日本通信百科事典
Advertisement

劉安(りゅうあん)とは、の皇族。数名ほど存在する(例外は除く)。

  1. 劉安 (楊丘侯)高祖劉邦の孫。悼恵王の劉肥の子、哀王の劉襄・城陽景王(朱虚侯)の劉章・済北厲王(東牟侯)の劉興居・菑川懿王(安都侯/済北王)の劉志・済南王(勒侯)の劉辟光・菑川王(武成侯)の劉賢・膠西王(昌平侯)の劉卭・膠東王(白石侯)の劉雄渠・管共侯の劉罷軍・瓜丘共侯の劉寧国・営平侯の劉信都の末弟、劉偃の父。楊丘侯に封じられ、「共侯」と謚された。
  2. 劉安 (淮南王) : 高祖の孫。淮南厲王の劉長の長子、済北貞王の劉勃・衡山厲王の劉賜・東城侯の劉良(早世)の兄、劉不害劉遷の父、劉建(劉不害の子)の祖父。はじめは阜陵侯となり、伯父の太宗文帝(劉恒)の勅命で淮南王となり、父の後を継ぐ。『淮南子』の著者。従父の呉厲王の劉濞を首謀とする『呉楚七国の乱』に呼応しようとしたが、宰相の張釈之の直言・阻止によって断念した。しかし、晩年は従子である世宗武帝(劉徹)に謀反を企んだ廉で自決して果て、一族は処刑されて晒し首となった。「煬王」と謚された。
  3. 劉安 (慎侯) : 長沙定王の劉発の子の安衆康侯の劉丹の後裔で、世祖光武帝劉秀)の同族で、安衆侯の劉崇の一族である劉礼の孫、慎靖侯(竟陵侯)の劉隆の子。嗣子がなく断絶したという。
  4. 劉安 (任城王) : 光武帝の子・東平憲王の劉蒼(顕宗明帝(劉荘/劉陽)の同母弟)の子である任城孝王の劉尚の子、劉崇の父。「貞王」と謚された。
  5. 赫連安 : 漢姓名は「劉安」。トルコ系匈奴屠各(屠客)部鉄弗(赫連)氏族の夏漢の世祖武烈帝の赫連勃々(劉勃)の子。赫連璝(劉璝)・赫連延(劉延)・赫連昌(劉昌)・赫連倫(劉倫)・赫連定(劉定)・赫連満(劉満)の弟、赫連助興(劉助興)・赫連謂以代(劉謂以代)・赫連社干(劉社干)・赫連度洛孤(劉度洛孤)・赫連烏視抜(劉烏視抜)・赫連禿骨(劉禿骨)の兄。中山公に封じられた。
  6. 劉安 (通俗三国志) : 『通俗三国志』第19回のみに登場する小沛郊外付近に居住する猟師。劉備呂布に敗北して追われた際に、劉備を匿ってその妻を殺害して、その人肉を料理して劉備をもてなした。しばらくして事の真相を知った劉備は落胆して、その妻の犠牲を憐れんだ。まもなく曹操を頼った劉備は、曹操にその話をした。後日に劉安は、劉備の使者の孫乾から曹操から3斤を賜り、さらに官職も与えられたが、劉安は丁重に辞退した。その代償として、劉安の息子の劉封を劉備の養子にした、という逸話がある。
  7. 劉安 (宦官) : 後漢前期の宦官。恭宗安帝(劉祜)の取り巻きの宦官。江京・李閏・樊豊・陳達らとともに権勢を欲しいままにして、安帝の乳母の王聖・伯栄母娘とともに粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の孫で、済北恵王の劉寿(劉壽)の子である北郷侯の劉懿(少帝懿)を擁立した。さらに目の上の瘤であった太尉の楊震を讒言で葬った。しかし、政敵の同じ宦官の中常侍の孫程が安帝の子である済陰王の劉保(敬宗順帝)を奉じたため、江京・陳達らとともに殺害された。

関連項目[]

Advertisement