日本通信百科事典
Advertisement

劉寿(りゅうじゅ)とは、の皇族・宗室かつ宗族で、約5名ほど存在する。「劉壽」とも呼ばれる

  1. 劉寿 (斉王) : 斉悼恵王の劉肥(劉邦の庶長子)の曾孫、哀王の劉襄の孫、文王の劉則の甥、斉孝王の劉将閭(劉将盧)の子、博陽頃侯の劉就・被陽敬侯の劉燕・定敷侯の劉越・稻夷侯の劉定・山原侯の劉国・繁安夷侯の劉忠・柳康侯の劉陽已・雲夷侯の劉信・牟平共侯の劉渫[1]・柴原侯の劉代・高楽康侯の劉某[2]の兄、厲王の劉次昌の父。「懿王」と諡された。
  2. 劉寿 (翟侯) : 城陽頃王の劉延の子、敬王の劉義・麥侯の劉昌・鉅合侯の劉発・昌侯の劉差・蕢侯の劉方・雩殷侯の劉澤・石洛侯の劉敬・扶浸侯の劉昆・吾挍侯の劉霸・朸侯の劉讓・父城侯の劉光・庸侯の劉譚の弟、鱣侯の劉応・彭侯の劉偃・瓡侯の劉息・墟水侯の劉禹・東淮侯の劉類・栒侯の劉買・涓侯の劉不疑の兄。翟侯に封じられた。
  3. 劉寿 (済北王)後漢粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の子、千乗貞王の劉伉[3]・江夏恭王の劉余劉餘[4]・清河孝王の劉慶・和帝(劉肇)の弟、河間孝王の劉開・城陽懐王の劉淑・広宗殤王の劉万歳の兄、節王の劉登・少帝の劉懿・楽成殤王の劉萇・釐王の劉安国の父、哀王の劉多の祖父。済北王に封じられ、「恵王」と諡された。
  4. 劉寿 (瑯琊王)世祖光武帝劉秀)の曾孫、瑯琊孝王の劉京の孫、夷王の劉宇の子、貞王の劉尊の父、字王の劉拠劉據/劉据)の祖父、順王の劉容・陽都侯の劉邈の曾祖父、劉熙の高祖父。「恭王(共王)」と諡された。
  5. 劉寿 (臨湘亭侯) : 字は伯長。長沙郡臨湘県[5]の人。長沙定王の劉発の直系である劉舜と臨湘亭侯の劉興父子の後裔で、霊帝(劉宏)の治世の司空・司隸校尉の劉囂と樊城県の令の劉泌(寇泌)父子あるいは劉封(劉泌の子)の祖。後漢の敬宗順帝(劉保)に仕えて、司空に任命された[6]

脚注[]

  1. 後漢末の兗州刺史の劉岱・揚州牧の劉繇兄弟の祖。
  2. 劉沢劉澤)の父。
  3. 楽安夷王の劉寵(劉伏胡)の父、勃海孝王の劉鴻・平原哀王の劉得・清河恭王の劉延平兄弟の祖父、質帝(劉纉)・尉氏侯の劉蒜の曾祖父。
  4. 『後漢書』55巻「章帝八王伝」では、平春悼王の劉全。劉余=劉餘(劉全)自身は早世したが、その庶子の竟陵侯の劉某が益州牧の劉焉劉璋父子の祖となった。
  5. 現在の湖南省長沙市/岳陽市臨湘県
  6. 『後漢書』順帝紀より。
Advertisement