日本通信百科事典
Advertisement

劉則(りゅうそく)とは、の皇族、あるいは宗室(宗族)の姓名で、少なくとも5名ほど存在する。

  1. 劉則 (斉王)高祖劉邦の庶長子である斉の悼恵王の劉肥の嫡孫、哀王の劉襄の嫡子、孝王の劉将閭[1][2]の異母兄。前165年に嗣子がないまま逝去し、「文王」と謚された。前164年に大叔父の太宗文帝(劉恒)は、劉則の異母弟の楊虚侯の劉将閭を斉王に封じて、さらに斉を分割して劉則・劉将閭兄弟の叔父たちは列侯から、それぞれの王に封じられた。
  2. 劉則 (陪侯) : 淮南厲王の劉長の孫、済北貞王の劉勃(淮南煬王の弟)の子、成王の劉胡・陰安康侯の劉不害・栄関侯の劉騫・周望康侯の劉何の弟、前侯の劉信・安陽節侯の劉楽の兄、哀侯の劉邑の父。陪侯に封じられ、「穆侯」(繆侯)と諡された。
  3. 劉則 (攸輿侯)成祖景帝(劉啓)の第7子である長沙定王の劉発の子、戴王(康王)の劉庸・安城思侯の劉蒼・冝春侯の劉成・句容哀侯の劉黨・容陵侯の劉福・路陵侯の劉童の弟、荼陵節侯の劉欣(劉訢)・建成侯の劉拾・安衆康侯の劉丹・葉平侯の劉喜・夫夷敬侯の劉義・舂陵節侯の劉買、都梁敬侯の劉定・洮陽靖侯の劉狩燕・衆陵節侯の劉賢の兄。攸輿侯に封じられた。
  4. 劉則 (参ソウ侯) : 景帝の第11子である広川恵王の劉越の子、穆王(繆王)の劉斉・蒲領侯の劉嘉・西熊侯の劉明・棗彊侯の劉晏・畢梁侯の劉嬰の弟、沂陵侯の劉喜の兄。参鬷侯に封じられた。
  5. 劉則 (鍾武侯) : 上記の長沙定王の劉発の玄孫、戴王(康王)の劉庸の曾孫、頃王の劉鮒鮈(劉胕胊)の孫、鍾武前節侯・劉度の子、劉望(劉聖)の父。「後節侯」と諡された。

脚注[]

  1. 劉将盧とも呼ばれる。
  2. 劉将閭の少子の牟平共侯の劉渫の末裔が後漢末の兗州刺史の劉岱・楊州牧の劉繇兄弟である。
Advertisement