日本通信百科事典
Advertisement

劉光(りゅうこう)とは、の皇族・宗室・宗族かつ非皇族で、約6名ほど存在する。

  1. 劉光 (父城侯) : 城陽頃王の劉延の子、敬王の劉義・麥侯の劉昌・鉅合侯の劉発・昌侯の劉差・蕢侯の劉方・雩殷侯の劉澤・石洛侯の劉敬・扶浸侯の劉昆・吾挍侯の劉覇・朸侯の劉讓の弟、庸侯の劉譚・翟侯の劉寿劉壽)・鱣侯の劉応・彭侯の劉偃・瓡侯の劉息・墟水侯の劉禹・東淮侯の劉類・栒侯の劉買・涓侯の劉不疑の兄。父城侯に封じられた。
  2. 劉光 (魯王) : 魯共王の劉余の子、広戚節侯の劉将・寧陽節侯の劉恬・瑕丘節侯の劉政・公丘夷侯の劉順・郁桹侯の劉驕・西昌侯の劉敬の兄、孝王の劉慶忌の父、頃王の劉封(劉勁)の祖父。「安王」と諡された。
  3. 劉光 (臨楽侯) : 上記の魯王の劉光の同諱の従弟で、中山靖王の劉勝の子、哀王の劉昌・広望節侯の劉忠・将梁侯の劉朝平・薪館侯の劉未央・陸城侯の劉貞(劉真)・薪処侯の劉嘉・陸地侯の劉義の弟、東野戴侯の劉章・高平侯の劉喜・広川侯の劉頗・乗丘節侯の劉将夜・高丘哀侯の劉破胡・柳宿夷侯の劉蓋・戎丘侯の劉譲・樊輿節侯の劉脩・曲成侯の劉万歳・安敦于侯の劉伝富・安険侯の劉応・安道侯の劉恢・澎侯の劉屈氂の兄、劉某の父。臨楽侯に封じられ、「敦侯」と諡された。
  4. 劉光 (六安王) : 膠東康王の劉寄の玄孫、恭王の劉慶の曾孫、夷王の劉禄の孫、穆(繆)王の劉定の子、劉育の父。「頃王」と諡された。
  5. 劉光 (ゴ郷侯)中宗宣帝(劉詢/劉病已)の曾孫、楚孝王の劉囂の孫、思王の劉衍の子、悼王の劉紆の弟、陵郷侯の劉曾・武安侯の劉㥅の弟、新城侯の劉武・宜陵侯の劉豊・堂郷侯の劉護・成陵侯の劉由・成陽侯の劉衆・復昌侯の劉休・安陸侯の劉平・梧安侯の劉誉・朝郷侯の劉充・扶郷侯の劉普・呂郷侯の劉尚・李郷侯の劉殷・宛郷侯の劉隆・寿泉侯の劉承・杏山侯の劉遵の兄。郚郷侯に封じられた。
  6. 劉光 (平皋侯) : 本姓は項。項羽の従子(従兄の子)の項它[1](平皋煬侯の劉它)の孫、共侯(恭侯)の劉遠の子、劉勝の父。「節侯」と謚された。

脚注[]

  1. 項佗/項他とも呼ばれる(『史記』高祖功臣侯者年表第六)。

関連項目[]

Advertisement