日本通信百科事典
Advertisement

加茂重長の肖像

加茂 重長(かも しげなが、? - 治承5年(1181年))は、平安時代末期の武将。美濃源氏に属する八島氏羽島氏)一門の美濃山田氏の一族で、加茂氏の祖。通称は六郎。

山田重直の子、重満(重光/重澄)・重親・重宗重義・重平(重衡)の弟、重秀(重季)・源頼家室の父。

脚注[]

父・重直より、美濃国加茂郡[1]を与えられて、その荘官となり、加茂氏と称した。

父祖に続いて、遠縁筋の河内源氏の嫡流の源家に臣従したと考えられ、源為義の8子の為朝(鎮西八郎)の娘を娶り、右兵衛尉に任命された。

重長の詳しい動向は不明であるが、治承5年(1181年)に、惣領家の美濃木田氏と甥の山田重忠重広)とともに『墨俣川の戦い』で、兄たちとともに参戦して、平重衡清盛の子)と激戦の末に捕虜となり、拘束された後に処刑されたという[2]

源為朝の娘との間に儲けた嫡子・重秀のほかに鎌倉幕府の第2代目将軍・源頼家の室となった娘を儲けており、彼女は公暁を儲けている[3][4]

なお、三河国足助氏は重長の後裔と自称(仮冒)した[5]

脚注[]

  1. 現在の岐阜県美濃加茂市
  2. 尊卑分脈』など。
  3. 『吾妻鏡』建保7年(1219年)1月27日条
  4. 『尊卑分脈』では禅暁も重長の娘の子であると記述している。
  5. 実際の足助氏は三河平氏に属して、長田氏尾張平氏)一門である(『古代氏族系譜集成』(宝賀寿男/古代氏族研究会/1986年)による)。

関連項目[]

先代:
山田重直
加茂氏初代当主
-
次代:
加茂重秀
Advertisement