日本通信百科事典
Advertisement

劉慶(りゅうけい)とは、の皇族・宗室かつ宗族あるいは非皇族。約12名ほど存在する。

  1. 劉慶 (河間王) : 河間献王の劉徳の玄孫、共王の劉不害(劉不周)の曾孫、剛王の劉基の孫、頃王の劉緩の子、煬王の劉元の父、恵王の劉良の祖父、劉尚の曾祖父。
  2. 劉慶 (六安王) : 膠東康王の劉寄の子、膠東哀王の劉建の弟、臯虞煬侯の劉建・魏其煬侯の劉昌・祀玆侯の劉延年の兄、劉禄の父。六安王に封じられ、「共王」と諡された。
  3. 劉慶 (東平侯) : 城陽景王の劉章の孫、共王(恭王)の劉喜の子、頃王の劉延・雷侯の劉稀・東莞侯の劉吉・辟節侯劉壮・利郷康侯の劉嬰・有利侯の劉釘の弟、運平侯の劉欣(劉訢)・山州侯の劉齒・海常侯の劉福・鈞丘侯の劉憲・南城侯の劉貞・広陵常侯の劉表・荘原侯の劉皐の兄。東平侯に封じられた。
  4. 劉慶 (南陵侯) : 趙の敬粛王の劉彭祖の子、廃太子の劉丹・頃王の劉昌・平干頃王の劉偃・尉文節侯の劉丙・封斯戴侯の劉胡傷・榆丘侯の劉受福・襄嚵侯の劉建・邯會衍侯の劉仁・朝節侯の劉義・東城侯の劉遺・陰城思侯の劉蒼・邯平侯の劉順・武始侯の劉昭・象氏節侯の劉賀・易安侯の劉平・柏暢戴侯の劉終古・歊安侯の劉延年・漳北侯の劉寬・南龻侯の劉佗の弟、鄗侯の劉舟・安檀侯の劉福・爰戚侯の劉當(劉当)・栗節侯の劉楽・洨夷侯の劉周舍・猇節侯の劉起・揤裴戴侯の劉道の兄。南陵侯に封じられた。
  5. 劉慶 (棘東侯) : 楚元王の劉交[1]の曾孫、棘東敬侯の劉調の孫、恭侯の劉応(劉應)の子。棘東侯となるが、嗣子がなく断絶した。
  6. 劉慶 (衆陵侯) : 長沙定王の劉発の曾孫、衆陵節侯の劉賢の孫、戴侯の劉真定の子。
  7. 劉慶 (夫夷侯) : 劉発の玄孫、夫夷敬侯の劉義の曾孫、頃侯の劉奉宗の子。
  8. 劉慶 (端氏侯) : 劉発の玄孫、舂陵節侯の劉買の曾孫、戴侯の劉熊渠の孫、孝侯の劉仁の子、康侯の劉敞[2]の同母弟、甘里侯の劉弘劉梁・順陽節侯の劉憲の兄、孝侯の劉順の父、劉遵の祖父、劉弇の曾祖父。廬江郡都尉に任じられた。族子の世祖光武帝劉秀)によって、燕王に封じられる。後に端氏侯に降格されて、後に誅殺された。「成武侯」と諡された。
  9. 劉慶 (清河王)粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の子、千乗貞王の劉伉[3]・江夏恭王の劉余劉餘[4]の弟、和帝(劉肇)・済北恵王の劉寿劉壽)・河間孝王の劉開・城陽懐王の劉淑・広宗殤王の劉万歳の兄、安帝(劉祜)・清河愍王の劉虎威・広川殤王の劉常保の父、順帝(劉保)の祖父、沖帝(劉炳)の曾祖父。清河王に封じられ、「孝王」と諡された。子が帝位に即くと、「徳帝」と追号された。
  10. 劉慶 (明) : 劉士能の孫、劉顕名の子、劉瑜の父。登州府寧海州文登県の人。
  11. 劉慶 (作家)中華人民共和国の作家。吉林省通化市輝南県の人。
  12. 劉慶 (陸上競技)中華民国台湾)の陸上競技のアスリート。

脚注[]

  1. 字は游。高祖劉邦の従弟、荊湣王の劉賈の異母弟。
  2. 城陽恭王の劉祉の父。
  3. 楽安夷王の劉寵(劉伏胡)の父、勃海孝王の劉鴻・平原哀王の劉得・清河恭王の劉延平兄弟の祖父、質帝(劉纉)・尉氏侯の劉蒜の曾祖父。
  4. 『後漢書』55巻「章帝八王伝」では、夭折したとされる平春悼王劉全。劉余=劉餘(劉全)自身は早世したが、その庶子の竟陵侯の劉某が益州牧の劉焉劉璋父子の祖となった。
Advertisement