日本通信百科事典
Advertisement

劉勃(りゅうぼつ)とは、の皇族・宗室かつ宗族、あるいは非皇族で、約5名ほど存在する。

  1. 劉勃 (済北王) : 淮南厲王の劉長の子、淮南煬王の劉安の弟、衡山厲王の劉賜・東城侯の劉良(早世)の兄、成王の劉胡・陰安康侯の劉不害・栄関侯の劉騫・周望康侯の劉何・陪穆(繆)侯の劉則・前侯の劉信・安陽節侯の劉楽の父。はじめは安陽侯に封じられ、伯父の太宗文帝(劉恒)によって、衡山王になる。後に済北王に改封され、「貞王」と諡された。後裔に後漢の諫議大夫の劉陶がいた。
  2. 劉勃 (常山王)成祖景帝(劉啓)の第14子である常山憲王の劉舜の次嫡子、劉梲の弟、真定頃王の劉平・泗水思王の劉商の兄。生母の脩とともに異母兄の劉梲を軽蔑して、内紛になってしまったために伯父の世宗武帝(劉徹)の勅命により、王位を廃され長安付近の房陵に移住された。
  3. 赫連勃々(赫連佛々) : 漢姓名は「劉勃」または「劉佛」、字は屈才。トルコ系匈奴屠各(屠客)部鉄弗(赫連)氏族の単于で、夏漢世祖武烈帝。劉衛辰の子、劉直力鞮・劉韋伐の弟、劉文陳(劉宿六斤)の兄、赫連璝(劉璝)・赫連延(劉延)・赫連昌(劉昌)・赫連倫(劉倫)・赫連定(劉定)・赫連満(劉満)・赫連安(劉安)・赫連助興(劉助興)・赫連謂以代(劉謂以代)・赫連社干(劉社干)・赫連度洛孤(劉度洛孤)・赫連烏視抜(劉烏視抜)・赫連禿骨(劉禿骨)の父。冷酷で残忍獰猛の人物であったという。
  4. 劉勃 (明)の嘉靖帝の治世に進士に及第した。
  5. 劉勃 (清)ツングース系の康熙帝の治世に進士に及第した。

関連項目[]

Advertisement