日本通信百科事典
Advertisement

因幡源氏(いなばげんじ)とは、因幡国を本拠地とした陽成源氏河内源氏)流の系統。約2系統がある。

  1. 山名氏足利氏下野源氏)一門義清流義範を祖とする系統の上野源氏上野国多胡郡山名郷(現在の群馬県高崎市北部)を拠点とする。惣領家の足利氏に従い四職となる。時氏の代に因幡守護として、因幡国を拠点とする。
  2. 得川氏新田氏(上野源氏)一門世良田義季義季流世良田氏の祖)を祖とする。上野国新田荘世良田郷(現在の群馬県太田市世良田町)を拠点とする。曾孫の義政が同族の足利氏を中心とする北朝方に従いて、上総国守護となった。この系統は上記の同族の山名氏が因幡国守護として赴任すると家老として同伴して、因幡得川氏(因幡森本氏)の祖となり、同国邑美郡(現在の鳥取県鳥取市/岩美郡)を拠点とした。

関連項目[]

Advertisement