いているものであり、劉表はただ劉備を見守るだけだった[58]

どこか劉備を信頼していない劉表によって南陽郡新野県に駐屯を命じられ、まだ書生だった諸葛亮を俗にいう『三顧の礼』の形で、幹部候補の書記として配下に加えたのである。やがて、劉表が逝去したため曹操が南下した。劉備は諸葛亮の助言で、南方に逃れたが長阪陂(長坂坡)で曹操軍と遭遇し、側室の麋夫人とふたりの娘を失っている[59]。この時は張飛の奮戦で無事に逃れている(『長坂坡の戦い』)。

やがて、孫権が派遣した魯粛と面会し、劉備が魯粛の心理を探るために「旧知の蒼梧郡太守・呉巨[60]を頼ろうと思うのだが…」と言い出した。するとその言葉に激憤した魯植は「呉巨なぞ、当てになりません。諸葛亮どのの同伴をお認めになれば、拙者がわが君(孫権)を説得させ、曹操に対する降伏を阻止してご覧に入れましょう!」と叫んだ。劉備はこれを認め、諸葛亮を呉に派遣して同盟を成立させた。呉の周瑜が疫病にために意気沈黙した曹操軍を『赤壁の戦い[61]でこれを撃退した。その間に劉備は何をやったかは不詳である。

翌209年に劉備は荊州南部の四郡を攻略し、遠縁筋で、零陵郡太守の劉度・桂陽郡太守の趙範・武陵郡太守の金旋[62]・長沙郡太守の韓玄[63]らを降して、勢力を増した。211年、一族筋で、益州牧の劉璋の使者の張松が来訪した。張松の口実は「わが君主・劉璋では国を治められないので、劉豫州(劉備)が益州(蜀)を治めていただきたい」ということであった。その背後には張松の友人の法正がいた。

劉備は諸葛亮・龐統と密議を重ねて、関羽・張飛・趙雲・諸葛亮らを荊州の公安に残し、自ら養子(実子?)の劉封と劉公仲兄弟をはじめ龐統・黄忠魏延らを従えて1万5千の軍勢を率いて、益州に向かった。やがて劉璋の歓迎を梓潼郡涪県[64]で受けて、このとき魏延は龐統の命で劉璋暗殺を命じられたが、事態をさとった劉備の一喝で断念した。しかし、劉璋も劉備の本音を理解すると疎むようになり、これを危惧した張松は劉備宛の密書を出したが、兄の張粛の密告で、激怒した劉璋に処刑された。

こうして、劉備は益州攻略を決意し、劉璋の部将の高沛・楊懐を血祭りにして、攻撃した。しかし、龐統が流れ矢で戦死したため、苦戦した。間もなく諸葛亮が張飛・趙雲とともに益州に向かうと勢いを増した劉備軍は劉璋の部将・張任を捕虜とした。やがて曹操に惨敗した馬超に対しては李恢を派遣して、その配下に迎えて、さらに簡雍を派遣してついに劉璋は降伏した。215年から216年にかけて、諸葛亮の讒言で江陽郡太守に左遷された彭羕が謀反を目論んだ。馬超と諸葛亮がそのことを上奏したため、激怒した劉備は彭羕を逮捕投獄し処刑した[65]

217年、法正と黄権の進言で劉備は、総勢8万人を率いて、漢中郡を占領した曹操を討伐した。同時に養子あるいは実子の劉封に命じて、孟達・魏延らを従わせて魏の房陵郡太守の蒯祺[66]と上庸郡の申兄弟を討伐させた。218年に張飛と馬超を武都郡下弁県に派遣させた。219年、黄忠が定軍山で夏侯淵(夏侯惇の従弟)とその部将の趙顒[67]を討ち取り、ついに曹操は漢中郡から撤退した。

同年に諸葛亮・李厳李平)・許靖らの上奏で、漢中王(蜀王)となり、朝廷に使者を派遣して、左将軍・宜城侯・豫州牧の地位を返上した[51]

しかし、劉備や関羽に対して怒りに燃えた孫権が呂蒙を派遣して、荊州攻略を命じた。その結果、関羽は劉封・孟達の援軍を拒否された挙句に南郡当陽県漳郷で潘璋配下である司馬の馬忠に捕らわれて、子の関平と当陽県臨沮で斬首され、その首は曹操のもとに届けられた。

関羽の死を知った劉備は怒りに燃え、粛清対象の孟達が魏に出奔したことも加えて、まず諸葛亮の「封は元来剛毅で、次世代(劉禅)では制御できないでしょう」との進言で、孟達に敗れた養子あるいは実子の劉封を粛清した[68]

そして、「漢王朝の後を継ぐ」と称えて蜀漢(季漢)の皇帝に座に即位した。同時に自分の即位に反対した一族筋の劉巴の諫言を斥けて、さらにかつて劉備が涪県で「髭が濃すぎる」とからかい、仕返しに劉備に対して「髭が薄い」と言い返されて自分を馬鹿にした後部司馬・張裕[69]と、さらに自分の皇帝の素質を愚弄した主簿の雍茂[70]を斬首に処したのである[71]

221年、張飛が部下に暗殺され、いよいよ劉備は反対する諸葛亮・趙雲の諫言を強引に退けて、10万の軍勢を率いて呉を討伐した[72]。呉も亡き呂蒙の後任者の陸遜が15万の軍勢を率いて、翌222年夏に、易々と劉備率いる蜀漢軍を撃退し、前年に劉備が撃破した孫桓[73]が、敗走する劉備を追撃して、夔城(きじょう)につがなる通道を遮断し、それぞれの道の要所要所を閉鎖した。やっとのことで劉備は、山中をたどり険害を乗り越え脱出すると、振り返って憤り嘆息して、「わしがその昔(209年)、呉を訪問したとき、孫桓はまだ小倅だったが、今ではこのわしを窮地に追いつめおったな…」とつぶやいた[74](『夷陵の戦い』[75])。なお、このとき殿軍を引き受けた部将の傅彤(傅肜)は、呉の部将の崔禹の軍勢に包囲されてしまい、かつて前漢の御史大夫の周苛が捕虜にされて、西楚の覇王の項羽の目前に連行されときと同様に「呉の狗めが、なぜ漢の将軍が呉に降るものか!」と罵って叫び、呉に降伏することを断固として拒んで節義を貫いて、崔禹の軍勢に突進して、壮絶な戦死を遂げた[76]。同時に黄権は劉備の敗戦に乗じて南下した魏の曹丕(曹操の三男)率いる軍勢に包囲されたため、やむなく降伏した。これを聞いた劉備は「このわしが悪いのだ。趙雲をはじめ黄権の諌言を聴かなかった結果がこうなのだ。今まで通り黄権の家族は庇護するがよい」と述べた。

南郡秭帰県[77]で、10万の軍勢を率いた劉備は、そのうち6万人が戦死したり、敵に投降したり、行方不明になるなどを多くの配下を失って、残り4万の軍勢で敗走し失意に陥った劉備は、江州[78]から駆けつけた趙雲と馬忠[79]の軍勢に護衛されながら、魚復県の白帝城[80]までのがれて、王宮である永安宮で病の床に伏せて、重態となった。この間に漢嘉郡[81]太守の黄元[82]が屁理屈で虚言が多いことを理由に、諸葛亮に疎まれて左遷された。ところが、劉備危篤の報を聞いた黄元は反乱を起こしたが間もなく鎮圧された[83]

翌223年夏4月24日に、劉備は臨終の際に丞相の諸葛亮・李厳らを枕もとに召しだして「諸葛丞相よ、汝の才能は曹丕の倍はあり、国を治める才覚を発揮するであろう。同時に汝がわが少子(劉禅)を補佐するに値すると判断するのならば、これを助けよ。もしわが少子が凡愚ならば、汝自身が禅譲を受けて君主になるがよい」と述べた[84]

これを聞いた諸葛亮は、冷汗を流して「この孔明、前身全力で太子を補佐し、節義を貫きます。なぜ(太子から)禅譲を受けることがありましょうぞ」と慎重かつ慇懃に答えた。劉備はまた言った「そなたは馬謖をやたらに信頼しているようだが、あれは有能だが口先だけで実行力は乏しい、けつして要職に就けるでないぞ」と釘を指して、同席した李厳にも細かく確認させた。

また、劉備は年少の子の魯王・劉永と劉理[85]および孫の劉琳[86]らに向かって「わしは不徳な父(および祖父)であった。そなたたちはわしを反面教師と思って見習ってはいかんぞ。そなたらは『漢書』(斑固著)と『礼記』(鄭玄著?)を読記せよ。それらを読破したら、前述の『六韜』と『商君書』(公孫鞅=衛鞅=商鞅著)なども熟読せよ」と遺言を遺した。

間もなく、劉備は62歳の生涯を閉じたのである。翌夏5月に太子の劉禅が後を継いで即位した。

劉備の生涯は『蜀書』先主伝や『後漢書』の記述を読む限り、後世の徳川家康のような複雑な人物で、表面は律義で温和な人物を演じたしたたかな「タヌキ親父」ぶりを発揮して、群雄割拠による過酷な乱世の苦難を巧みに乗り越えていたことがうかがえる。

しかも、両人とも幼くして父を失い、若いころは無類の竹を割ったような短気な性格の持ち主であり、人の心を読むのが絶妙で巧みで、人の悪口をめったに言わない人物だったため、まわりからさほど警戒心を持たれず、かえって信頼を得たのは天性的な稀有な特性と言える。また、まわりの意見を聞いて人任せにすることが多く寛大で、驚くほど臣下などを死刑にした記録が少ないのは奇跡的ともいえる人物でもある。

また、若いころから戦上手で[87]、特に戦術(軍略)が巧みであるためにその指揮ぶりは曹操からも評価され、「幽州の北斗七星」「渤海一の弓取り」とも謳われ、「戦略家」と自称した諸葛亮さえも畏怖するほどだったと伝わる。

晩年の“ へうげた ”劉備(『夷陵の戦い』)

劉備に関する隠された事項[]

『東観漢記』・『元本[88]・林国賛の『三国志裴注述』などを総合した本田透『ろくでなし三国志』)によると、以下になる。

  • 実は劉備の生年は162年であり、関羽・趙雲より年少であること
  • 劉備の廟号は烈祖[89]、諡号は穆帝または繆帝[90]であること
  • 今までの劉備の諡号とされた「昭烈帝」は『続後漢書』[91]によるもので、清代に古来からある陳寿の『三国志』に劉備の諡号をすべて「昭烈帝」として新たに書き加わえられたこと[92]
  • 劉封は養子ではなく、実子で嫡長子。諸葛亮の陰謀で「養子」扱いとなり、異母弟の劉禅が嫡実子となったこと
  • 安平悼王の劉理は劉備の子ではなく孫で、しかも劉備の次子である劉公仲の子であること
  • 先祖は臨邑侯[93]劉復[94]の庶子[95]、後に陸成侯・劉貞の末裔に鞍替えしたこと
  • 劉復の嫡子である中任校書郎・劉騊駼(126年没)の弟[96]が劉雄の父で、劉備の曾祖父にあたること[97]
  • 劉騊駼が126年に没し、その子[98]が後を継ぐも、永建年間(126年~132年)に酎金未納の廉で爵位を剥奪され、北方の涿郡涿県に強制移住されたこと
  • 同時に劉雄の父も連坐され爵位を剥奪されて、同じ涿郡涿県に強制移住されたこと
  • 劉備に学問の資金を提供した従父の劉元起[99]と族兄弟の劉徳然父子は、劉騊駼の直系の孫・曾孫にあたること
  • 簡雍(耿雍)は劉備の母方の従弟にあたること[100]
  • 先妻は後漢の「雲台二十八将」のひとりである寇恂の末裔の寇氏[101]で、劉封はこの人が産んだ子とすること
  • 実は劉備は恐妻家だったとされ、そのため名門出とされる正妻の嫉妬に嫌気がさした劉備は未亡人の麋夫人や甘夫人らを側室にして気をまぎらわしたと伝わること(船越英一郎のコメントなど…)
  • 同時に「劉亮[102]という弟と「劉展[103]という従弟がおり、彼らは『田野の戦い』で劉徳然とともに戦死し、劉備は多くの一族を失ったこと
  • 盧植の下で公孫瓉とともに学んだ時に、一時的に洛陽で遊学し、そこで北部都尉だった曹操と出会ったこと[104]
  • 実は荊州牧の劉表を尊敬かつ私淑し、劉表統治下の荊州の文化サロンを模倣し、同時に子の劉封を廃嫡して少子の劉禅を太子に定めたのは、劉表の長子・劉琦(劉琪)が廃嫡され、次子の劉琮を後継者に定めたことを参照にしたと伝わること
  • 実は魏の曹洪[105]と同様に、劉備自身もかなりの吝嗇家[106]で、医師をいっさい信用せず、自ら薬を処方したと伝わる

結論

成祖景帝(劉啓)の第9子の中山靖王・劉勝は、世宗武帝(劉徹)のすぐ上の異母兄で、同母兄の趙敬粛王・劉彭祖(景帝の第5子)とつまらないことで言い争った。彼は死ぬまで酒色に溺れ、絶倫な女好きで孫も含む120余人もの子供を残している。劉勝の系統は、その死後58年、5代の後に断絶した。45年間の空白で再興されるが、1代限りでわずか3年で断絶した。また14年後に再興されるも再び1代で断絶した。西暦2年にまた復興されるも、王莽が漢を簒奪すると繰り返し廃絶されたことを最後に、以降は世祖光武帝が漢再興しても再受封されることはなかった。同時に1代限りで除封された庶子の陸成侯・劉貞の系統はなおさらである[107]

劉備が中山靖王・劉勝と陸成侯・劉貞父子の末裔という根拠は上記の裴松之が述べるとおり根拠がないものであり、劉備の祖父の劉雄が東郡范県の令を勤めている例もあるように、後漢の臨邑侯[108]の庶家のほうが可能性は濃厚である。

また、187年の『張純の乱』で、上記で述べた劉備を推挙した劉平(子平)は、平原郡の豪族で地理的に中山郡および涿郡に近いので、陸成侯・劉貞あるいは兄弟の安険侯・劉応の末裔ではないかと推測できる[109]

『長坂坡の戦い』で敗走する劉備

脚注[]

  1. 劉備の生年は、延熹4年12月末ごろ(162年1月末ごろ)とされる。
  2. または季漢とも呼ばれる。
  3. 「玄」は「元」とともに「伯」「孟」と同様に長子の意味を指す(「三国志に見る名前に関するお話、あれこれ」参照。または、「徳」=「悳」は劉備の同世代の親族の字の特徴(劉徳然、劉展(公徳)など)。劉備の場合は諱の「備」を合わせて「徳を備える」の意味となる
  4. 『蜀書』先主伝による。だが、この諡号は陳寿による誤りとされている。
  5. 約172~173㎝
  6. 高祖劉邦の玄孫、景帝の第9子。
  7. 陸城侯とも。清初期の毛綸(字は徳音、号を声山)・毛宗崗(字は序始、号を孑庵)父子の『毛宗崗本』(毛本)によると、「涿鹿侯(涿鹿亭侯)」と記されているが、前代の明の李卓吾の『李卓吾批評本』(李卓吾本)によると、「陸城侯(陸成侯)が正しい」と述べている。
  8. 『蜀書』先主伝では陸城亭侯。
  9. 前述の景帝の第7子、中山靖王の異母兄。
  10. 斉王の連枝である北海王の分家。
  11. 典略
  12. 樊城県の令の劉泌(寇泌)と甘夫人との間の子とする説もある。
  13. 生母は甘氏、劉禅・劉永の同母兄、劉理の父という。
  14. 前述の劉備の次男で、劉禅の同母兄の劉公仲(諱は不詳)の子という(『元本』(『元大徳九路本十七史』)。
  15. 生母は麋夫人という。
  16. 呉氏との間の娘(『元本』(『元大徳九路本十七史』)。
  17. または鴻氏先主皇后とも伝わる。
  18. 劉備との間にふたりの娘(劉禅の異母姉)を儲けたという。
  19. 現在の河北省保定市涿州県林家屯郷大樹楼桑村。涿県の酈亭という所には楼桑里という所があり、劉備の故郷だという(の酈道元著『水経注』巻12、巨馬河)。
  20. 現在の山東省徳州市臨邑県。『劉備出自考』(津田資久(国士舘大学教授)/国士舘人文学第3号/2013年)でも、この説を支持している。
  21. 名が仁、字は君義。はるか後世に(南朝)の傅士哲が存在し、彼は傅士仁の末裔とみられる(『梁書』羊侃伝)。
  22. 当時の盧植は蟄居中だった。
  23. または、姜望/姜子牙。
  24. 『易経』繋辞下伝が引く何焯の『義門読書記』巻二十六より。
  25. 李昉/傕一式著『太平御覧』より。
  26. 後に鄒靖は北軍中候に累進した。
  27. 現在の河北省邢台市平郷県(前漢時代は「広平郡」と呼ばれた)。
  28. 『蜀書』先主伝では、当時23歳だった劉備は黄巾党討伐の戦功で、中山郡安喜県の尉になったと記されている。
  29. 29.0 29.1 三国志演義』では幽州黄巾党の首領で程遠志は関羽に鄧茂は張飛に討ち取られる設定となっている。
  30. 『典略』
  31. 副県令クラス
  32. 史書では宗室で幽州牧の劉虞だが、中山郡は冀州に属しており当時の冀州刺史は王芬(瑯琊王氏)である(後任は韓馥)。
  33. 州郡が派遣した監察官。
  34. 子は毋丘興。魏の部将・毋丘倹は孫に当たるという(『元本』(『元大徳九路本十七史』))。
  35. のちに県令に昇進した。
  36. 在任中に青州黄巾党に対して、無謀な戦いを挑み無様な大敗をした、と記されている(『典略』)。
  37. 陶謙の父は丹陽郡余姚県長で、陶謙が幼いころに早世した(『後漢書』陶謙伝が引く『呉書』)。同時に、陶謙は丹陽郡丹陽県の人である(中華民国の盧弼著『三国志集解』)。子は陶商・陶応以外に、早世した後継ぎの長男の陶筰(または陶笮)がいたという(『元本』(『元大徳九路本十七史』))。
  38. 公孫瓚の部将で、龔景の後任という。
  39. 前述の盧弼は自著『三国志集解』で「劉備は田楷とともに陶謙を援助した」と改竄してるので、留意が必要である。
  40. 現在の河南省許昌市許昌県
  41. 以降の田豫は公孫瓉に従い、公孫瓉が袁紹の滅ぼされると、曹操のもとに仕官し、劉備と再会することはなかった。
  42. 孔融と親交があった。
  43. 198年、曹操が呂布を滅ぼしたとき、陳羣は曹操に平伏してこれを出迎え、再仕官して要職に就いた。後に曹丕(曹操の3男)の「四友」のひとりとなった(『魏書』袁渙伝)。
  44. 東海郡(『漢書』地理志)と広陵郡(『後漢書』郡国志)の2説がある。
  45. 韓暹は郷里の并州に逃れる途中で、杼秋県令の張宣に殺害された。
  46. その他の説もあり、呂布を参照のこと。
  47. 旧名は東郡臨邑県という。
  48. 『献帝春秋』
  49. 魏からは献帝と諡された。
  50. 献帝(霊帝の次子)の祖母・孝仁皇后(永楽太后)の従子(従兄の子)である。同時に献帝の岳父で、驃騎大将軍・董重の族弟でもある(裴松之の引用)。ただし、異説では「(董承は)霊帝の生母・董太后の従子で、献帝の従父にあたるとするのは誤りである」と述べている(『先主伝集解』)。
  51. 51.0 51.1 後年の219年に劉備が漢中王(蜀王)となるべく認(したた)めた上奏書に「その昔、車騎将軍の董承らとともに、打倒曹操を計画したのですが、運悪く露見したためにそれを果たせなかったのは至極残念であります」と述べている(『蜀書』先主伝)。
  52. ある説では、共通の宿敵の呂布を滅ぼした曹操は、劉備が将来の禍となると判断して劉備の暗殺計画を目論むが、ある者の知らせでそれを知った劉備は、曹操の幕僚の荀彧と相談して、曹操に上奏して袁術討伐に参戦して巧みに逃れたという(『元本』(『元大徳九路本十七史』))。
  53. 袁紹の長子、かつて劉備が茂才に推挙したことがある(『蜀書』先主伝が引く『魏書』)。
  54. または昌覇とも、于禁の親友。
  55. 両人とも元黄巾党の頭目。
  56. 蔡楊/蔡揚とも呼ばれる。
  57. 同時に学問を勉学したという。
  58. そのとき劉表の外戚の蔡瑁(字は徳珪。蔡𤪠(字は仲珪/和珪)の弟、蔡瓚(字は茂珪)・蔡琰(字は文珪)の従兄弟(『襄陽耆旧記』))とその外甥の張允らは「劉備は傑物だから、荊州から追い出し曹丞相(曹操)と誼(よしみ)を持って誠意を示したほうがよろしい」と劉表に上奏している。ただし『漢晋春秋』や『演義』などで蔡瑁らが劉備暗殺を目論んだという逸話は、東晋孫盛が「蔡瑁らが劉備を暗殺しても何の益もない」と述べているので事実ではない。
  59. 正確には曹純(曹操の族弟)の捕虜となった。一説に劉備の娘のひとりは夏侯覇(夏侯淵の次子、曹操の外従子)の妻になり、その間に夏侯献を儲けたという(『元本』)。
  60. 『三国志演義』では「呉臣」。
  61. 『江表伝』では『烏林の戦い』と呼ばれる。
  62. トルコ系匈奴の金日磾の末裔で、漢臣の金禕の父。劉備に対して降伏を拒んで、部将で管軍校尉の邢道栄・陳応・鮑龍(鮑隆)・楊齢などを率いて、劉備の軍勢と戦うも大敗し、従事の鞏志の裏切りで敗死した。
  63. 韓玄は降伏後、まもなく病死したと思われる(の汪応銓著『韓玄墓記』)。司隷河内郡の人で、魏の護軍・韓浩(元嗣)の族兄で韓栄(韓浩の養子)の父とする((『元本』)『元大徳九路本十七史』)。
  64. 現在の四川省緜陽市江油県
  65. 彭羕の項を参照。
  66. 蒯越の族子、諸葛亮の姉婿(盧弼『三国志集解』が引く『襄陽耆旧記』)。
  67. 趙昻の別名という。
  68. 後述および劉封の項を参照。
  69. もと劉璋の配下。
  70. 梓潼郡(現在の四川省綿陽市梓潼県)の人で、前漢の什仿(什邡)粛侯の雍歯の後裔で、益州属国(建寧郡)を支配した雍闓の族兄弟にあたる(『元本』(『元大徳九路本十七史』))。
  71. 『蜀書』劉巴伝が引く『零陵先賢伝』による。これが動機となり、劉備の逝去後に雍闓は“族兄弟の雍茂の仇!”と称して、孟獲を盟主として反乱を起こしたのである
  72. この劉備の行為は表面的&建前では「関羽の仇討ち!」という大義名分だったが、実際は遠祖である高祖・劉邦が巴蜀・関中を拠点に滎陽・成皐を確保して項羽を破りこれを滅ぼして、天下統一した前例があるので、関羽の失態で奪われた荊州(魏の領土である南陽郡・南郡北部・江夏郡北部を除く)を取り戻し、いわゆる劉備にとって実質的な天下分け目による『中国版の関ヶ原の戦い』であった。
  73. 前名は兪桓。孫堅の従孫(姉妹の孫)、孫権の族子。
  74. 呉書』孫桓伝
  75. 『猇亭(おうてい)の戦い』とも呼ばれる。
  76. 日本の鳥井勝商(かつあき)/勝高こと強右衛門と共通している。
  77. 現在の湖北省宜昌市興山県
  78. 現在の重慶市
  79. 後に劉備は「黄権を失ったが、狐篤(馬忠)を得た」と呟いた(『蜀書』馬忠伝)。
  80. 現在の重慶市奉節県
  81. かつては蜀郡属国に属していた。
  82. 黄完とも呼ばれる。
  83. 劉禅の項を参照のこと。
  84. このことに関して、末の官僚で学者の王夫之はその遺言は、君主としては禁句である「乱命」だと述べている。つまり、諸葛亮らによる漢王室簒奪を警戒する劉備が、諸葛亮や李厳らに対してきつく釘を刺し、諸葛亮が劉禅らに簒奪を警戒されないように北伐を重ねて、結果的に諸葛亮自身の行動を縛る事になる見解に基づくものだったという。
  85. 安平悼王。劉備の孫とされ、劉禅の兄の子という。
  86. 甘陵王。劉封の子。
  87. 劉備自身も遠祖の高祖・劉邦同様に負け戦が多かった。
  88. 正式には『元大徳九路本十七史』と呼ばれ、元の大徳10年に池州路儒学によって刊行された『三国志』関連文献書。
  89. 『晋書』王彌伝
  90. 後妻の呉氏の諡号が「孝穆皇后」または「孝繆皇后」による。
  91. 南宋の蕭常と元の郝経の著作。
  92. 実際はトルコ系匈奴屠客(屠各)部攣鞮(虚連題)氏族の趙漢の世祖の劉曜(高祖(太祖)光文帝・劉淵の族子)の諡号という。
  93. 封地は東郡臨邑県にあったという(『後漢書』北海靖王興伝)。
  94. 前漢の長沙定王・劉発の庶子・舂陵節侯の劉買の系統で、斉武王の劉縯(後漢の光武帝の兄)の孫、北海靖王・劉興の庶子。
  95. 『典略』、『後漢書』斉武王縯伝・北海靖王興伝による。
  96. 「武邑亭侯」で名は「劉冀」と伝わり、劉復の庶子という。
  97. 『典略』にもとづく。
  98. 諱は「劉員」または「劉貞」と伝わる。
  99. 劉員の子という。
  100. 簡雍の項目を参照のこと。
  101. 諱は不詳、『吉川三国志』では“ 芙蓉姫 ”、後に“ ”に改姓した。後漢の侍中・寇栄(寇榮)の孫娘という。
  102. 字は叔朗という。
  103. 字は公悳、叔父・劉敬の子。
  104. 『英雄記』など。
  105. 曹操の族父かつ母方の従弟に当たる。
  106. つまり「ケチ」のこと。
  107. 『史記』では劉貞の爵位は「陘城侯」となっている(劉貞の兄弟のうち安険侯・劉応が中山郡安険県に冊封され、劉貞同様に酎金怠惰の過度で爵位を剥奪されている例がある)。
  108. 封地は東郡臨邑県という。
  109. 後に平原郡の相として赴任した劉備に対して劉平は「“田野の戦い”で無様に大敗し、やつ(劉備)を推挙したこの俺の面子を潰した忘恩野郎!」と叫んで、刺客を劉備のもとに派遣して暗殺を目論むも、刺客が劉備の器量に惚れこんで失敗に終わった。しかし、この逸話は劉平自身が「漢の皇族ゆかりの階級」として劉備よりも上だと思い、劉備を見下していた可能性が高いと推測される。

関連事項[]

先代:
劉弘
蜀漢初代皇帝
221年 - 223年
次代:
劉禅
Advertisement