日本通信百科事典
Advertisement

劉辟彊(りゅうへききょう)とは、の皇族・宗室。約2名ほど存在する。「劉辟疆」あるいは「劉辟強」とも呼ばれる。

  1. 劉辟彊 (河間王)高祖劉邦の孫、趙の幽王の劉友の次子、厲王の劉遂の弟、哀王の劉福の父。父が餓死して数年後に伯父の太宗文帝(劉恒)によって、河間王に封じられた。「文王」と謚された。
  2. 劉辟彊 (宗正) : 楚の元王の劉交(劉邦の従弟、荊の愍王の劉賈の異母弟)の孫、紅懿侯の劉富の子、懐侯の劉登の弟、陽城穆(繆)侯の劉徳の父、節侯の劉安民・劉向(劉更生)の祖父、釐侯の劉慶忌と劉伋・劉賜劉歆兄弟の曾祖父、劉岑と劉畳(伊休侯)・劉棻(隆威侯)・劉泳(伐虏侯)・劉愔兄弟の高祖父。宗正に任じられた。

関連項目[]

Advertisement