日本通信百科事典
Advertisement

魯の公族系の叔孫通

叔孫通(しゅくそんつう、生没年不詳)は、前漢の政治家・儒者。本姓は、氏は叔孫、諱は。また、魯の公族出身のために別称、「魯通」とも呼ばれる。子は叔孫何。

王室の藩屏[1]である魯の桓公(姫允軌)の子、荘公(姫同)の異母弟の公子叔牙(叔孫氏)の末裔である。魯の大夫の孟孫氏(仲孫氏)[2]・季孫氏(叔仲氏)[3]は同族である(三桓氏)。

概要[]

叔孫通の肖像

魯郡薛県[4]の人で、若いころは儒者として名を馳せたため、始皇帝(嬴政)からの招聘を受け、古典の学識をいかして博士の候補者となった。

前209年秋7月に張楚隠王・陳勝[5]が、盟友の呉広と大沢郷[6]で蜂起すると、始皇帝の末子である秦の二世皇帝(胡亥)は儒者・博士たちを召し出して、陳勝の反乱の対策を問うた。

多くの儒者・博士たちは「ただちに討伐して壊滅すべきです!」と叫んだので、胡亥もそれに乗じて「即刻に反乱軍を鎮圧せよ!」と叫んで命じた。

すると、叔孫通ただひとりは「おのおの方のお気持ちはわかりますが、一時的な感情で惑わされてはなりません。今まで戦国七雄で分かれた大陸を統合し天下統一されたばかりの秦です。従来の各城壁を瓦礫化し、取り上げた兵具を溶かして、別の用具として製造し、二度と乱世の世にならないように先帝(始皇帝)は自ら示されました。現在は今上陛下(胡亥)の治世で、厳格な法律を敷いて参内する忠実な人物がいるのです。そんな完備した秦帝国に刃向かう連中は盗賊の類にすぎません。地域に派遣された中央の官僚たちがすぐに鎮圧するでしょう。皆様、どうか冷静になってくださいませ」と述べた。

これを聞いた胡亥は「なるほど…叔孫通の申す通りだ。のう、趙高よ?」と、実力者で郎中令の悪宦官・趙高に言った。趙高も「その通りでございます。陛下のご賢明な判断に感服いたしまする」と薄笑いながら諂っていった。

そこで、趙高は「反逆者は討伐すべきだ!」と叫んだ連中を投獄し、家族ごとに処刑を命じた。一方、叔孫通のような中立者には𥿻20疋と高価な衣類を賜り、博士に任命した。

しばらくして、叔孫通たちが退出すると、同僚のひとりは「貴公はようまあ、あの趙高に媚び諂いができますなあ…」と嘆息していった。すると、叔孫通は「ああしないと、あの趙高の逆鱗に触れて酷刑は免れないのですよ…」といった。

秦の首都・咸陽が安全な場所ではないと判断した叔孫通は口実をもうけて、郷里の薛県に家族と急いで帰郷した。そのころの貴族出身の武信君項梁項羽の叔父)は、范増の忠言で、楚の懐王心(義帝)を奉じて、薛県まで進撃した。これを聞いた叔孫通は項梁の軍門に降り、要領よく参謀のひとりとなった。

翌前208年に項梁が定陶で秦の章邯の襲撃で戦死すると、その甥の項羽の配下となり要領よくしたたかに生き延びたのである。しかし項羽は疑い深く、叔孫通は項羽に対して辟易した。

前205年夏5月に、項羽によって漢中王に左遷された劉邦が、上将軍・韓信の働きで連合軍を率いて、主君の義帝を弑した西楚覇王・項羽の居城である彭城を陥落すると、すかさず叔孫通は劉邦に帰順した。

以降から、叔孫通は人間的に愛嬌がある劉邦の臣下として仕えた。彼は儒者の長い衣類を着用していたが、劉邦が儒者嫌いのためあえて短衣装を着用して、劉邦の機嫌を取った。彼は彭城で劉邦に降伏した際に、百余人の弟子を率いていたが、叔孫通は劉邦の気持ちを読み取って、武勇に優れたものや追剥出身の屈強な人物を推薦した。

これに対して、叔孫通の弟子たちは「われらは先生に師事して数年になる。さいわい漢王(劉邦)のお仕えしておられる先生が、われらを推挙せず悪党連中を推薦ばかりしておられる!」と、不平不満を漏らした。

これを聞いた叔孫通はすぐに弟子たちを呼び出し「よいか!諸君たち、漢王は前線で項羽と激戦の最中なのだ。こんなときに豪傑を推挙しないでどうする?現在は諸君たちの出る幕ではないのだ。いずれ項羽が討ち取られたときに、泰平の世の中になったときに、かならずわしは諸君たちを要職に推挙すると約束する。そのときになるまで待っておくれ」と諭したのである。劉邦は叔孫通を漢の博士に任命して、稷嗣君に封じた。

前202年冬10月[7]、項羽が烏江で32歳で自決して果て西楚が滅んだ後に、叔孫通は定陶で劉邦の皇帝即位の儀式の段取りや専門用語を取りまとめた。同年春2月に天下統一した劉邦が前漢の太祖高帝高祖)として、洛陽で即位式を厳かに行ない、400余年続く漢帝国の誕生であった。

劉邦は、秦の過酷な法令の儀礼や法規を一切廃止し、簡便にした。しかし、ゴロツキ上がりが多い漢の将軍たちは、これをいいことに、朝廷で酒を痛飲し泥酔し自分の手柄を主張し、激論からはじまりしまいには剣で斬りつける無法状態であった。劉邦は、これを不快感に示して叔孫通を召し出した。

叔孫通はすかさず目を光らして「そもそも、儒教というのは乱世では機能がうまく発揮できませんが、泰平の世ではこれが巧く発揮できます。これは秩序をまとめるのに役立ち、幸いわたしの弟子たちがそれらを専門としており、彼らを召し出すと、御役に立ってご覧に入れることを保証いたしまする」と述べた。

劉邦は「君は儒者の国である魯の公族出身で、君の弟子も儀式に巧みな魯郡出身が多いことは聞いておる。しかし、君はわしは儒者嫌いであることは知っているはずだ。わしの意に添うことでないと実現はむつかしいと思うのだがのう…」といった。

しかし、叔孫通は「かつて古来の五帝・三王時代の儀式の音楽はそれぞれ異なり簡潔なものでございました。礼というものも時代や地域に差によっては華美だったり、質素となりうる異なるものでした。わが遠祖の周公(魯叔旦)も「夏殷周のさまざまな礼を前時代と比較して、儀式の増減を盛んに実施した」ことを基にして、同じことを繰り返したのではないことを示しております。つまり、わたしは古来の儀式と秦の儀式を合わせた儀式を創りたいと思うのですが、いかがでしょう…」といった。劉邦は「わしは儀式なるむつかしいことは、よくわからんが君に任せよう。誰にでも理解できるような…このわしでも実施できるような儀式を創ってみせよ!」と快諾したのである。

これを聞いた叔孫通は喜び勇んで、自分の弟子を率いて、郷里の薛県にむかって著名な学者数十人を招聘した。しかし、劉邦を嫌った儒者が数名おり、断固と叔孫通の招聘を拒否したのである。

これは理由があった。ある高名な儒者は「貴公は若いころは秦の始皇帝に仕えていた。しかし、二世皇帝と項梁・項羽の叔姪、さらに劉邦と主君を乗り換えたではないか。あなたの行為は儒者としては背いている」と批判したのである。

さらに「ただ、貴公のように有力者に媚び諂って、高い地位に昇った連中は多いだろう。やっと乱世が終息し、未だに戦乱で没した死者は埋葬さえできない状態で、戦傷者はまだ癒えてないのです。それなのに貴公は勃興したばかりの漢の世の中で、礼楽を実施しようとしている。そもそも礼楽とは君主が数代に及んで徳行を積み重ねないと実施できないものなのです。貴公のやり方は古来に背いている。さあ、お帰り願いたい。貴公と二度と顔も合わせたくない」と叫んだのである。

これを聞いた、叔孫通は「貴公らは哀れな旧然とした地方儒者ですな。まあここで好きにやってください。わたしはそこまで暇ではないので…ここで失礼する」と冷笑しながら、そのまま立ち去った。

叔孫通は招聘した、魯の儒者を劉邦に推薦して、簡潔な礼儀と秦の法令を合わせた儀礼を創らせ、実施させた。ある日、叔孫通は劉邦に視察をすすめ「その成果をご覧ください」と上奏した。新たな儀式を見た劉邦は「これなら、わしもわかり易い」と述べて、自分の臣下たちにもこの儀式を学ばせたという。

前201年、天下が安定していないという理由で、叔孫通の同僚の婁敬(劉敬)が「北方遊牧民族の匈奴トルコ系)の動向も気になるので、洛陽から長安に遷都することをお勧めいたします」と上奏し、劉邦は張良蕭何陳平らと建議を重ねて、遷都した。

やがて、翌前200年に劉邦が住居する長楽宮が完成し、冬10月に正月の儀式として行なわれた。謁者[8]が進行を取りまとめ、儀式に参加する諸侯も謁者の指示に従って、うやうやしく拝礼したのである。それに従わないものは御史[9]が諸侯のひとりずつ曳きたてて、抑留する厳格な法令が適用された。これを見た諸侯および皇族たちは恐縮したのである。

劉邦はこの結果に満足し、叔孫通を太常[10]に昇進させ、金五百斤を賜ったのである。

そのとき叔孫通は「これもわたしの弟子や、招聘した魯の学者たちが儀式に協力した成果です。どうか彼らを要職に就けるようにお願い申しあげます」と劉邦に上奏した。劉邦も「これも先生のおかげだ。よろこんで彼らを郎中[11]に任命しよう」と述べた。退出した叔孫通は金五百斤を全て弟子たちに授けた。弟子たちは「さすが、叔孫先生こそ真の聖人だ」と喝采したのである。

前198年、劉邦は叔孫通を太傅[12]に任命して、劉邦の次嫡子でもある太子の劉盈の教育係となった。

ところが、前195年夏5月に重病[13]となった劉邦は側室の戚貴人が産んだ14歳になる三男の劉如意(趙隠王)を太子に代える意向を大臣たちに伝えた。

これを聞いた太傅・叔孫通は上奏して「その昔、の献公(詭諸)は、長男の申生(恭太子)を廃し、寵愛する酈夫人が産んだ年少の子・奚斉を太子にしたため、国は乱れました。また、わたしがかつて仕えていた秦の始皇帝も長男の扶蘇を差し置いて、年少の子・胡亥を太子としたため、悪宦官の趙高の意中のままで、胡亥の異母兄の公子高や叔父の公子将閭[14]ら兄弟は全て死を賜り、生き残ったのは同じく異母兄の公子嬰[15]のみで、これが秦の滅亡を早める結果となりました。陛下のなされることも同様の道に辿るでしょう。それでも陛下が断行されるならば、このわたしは喜んで陛下に手討ちされて死にましょう」と、強く述べた。

さすがの劉邦も冷汗をかいて功臣の叔孫通に対してためらいを覚え「いやいや、冗談じゃ。これ以上申すな」と言った。さらに叔孫通は言った「太子は国の模倣なのです。けつして冗談では済まない問題なのです」と。劉邦は嘆息して「君が正しい」と述べて、奥に引っ込んだ。

それでも、劉邦は劉如意をあきらめずに、ついに太子の劉盈の生母・呂后(呂雉)は叔孫通と相談して、留侯の張良が推挙した4人の名士を太子近侍に据えさせた。劉邦はこの名士たち招聘したが拒否されたので驚愕し、ついに太子廃嫡の件は断念した。

同年夏5月に劉邦が62歳で崩御し、23歳になる太子の劉盈が即位した(恵帝)。恵帝は自分の教育係だった叔孫通を召し出し、「先帝(劉邦)の代に先生の儀式を受けた諸侯の子の代となり、時代も変わった。そこで先生をもとの太常に任命し、朕も含めた新世代のための儀式を取りまとめ、よく教育をしてほしい」と述べ、叔孫通は再び太常に任命された。

恵帝は長楽宮に住む生母の呂太后をよく訪問したが、大勢の行列を同伴した。そこで恵帝は長楽宮までの複道[16]の増築を命じた。これを聞いた老いた叔孫通は急いで参内し上奏した。「陛下は何ゆえ複道を増築させるのですか?漢王朝は先帝が築いた国であって、次代の陛下がかつて先帝の寝台があったところの上を歩く複道を利用するのはもっての他です」といった。これを聞いた慈悲深い恵帝は「これは…朕の誤りであった。すぐに中止させよう」と悟っていった。

引き続き叔孫通は「多くの臣民に慕われる陛下には二度と過ちをおかさないことを申し上げます。複道はそのままにして、渭水の北方に原廟(劉邦の廟)を新たに建てて、ご父祖の廟をより多く広く使用することは道理にかなっております」と、述べた。

同時に恵帝は毎年春に離宮でよく過ごした。老叔孫通は再び「古来には春に果物を捧げる儀式がございました。ちょうど桃が旬の季節でありますから、それを供えるとよいでしょう」と進言した。恵帝はこれを聞き届け、以降からアジア圏の果物のお供え物の風習はここから始まったという。

まもなく、叔孫通は恵帝の御世に老齢のために逝去し、子の叔孫何が稷嗣君として後を継いだ。以降の叔孫通の子孫の動向は未詳である[17]

司馬遷は、老子(李耳)の言葉を引用しながら「(叔孫通は)大直は屈せるが若(ごと)く[18]、路は固(もと)より委蛇(いい)たり」と評し、さらに「叔孫通は時代に合わせた処世法に巧みで、物事をよく読み、漢王室の儒者の宗家としての地位を確立したのである[19]」と述べている。

脚注[]

  1. 王室を支える王族のこと。
  2. 魯の公子慶父を祖とする。
  3. 魯の公子季友を祖とする。
  4. 現在の山東省滕州市
  5. または張渉とも。
  6. 現在の安徽省宿州市の東南部
  7. 当時は冬10月が正月であった。前漢の世宗武帝(劉徹)の代以降から、正月は春1月となった(の司馬貞の『史記索隠』が引く『竹書紀年』)。
  8. 取次役のこと。
  9. 監察官のこと。
  10. 宗廟の祭祀儀礼担当長官。
  11. 宮中侍従官のこと。
  12. 太子教育侍従長官。
  13. 前196年秋7月に淮南王・黥布(英布)討伐の際に矢傷の重傷が原因である。
  14. 荘襄王の庶子、始皇帝の異母弟。
  15. 三世皇帝、扶蘇の同母弟の説もある。
  16. 2階建ての廊下のこと。
  17. 異説として、魯粛は叔孫通の後裔であるという(『元本』(『元大徳九路本十七史』))。
  18. 真っ直ぐなものは却って曲がりくねって見える、という意味。
  19. そのことは叔孫通が魯の周公旦の末裔の所以があろうと思われる。

関連項目[]

参考文献[]

  • 史記列伝』:劉敬(婁敬)・叔孫通伝
  • 『漢書』:叔孫通伝
Advertisement