日本通信百科事典
Advertisement

劉理(りゅうり)とは、の皇族・宗室かつ宗族である。約3名ほど存在する。

  1. 劉理 (新陽侯) : 鲁孝王の劉慶忌の孫、頃王の劉勁(劉封)の子、文王の劉畯・魯王の劉閔(郚郷侯)・建郷釐侯の劉康の弟、劉級の父。新陽侯に封じられて、「頃侯」と謚された。子の劉級が後を継いだが、漢を簒奪した王莽によって、廃された。
  2. 劉理 (甘陵王)後漢章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の曾孫、河間孝王(清宗穆帝)の劉開の孫、安平孝王の劉徳の子、 某王の劉続の弟、貞王の劉定の父、献王の劉忠の祖父、某王の劉某[1]の曾祖父。はじめは經侯に封じられ、後に甘陵王に昇格した。「威王」と諡された。
  3. 劉理 (安平王) : 蜀漢()の烈祖穆帝先主)の劉備の孫、安平湣王の劉公仲の子、哀王の劉胤・某王の劉輯(武邑侯)の父、殤王の劉承の祖父。妻は馬超の娘。若くして逝去した。「悼王」と諡された。

脚注[]

  1. 彼は、父の献王の劉忠の後を継いだが、191年に青州黄巾党によって惨殺され、甘陵威王の劉理の系統は断絶したという。

関連項目[]

Advertisement