日本通信百科事典
Advertisement

劉彊(りゅうきょう)とは、の皇族・宗室で、約2名ほど存在する。「劉疆」・「劉強」とも呼ばれる。

  1. 劉彊 (淮陽王) : 前漢のの共王の劉恢の第3子で、第3代皇帝の少帝恭・常山懐王の劉不疑の同母弟。伯父の恵帝(劉盈)の養子となるが、夭折して「哀王」と謚された。
  2. 劉彊 (東海王)後漢光武帝劉秀)と郭聖通(光武皇后)の長子、沛献王の劉輔・済南安王の劉康・阜陵質王の劉延・中山簡王の劉焉の同母兄、楚戻王の劉英と顕宗明帝(劉荘/劉陽)・広陵思王の劉荊・臨淮懐王の劉衡・瑯琊孝王の劉京の異母兄、靖王の劉政の父、頃王の劉粛の祖父、孝王の劉臻・郯侯の劉某の曾祖父、懿王の劉祗と劉嘉[1]の高祖父、崇徳侯の劉羨と丹陽郡太守の劉舒[2]の6世の祖、幽州牧の劉虞[3]の7世の祖、侍中の劉和の8世の祖。皇太子であったが、後に廃嫡されて、東海王となった。その死後に「恭王」と謚された。同時に「郭太子」とも呼ばれた。

脚注[]

  1. 劉某の子で、光禄勲に任命された(『後漢書』劉虞伝)
  2. 劉嘉の子。
  3. 劉舒の子。

関連項目[]

  • 劉嘉 : 東海恭王の玄孫で、光禄勲・郯侯。
  • 劉虞 : 劉嘉の孫。
  • 劉和 : 劉虞の子。
Advertisement