日本通信百科事典
Advertisement

劉淑(りゅうしゅく)とは、の皇族・宗室である。約3名ほど存在する。

  1. 劉淑 (城陽王)後漢粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の子、千乗貞王の劉伉[1]・江夏恭王の劉余劉餘[2]・清河孝王の劉慶・和帝(劉肇)・済北恵王の劉寿劉壽)・河間孝王の劉開の弟、広宗殤王の劉万歳の兄。城陽王に封じられたが、嗣子がなく懐王と謚されて、国は除かれた。
  2. 劉淑 (解涜亭侯) : 上記の河間孝王(清宗穆帝)の劉開の子、恵王の劉政・平原崇王[3]烈宗崇帝)の劉翼・安平孝王の劉徳の弟、仁帝の劉萇の父、霊帝劉宏の祖父、弘農懐王(少帝)の劉弁・愍帝献帝)の劉協の曾祖父。解涜亭侯に封じられた。孫の霊帝によって元帝(後元帝)と謚された。
  3. 劉淑 (仲承) : 字は仲承。河間郡楽成県[4]の人。前漢の河間文王の劉辟彊劉辟強)あるいは河間献王の劉徳の後裔といわれ、『五経』に通じた。威宗桓帝劉志)の勅命で、竇武・陳蕃とともに「三君」に選ばれて、顕官・尚書・虎賁中郎将を歴任した。宦官を嫌っていたために、讒言に遭って、霊帝の勅命で逮捕投獄されて、獄死を遂げた。

脚注[]

  1. 楽安夷王の劉寵(劉伏胡)の父、勃海孝王の劉鴻・平原哀王の劉得・清河恭王の劉延平兄弟の祖父、質帝(劉纉)・尉氏侯の劉蒜の曾祖父。
  2. 『後漢書』55巻「章帝八王伝」では、夭折したとされる平春悼王劉全。劉余=劉餘(劉全)自身は早世したが、その庶子の竟陵侯の劉某が益州牧の劉焉劉璋父子の祖となった。
  3. 後に都郷侯~蠡吾侯に降格された。
  4. 現在の河北省滄州市献県
Advertisement