日本通信百科事典
Advertisement

劉志(りゅうし)は、の皇族・宗室および非皇族が約3名ほど存在する。

  1. 劉志 (シ川王)高祖劉邦の孫、斉の悼恵王の劉肥の子、哀王の劉襄・城陽景王(朱虚侯)の劉章・済北厲王(東牟侯)の劉興居の弟、済南王(勒侯)の劉辟光・菑川王(武成侯)の劉賢・膠西王(昌平侯)の劉卭・膠東王(白石侯)の劉雄渠・管共侯の劉罷軍・瓜丘共侯の劉寧国・営平侯の劉信都・楊丘共侯の劉安の兄、靖王の劉建の父、頃王の劉遺・広饒康侯の劉国・缾侯の劉成と兪閭煬侯の劉毋害の祖父。はじめは安都侯、後に済北王を経て菑川王に封じられ、「懿王」と謚された。
  2. 劉志 (蠡吾侯)桓帝 (漢) : 後の桓帝。廟号は威宗。粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の曾孫、河間孝王の劉開(清宗穆帝)の孫、平原崇王[1]烈宗崇帝)の劉翼の子、渤海王の劉悝・平原王の劉碩の兄、河間貞王の劉建の従兄弟。
  3. 劉志 (北周)北魏末期~北周初期の部将・政治家。

脚注[]

  1. 後に都郷侯~蠡吾侯に降格された。

関連項目[]

Advertisement