日本通信百科事典
Advertisement

劉恢(りゅうかい)とは、の皇族・宗室ある。約4名ほど存在する(例外は除く)。

  1. 劉恢 (趙王)高祖劉邦)の第5子、太宗文帝(劉恒)のすぐ下の異母弟、少帝恭少帝弘らの父。淮陽王~梁王と、転封を繰り返したが、呂后(呂雉)によって自害に追い詰められた。「共王」と謚された。
  2. 劉恢 (城陽王) : 斉の悼恵王(劉肥)の次男・城陽景王の劉章の末裔、恵王の劉武の孫、荒王の劉順の子、式侯の劉憲の兄。孝王の劉景と参封侯の劉殷の父、哀王の劉雲の祖父、哀王の劉俚の曾祖父。「戴王」と謚された。
  3. 劉恢 (安道侯) : 中山靖王の劉勝の子、哀王の劉昌・広望節侯の劉忠・将梁侯の劉朝平・薪館侯の劉未央・陸城侯の劉貞(劉真)・薪処侯の劉嘉・陸地侯の劉義・臨楽敦侯の劉光・東野戴侯の劉章・高平侯の劉喜・広川侯の劉頗・乗丘節侯の劉将夜・高丘哀侯の劉破胡・柳宿夷侯の劉蓋・戎丘侯の劉譲・樊輿節侯の劉脩・曲成侯の劉万歳・安敦于侯の劉伝富・安険侯の劉応の弟、澎侯の劉屈氂の兄。安道侯に封じられた。
  4. 劉惔 : 別称は「劉恢」、字は真長。(東晋)の官僚。沛郡相県[1]の人。後漢の沛献王の劉輔[2]の後裔で[3]の太子僕の劉邠(劉炎)の曾孫、太常の劉宏の孫、晋陵内史・晋陵郡太守の劉耽の子、魏の揚州刺史の劉馥の従玄孫にあたるという。若くして丹陽尹などの要職を歴任したが37歳で逝去し、嗣子はなかったという。
  5. 劉恢 (三国志演義) : 『三国志演義』、および吉川英治の『吉川三国志』のみに登場する代州[4]の富豪[5]芙蓉姫と親戚関係にあり、張飛とも面識がある設定となっている人物。天下の豪傑を食客として養う好漢であり、代州の長官[4]が劉恢を訪問する際は、身の危険を感じた劉備一行は、劉恢の推薦で同族である劉虞を頼り、戦功を挙げて、劉備は劉虞の推薦で平原県の令に任命されている。

脚注[]

  1. 現在の安徽省淮北市濉渓県
  2. 世祖光武帝劉秀)の次男(あるいは三男)、はじめは中山王、郭太子=東海恭王の劉彊(劉強)の同母弟、済南安王の劉康・阜陵質王の劉延・中山簡王の劉焉の同母兄。顕宗明帝(劉荘/劉陽)の異母兄。
  3. 『処士石定墓志』
  4. 4.0 4.1 『吉川三国志』では、隋代の地名である定州となっている。
  5. 『三国志演義』では、「督郵を袋叩きにして出奔した劉備は、関羽・張飛とともに代州の富豪の劉恢を頼った…」とのみ、記述されている。
Advertisement