日本通信百科事典
Advertisement

劉遂(りゅうすい)とは、の皇族・宗室。約2名ほど存在する。

  1. 劉遂 (趙王)高祖劉邦の孫、太宗文帝(劉恒)の甥、趙の幽王の劉友の長子、河間文王の劉辟彊劉辟強)の兄。従兄の成祖景帝(劉啓)の皇室藩屏の諸侯王の圧迫政策に不満で、従父の呉の厲王の劉濞(代の頃王の劉喜劉仲)の長子)の造反の誘いを受けて、反乱を起こした(『呉楚七国の乱』)。しかし、景帝が派遣した酈奇(曲周侯)および、欒布(兪侯)らに攻撃され、城壁が陥落された際に火を放って妻子とともに自決を遂げた。「厲王」と謚された。
  2. 劉遂 (梁王) : 梁の孝王・劉武(文帝の子、景帝の同母弟)の末裔、敬王の劉定国の子、貰郷侯の劉平・楽侯の劉義・中郷侯の劉延年・鄭頃侯の劉罷軍・黄節侯の劉順・平楽節侯の劉遷・菑郷釐侯の劉就・東郷節侯の劉方・陵郷侯の劉欣・溧陽侯の劉欽・釐郷侯の劉固・高柴節侯の劉発・臨都節侯の劉未央・高質侯の劉舜溧陽侯の劉欽・菑郷侯の劉就の兄、荒王の劉嘉の父、煬王の劉立(劉永の父)・愍王の劉音の祖父。「夷王」と謚された。

関連項目[]

Advertisement