日本通信百科事典
Advertisement

劉延(りゅうえん)とは、の皇族・宗室および宗族、あるいは非皇族。約6名ほど存在する。

  1. 劉延 (城陽王)高祖劉邦の玄孫で、城陽景王の劉章の孫、共王(恭王)の劉喜の子、東平侯の劉慶の兄、敬王の劉義・麥侯の劉昌・鉅合侯の劉発・昌侯の劉差・蕢侯の劉方・雩殷侯の劉澤・石洛侯の劉敬・扶浸侯の劉昆・吾挍侯の劉覇・朸侯の劉讓・父城侯の劉光・庸侯の劉譚・翟侯の劉寿劉壽)・鱣侯の劉応・彭侯の劉偃・瓡侯の劉息・墟水侯の劉禹・東淮侯の劉類・栒侯の劉買・涓侯の劉不疑の父、恵王の劉武の祖父。「頃王」と謚された。
  2. 劉延 (阜陵王)世祖光武帝劉秀)と郭聖通(光武皇后)との間の子、東海恭王の劉彊・沛献王の劉輔・済南安王の劉康の同母弟、中山簡王の劉焉の同母兄。著名な末裔はの大鴻臚・劉曄である。阜陵王に封じられ、「質王」と謚された。
  3. 劉延 (曹魏) : おそらく漢の宗族出身。魏の曹操の部将で東郡太守。袁紹の部将・顔良に包囲されるが、客将の関羽に救助された。
  4. 劉賢 : 別称は「劉延」。零陵郡太守の劉度の子。209年に父とともに、遠縁筋の劉備に降伏した。
  5. 劉磐 : 別称は「劉延」。山陽郡高平県[1]の人。荊州牧・劉表の従子[2]劉琪(劉琦)・劉琮兄弟と劉脩(劉修)[3]の族兄弟、劉虎の従兄弟に当たる。長沙郡攸県で黄忠を従えて、孫策に備えた。従父の劉表が逝去し、曹操が荊州を占領すると、劉磐は曹操の配下になることを拒んで、流浪の将軍となり、呉の孫権の領内である長沙郡の艾・西安の諸県を蹂躙した。
  6. 赫連延 : 漢姓名は「劉延」。トルコ系匈奴屠各(屠客)部鉄弗(赫連)氏族の夏漢の世祖武烈帝の赫連勃々(劉勃)の子。赫連璝(劉璝)の弟、赫連昌(劉昌)・赫連倫(劉倫)・赫連定(劉定)・赫連満(劉満)・赫連安(劉安)・赫連助興(劉助興)・赫連謂以代(劉謂以代)・赫連社干(劉社干)・赫連度洛孤(劉度洛孤)・赫連烏視抜(劉烏視抜)・赫連禿骨(劉禿骨)の兄。陽平公に封じられた。

脚注[]

  1. 現在の山東省済寧市魚台県東北
  2. 劉表の従兄弟の子。
  3. 字は季緒。劉表の弟の子。官職は東安郡太守に至った。詩・賦・頌六篇を著し、同時に楊脩(楊修)の文作を批判した(『魏書』陳思王植伝)。

関連項目[]

Advertisement