日本通信百科事典
Advertisement

北畠家(きたばたけ け)とは、日本の氏族。村上源氏流久我家一門の中院家の庶家。約2系統が存在する。伊勢国を統治したために、公家としてさかえて伊勢源氏とも呼ばれた。

  1. 北畠家 (雅家流) : 中院雅家を家祖とする。南北朝時代には南朝に仕えた北畠親房顕家父子はこの系統である。戦国時代の具教の代に織田信長に滅ぼされた。一部は高家旗本として存続した。庶家に木造氏・星合氏・伊勢大河内氏・伊勢田丸氏・浪岡氏(奥州北畠家)などがある。
  2. 北畠家 (通城流) : 惣領家である久我家出身の北畠通城(久我維麿)を家祖とする。1871年(明治4年)に通城が北畠姓に改姓した。上記の一族を祀る霊山神社の宮司を務めた。

関連項目[]

Advertisement