日本通信百科事典
Advertisement

劉玄(りゅうげん)とは、の皇帝あるいは皇族・あるいは宗室(宗族)の姓名で、少なくとも数名ほど存在する。

  1. 劉玄 (淮陽王)中宗宣帝の劉詢(劉病已)の孫、高宗元帝の劉奭の甥、憲王の劉欽の子、劉縯の父。「文王」と諡された。
  2. 更始帝 : 姓は、諱は、字は聖公。南陽郡蔡陽県白水(舂陵)郷[1]の人。長沙定王の劉発[2]の末裔で、劉張(劉子張)の子、劉求・劉歆・劉鯉(寿光侯)の父、劉巡(求の子)の祖父、劉姚(巡の子)の曾祖父。後漢世祖光武帝劉秀)・斉武王の劉縯と魯哀王の劉仲(ともに光武帝の兄)と劉嘉らの族兄弟にあたる。自分に異を唱えた劉縯・劉稷(劉縯の親族)を処刑した。後に赤眉軍の部将のひとりの謝禄が、後難を恐れた更始帝の部将の張卭に唆され、謝禄は孫登の配下に命じて、更始帝は縊り殺された。その遺骸は同族の式侯・劉恭[3]によって丁重に埋葬された。
  3. 劉玄 (成蜀)蜀漢)の皇族である魯王・劉永の孫、父の名は不詳(おそらく王偏の字)、劉晨(劉咎)の父、劉臻の祖父、劉郁の曾祖父、劉安国の高祖父。西晋の『永嘉の乱』で、曾祖父・劉備の系統がトルコ系騎馬遊牧民族の匈奴鮮卑の軍勢に皆殺しされると、子の劉晨とともにチベット系氐族の成蜀前蜀)を頼った。従祖父の劉禅同様に安楽公に封じられた。後に成蜀が東晋に併呑されると、山陽公に封じられた。成都にて、孫盛と出会った。
  4. 慧沼 : 姓は劉氏、諱は玄[4]。漢の宗族の末裔にあたる[4]。祖籍は彭城郡彭城県[5][4]、本人は淄州(淄川郡)淄川県[6]の人。の僧侶で、法相宗の大師。

脚注[]

  1. 現在の湖北省襄陽市棗陽県
  2. 世祖景帝(劉啓)の第7子、世宗武帝(劉徹)の異母兄。
  3. 城陽景王の劉章の末裔。
  4. 4.0 4.1 4.2 『神塔碑』
  5. 現在の江蘇省徐州市周辺
  6. 現在の山東省淄博市淄川区

おん おん

Advertisement