日本通信百科事典
Advertisement

劉 建(りゅうけん)は、(前漢・後漢)の皇族・宗室、かつ宗族。約10名ほど存在する。

  1. 劉建 (燕王)高祖劉邦)の第8子(末子)で斉悼恵王の劉肥恵帝(劉盈)・趙隠王の劉如意太宗文帝(劉恒)・趙共王の劉恢・趙幽王の劉友・淮南厲王の劉長の異母末弟、悼太子の劉達の父。盧綰に代わって燕王に封じられるが、20歳前後で逝去した[1]。その直後に、嬰児であった太子達は、嫡母の呂后(呂雉)によって毒殺されて、燕王の劉建の系統は断絶した。異母兄の文帝によって、「霊王」と謚された。
  2. 劉建 (シ川王) : 斉悼恵王の劉肥(劉邦の庶長子)の孫、菑川懿王の劉志の子、頃王の劉遺・広饒康侯の劉国[2]・缾侯の劉成と兪閭煬侯の劉毋害の父。「靖王」と謚された。
  3. 劉建 (江都王)成祖景帝(劉啓)の第6子である江都易王の劉非の子、丹陽哀侯の劉敢・盱眙侯の劉蒙之[3]・胡孰頃侯の劉胥行・秣陵終侯の劉纏・淮陵侯の劉定国の兄。父の逝去後に後を継いだが、喪中の最中に亡父の愛妻・淖姫[4]と密通した。さらに、姉妹の劉微臣とも親近強姦した揚句に、領民の女性に対して強引に野獣と性交させるなど暴虐し放題の藩王であった。最後は族祖父である淮南煬王・劉安の謀反に加担した疑いで、叔父の世宗武帝(劉徹)の尋問を受けて、自決して果てた。「煬王」と謚された。彼の娘の劉細君(江都公主/烏孫公主)はトルコ系烏孫の酋長である猟驕靡の夫人になった(後に猟驕靡の孫の岑陬軍須靡に嫁いだ)。
  4. 劉建 (淮南王家) : 上記の劉安の孫、劉不害の子。父に命じられて、族父の武帝に祖父と叔父(太子の劉遷)が謀反をしていると告訴した。
  5. 劉建 (襄ゼン侯) : 趙敬粛王の劉彭祖の子、廃太子の劉丹・頃王の劉昌・平干頃王の劉偃・尉文節侯の劉丙・封斯戴侯の劉胡傷・榆丘侯の劉受福の弟、邯會衍侯の劉仁・朝節侯の劉義・東城侯の劉遺・陰城思侯の劉蒼・邯平侯の劉順・武始侯の劉昭・象氏節侯の劉賀・易安侯の劉平・柏暢戴侯の劉終古・歊安侯の劉延年・漳北侯の劉寬・南龻侯の劉佗・南陵侯の劉慶・鄗侯の劉舟・安檀侯の劉福・爰戚侯の劉當(劉当)・栗節侯の劉楽・洨夷侯の劉周舍・猇節侯の劉起・揤裴戴侯の劉道の兄。襄嚵侯に封じられた。
  6. 劉建 (皐虞侯) : 膠東康王の劉寄(景帝の子、武帝の異母弟)の子、哀王の劉賢・六安恭王の劉慶の弟、魏其煬侯の劉昌・祀茲侯の劉延年の兄、穅侯の劉定の父。皐虞侯に封じられ、「煬侯」と謚された。
  7. 劉建 (広陽王) : 武帝の第3子である剌王・劉旦の長子、安定戻侯の劉賢・新昌節侯の劉慶の兄、穆王の劉舜・臨郷頃侯の劉雲・西郷頃侯の劉容(劉谷)・陽郷思侯の劉発・益昌頃侯の劉嬰の父。「頃王」と謚された。
  8. 劉建 (千乗王) : 顕宗明帝(劉荘/劉陽)の子、陳敬王の劉羨・彭城靖王の劉恭・楽成靖王の劉党・粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)・下邳恵王の劉衍・梁節王の劉暢・淮陽頃王の劉昞・済陰悼王の劉長の兄。はじめは、曲成侯に封じられ、伯父の戻王の劉英と、その腹心の王平と顔忠(顔中)に唆されて、遂郷侯の耿建・朗陵侯の臧信・濩沢侯の鄧鯉とともに謀反を企てたという。この報に激怒した父の明帝は侍御史の寒朗に、王平と顔忠を過酷に取り調べさせた。両人および、劉建は何も知らないと無実を訴えた。やがて、劉建らの謀反が王平と顔忠の虚言と判明して、寒朗が懸命に弁護したため、劉建らは無実とされた。やがて、千乗王に昇格したが、嗣子がないまま逝去したために、除国された[5]。「哀王」と謚された。
  9. 劉建 (河間王) : 章帝の曾孫、河間孝王(清宗穆帝)の劉開の孫、恵王の劉政の子、安王の劉利・崇徳侯の劉佗の父、某王(の崇徳侯)の劉陔・済南王の劉康(劉庾)の祖父、某王の劉贇[6]の曾祖父。「貞王」と諡された。
  10. 劉建 (晋)東晋の部将。彭城郡[7]の人。の元王の劉交[8]の後裔とされ[9]、西晋の雁門郡太守の劉羲(劉義)の子、劉牢之の父、劉敬宣の祖父、劉光祖(劉祖)の曾祖父、侍中の劉隗は族兄弟である。(東晋)の征捕将軍となった。

脚注[]

  1. 呂雉による毒殺の疑いが濃厚とされる。
  2. 劉京の祖父。
  3. 広陵王の劉宮の高祖父。
  4. 劉建が自決すると、叔父の趙敬粛王の劉彭祖の正室となり、その間に太子丹が生まれ、彼女の兄は宦官として、武帝に仕えた。
  5. 除国された千乗国は甥の千乗貞王の劉伉(章帝の庶長子、楽安夷王の劉寵(劉伏胡)の父)が後を継いだ。
  6. 劉康の子。
  7. 現在の江蘇省徐州市
  8. 劉邦の従弟、荊湣王の劉賈の弟。
  9. 『宋書』劉敬宣伝

関連項目[]

Advertisement