日本通信百科事典
Advertisement

劉徳(りゅうとく)とは、の皇族・宗室かつ宗族、および非皇族で、約6名ほど存在する。

  1. 劉徳 (膠西の太子) : 膠西王の劉卭[1]の子で、その太子。『呉楚七国の乱』で大敗した父を激励したが、聞き容れられなかった。自決した父の後を追って、祖母と母とともに自決した。
  2. 劉徳 (河間王)成祖景帝(劉啓)の第2子、臨江閔王の劉栄(栗太子)の同母弟、臨江哀王の劉閼于の同母兄、魯共王の劉余・趙敬粛王の劉彭祖・江都易王の劉非・長沙定王の劉発・膠西于王の劉端・中山靖王の劉勝武帝の劉徹(膠東王)・広川恵王の劉越・膠東康王の劉寄・清河哀王の劉乗(劉方乗)・常山憲王の劉舜の異母兄、共王の劉不害(劉不周)・茲侯の劉明・旁光侯の劉殷・距陽憲侯の劉匄・蔞節侯の劉退・阿武戴侯の劉予(劉豫)・参戸節侯の劉免・州郷節侯の劉禁・平城侯の劉禮・広侯の劉順・蓋胥侯の劉譲・瀋陽侯の劉自為の父。河間王に封じられ、「献王」と諡された。
  3. 劉徳 (陽城侯) : 字は路叔。楚元王の劉交[2]の曾孫、紅懿侯の劉富の孫、宗正の劉辟彊劉辟強)の子、節侯の劉安民・劉向(劉更生)[3]の父、釐侯の劉慶忌の祖父、劉岑の曾祖父。「穆侯」(繆侯)と諡された。
  4. 劉徳 (東武城侯)後漢世祖光武帝劉秀)の孫、済南安王の劉康の子、簡王の劉錯の弟、西平昌侯の劉昱・某侯の劉篤の兄。東武城侯に封じられた。
  5. 劉徳 (安平王) : 後漢の章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の孫、河間孝王(清宗穆帝)の劉開の子、恵王の劉政・平原崇王[4]烈宗孝崇帝)の劉翼の弟、解涜亭侯の劉淑[5]の兄、某王の劉続・甘陵威王の劉理の父。安平王に封じられ、「孝王」と諡された。
  6. 劉徳 (中華人民共和国)中国の公安部の副本部長。2010年8月14日に56歳で病死した。

脚注[]

  1. 斉悼恵王の劉肥高祖劉邦の庶長子)の子。
  2. 高祖劉邦の従弟、荊湣王の劉賈の異母弟。
  3. 劉歆らの父。
  4. 後に蠡吾侯に降格された。
  5. 仁帝の劉萇の父。

関連項目[]

Advertisement