日本通信百科事典
Advertisement

劉欽(りゅうきん)とは、の皇族・宗室あるいは宗族および非皇族。約10名ほど存在する。

  1. 劉欽 (平度侯) : 菑川懿王の劉志の末裔、第5代の平度侯。
  2. 劉欽 (新市侯) : 広川穆王の劉斉の末裔。第3代の新市侯。
  3. 劉欽 (即来侯) : 城陽荒王の劉順の孫、即来節侯の劉佼の子。
  4. 劉欽 (溧陽侯) : 梁の敬王の劉定国の子、夷王の劉遂・貰郷侯の劉平・楽侯の劉義・中郷侯の劉延年・鄭頃侯の劉罷軍・黄節侯の劉順・平楽節侯の劉遷・菑郷釐侯の劉就・東郷節侯の劉方・陵郷侯の劉欣の弟、釐郷侯の劉固・高柴節侯の劉発・臨都節侯の劉未央・高質侯の劉舜の兄。溧陽侯に封じられた。
  5. 劉欽 (密郷侯) : 膠東頃王の劉音の孫、密郷頃侯の劉林の子。
  6. 劉欽 (桃山侯) : 城陽孝王の劉景の子、哀王の劉雲の弟。
  7. 劉欽 (淮陽王)中宗宣帝の劉詢(劉病已)の子、高宗元帝の劉奭の弟、楚孝王の劉囂・東平思王の劉宇・中山哀王の劉竟の兄、文王の劉玄・共楽侯の劉欣の父、某王の劉縯と外黄侯の劉圉・高陽侯の劉並・平陸侯の劉寵兄弟の祖父。「憲王」と諡された。
  8. 劉欽 (南頓県の令) : 南陽郡蔡陽県白水(舂陵)郷[1]の人。長沙定王の劉発の玄孫、舂陵節侯の劉買の曾孫、鬱林郡太守の劉外の孫、鉅鹿都尉の劉回(劉囘)の長子、趙孝王の劉良の同母兄、斉武王の劉縯[2]・魯哀王の劉嬉(劉仲)・世祖光武帝劉秀らの父。汝南郡南頓県[3]の令を務めたが、光武帝が10歳のときに逝去した。後に「光文帝」と謚を追号された(妻の樊嫺都は光文皇后)。
  9. 劉欽 (晋) : おそらく漢の宗族出身。末~(西晋)の部将。魏興郡太守となり、晋公の司馬昭太祖文帝)の命で、蜀漢に遠征した鍾会・鄧艾ら率いる軍勢を救援するために、別働隊を率いて子午谷を抜けて、漢中郡太守・黄金囲都督の柳隠が守備する居城を攻撃したが、柳隠の巧みな籠城で陥落できずに足止めされた。271年(泰始7年)正月にトルコ系匈奴屠各(屠客)部攣鞮(虚連題)氏族の右賢王の劉猛が反乱を起こしたため、并州刺史に累進した劉欽はこれを撃破した。
  10. 劉欽 (趙漢) : 上記の匈奴屠各部攣鞮氏族の左賢王の劉豹の子、江都王の劉延年劉淵趙漢高祖/太祖光文帝)の弟、安昌王の劉盛・魏成献王の劉雄の兄、汝陰王・劉景と安陽哀王・劉厲と西昌王・劉鋭と永安王・劉安国の父。安邑王に封じられた。

脚注[]

  1. 現在の湖北省襄陽市棗陽県
  2. 三国志』の『蜀書』先主伝によると、劉備の祖。
  3. 現在の河南省周口市項城県

関連項目[]

Advertisement