日本通信百科事典
Advertisement

劉賜(りゅうし)とは、の皇族・宗室および宗族で、約3名ほど存在する。

  1. 劉賜 (衡山王)高祖劉邦の孫、淮南厲王の劉長の子、淮南煬王の劉安・済北貞王の劉勃の弟、東城侯の劉良(早世)の兄、劉爽・劉孝・劉広(劉広置)の父。はじめは陽周侯に封じられ、伯父の太宗文帝(劉恒)の勅命で、廬江王に封じられ、次兄の劉勃が衡山王から済北王に移封されたために、代わって衡山王の改封された。後に長兄の劉安の謀反に乗じて動き出したが、従子の世宗武帝(劉徹)によって露見されて自決し、息子たちも処刑された。父同様に「厲王」と諡された。
  2. 劉賜 (前漢) : 楚元王の劉交(劉邦の従弟、荊湣王の劉賈の異母弟)の後裔である宗正の劉辟彊の孫、陽城侯・劉向(劉更生)の子。劉伋の弟、劉歆の兄。
  3. 劉賜 (後漢) : 字は子琴。長沙定王の劉発成祖景帝(劉啓)の第7子)の庶子である舂陵節侯の劉買の末裔で、劉顕の弟、劉信の叔父、劉閔の父、同時に更始帝の劉玄と斉武王の劉縯光武帝劉秀の族兄弟にあたる。安成侯に封じられて、孝侯と諡された。

関連項目[]

Advertisement