日本通信百科事典
Advertisement

劉昌(りゅしょう)とは、の皇族・宗室かつ宗族および非皇族。複数ほど存在する。

  1. 劉昌 (麥侯) : 城陽頃王の劉延の子、敬王の劉義の弟、鉅合侯の劉発・昌侯の劉差・蕢侯の劉方・雩殷侯の劉澤・石洛侯の劉敬・扶浸侯の劉昆・吾挍侯の劉覇・朸侯の劉讓・父城侯の劉光・庸侯の劉譚・翟侯の劉寿劉壽)・鱣侯の劉応・彭侯の劉偃・瓡侯の劉息・墟水侯の劉禹・東淮侯の劉類・栒侯の劉買・涓侯の劉不疑の兄。麥侯に封じられた。
  2. 劉昌 (趙王) : 趙敬粛王の劉彭祖の次嫡子、廃太子の劉丹の弟、平干頃王の劉偃・尉文節侯の劉丙・封斯戴侯の劉胡傷・榆丘侯の劉受福・襄嚵侯の劉建・邯會衍侯の劉仁・朝節侯の劉義・東城侯の劉遺・陰城思侯の劉蒼・邯平侯の劉順・武始侯の劉昭・象氏節侯の劉賀・易安侯の劉平・柏暢戴侯の劉終古・歊安侯の劉延年・漳北侯の劉寬・南龻侯の劉佗・南陵侯の劉慶・鄗侯の劉舟・安檀侯の劉福・爰戚侯の劉當(劉当)・栗節侯の劉楽・洨夷侯の劉周舍・猇節侯の劉起・揤裴戴侯の劉道の兄、世宗武帝(劉徹)の甥、懐王の劉尊の父、哀王の劉高の祖父、共王の劉充の曾祖父、劉隠の高祖父。はじめは武始侯に封じられ、兄の太子丹にかわって趙の太子となった。「頃王」と諡された。
  3. 劉昌 (中山王) : 上記の趙王の劉昌の従弟で、中山靖王の劉勝の子、広望節侯の劉忠・将梁侯の劉朝平・薪館侯の劉未央・陸城侯の劉貞(劉真)・薪処侯の劉嘉・陸地侯の劉義・臨楽敦侯の劉光・東野戴侯の劉章・高平侯の劉喜・広川侯の劉頗・乗丘節侯の劉将夜・高丘哀侯の劉破胡・柳宿夷侯の劉蓋・戎丘侯の劉譲・樊輿節侯の劉脩・曲成侯の劉万歳・安敦于侯の劉伝富・安険侯の劉応・安道侯の劉恢・澎侯の劉屈氂の兄、康王の劉昆侈・劉長の父、 頃王の劉輔の祖父、憲王の劉福の曾祖父、懐王の劉脩(劉修)の高祖父。「哀王」と諡された。
  4. 劉昌 (魏其侯) : 上記の趙頃王の劉昌と中山哀王の劉昌の従弟、膠東康王の劉寄の子、哀王の劉賢・六安恭王の劉慶・臯虞煬侯の劉建の弟、祀玆侯の劉延年の兄、劉某の父。魏其侯に封じられて、「煬侯」と諡された。
  5. 劉昌 (南利侯) : 武帝の孫、広陵厲王の劉胥の子、孝王の劉覇・朝陽荒侯の劉聖・平曲節侯の劉曾の弟、高密侯の劉弘の兄。南利侯に封じられるが嗣子がなく、断絶した。
  6. 劉昌 (唐)の涇原節度使。
  7. 劉昌 (正統進士)の官僚。字は欽謨。呉郡呉県(現在の江蘇省蘇州市)の人。英宗の朱祁鎮の治世の進士。官職は広東参政までに至った。『中州名賢文表』を著している。
  8. 劉昌 (正徳進士) : 明の官僚。武宗の朱厚燳の治世の進士。
  9. 劉昌 (天啓進士) : 明の官僚。開封府祥符県(現在の河南省開封市)の人。熹宗の朱由校の治世の進士。官職は太子太傅までに至った。
  10. 劉昌 (清)の官僚。世祖順治帝(愛新覚羅福臨)の治世の進士。
  11. 劉昌 (中華人民共和国)中華人民共和国の高級将校。中国人民解放軍少将となった。
  12. 赫連昌 : 字は還国。漢姓名は「劉昌」あるいは「劉折」。トルコ系匈奴屠各(屠客)部鉄弗(赫連)氏族の夏漢の第2代目の皇帝。世祖武烈帝の赫連勃々(劉勃)の子。赫連璝(劉璝)・赫連延(劉延)の弟、赫連倫(劉倫)・赫連定(劉定)・赫連満(劉満)・赫連安(劉安)・赫連助興(劉助興)・赫連謂以代(劉謂以代)・赫連社干(劉社干)・赫連度洛孤(劉度洛孤)・赫連烏視抜(劉烏視抜)・赫連禿骨(劉禿骨)の兄。はじめは太原公に封じられ、父に廃嫡された長兄の大将軍である赫連璝が、新太子であるすぐ下の弟である酒泉公の赫連倫を殺害すると、すぐにこれを討ち取って、彼が太子となった。後に皇帝になると、同じトルコ系の鮮卑拓跋部の北魏(代魏)の世祖太武帝(拓跋燾)に都の統万城を陥落されて降伏した。まもなく彼は北魏の都の魏郡の平城に送られて、会稽王・王と改封を繰り返した。後に禍になると恐れた太武帝によって殺害された。弟の平原王の赫連定が後を継いだ。

関連項目[]

Advertisement