日本通信百科事典
Advertisement

土岐光政(空然入道)と正室(蜷川親順(ちかより)の娘)の肖像

土岐 光政(とき みつまさ、生没年不詳)は、戦国時代の武将。通称は石谷孫太郎、法名は空然入道

土岐氏美濃源氏)一門の土岐国衡(石谷冠者)・親衡・頼氏の3代の後裔で、石摂頼辰室・長宗我部元親室の父。

概要[]

遠祖の国衡は、美濃国方県郡石谷郷[1]を拠点として、地頭職に就いていた。

後に碓井姓鎌倉氏流相模長江氏の系統の美濃長屋氏一門が、土岐氏惣領家の命で石谷郷を拠点に定めて、美濃石谷氏と称したので、国衡の系統は京に移住して、遠縁筋の足利将軍家の奉公衆として、仕えていた。

光政は将軍の足利義輝義照)の近侍として仕えていた。彼は嗣子がなかったので、美濃国守護代である藤原北家利仁流斎藤氏一門の斎藤利賢の庶長子の孫九郎[2]を婿養子に迎えて、「石摂頼辰」と改称させた。

永禄6年(1563年) に、正室の従兄である蜷川親長の仲介で、土佐国の秦姓長宗我部氏の当主の長宗我部元親に娘を与えた。

永禄8年(1565年)に、将軍の義輝が山祇(やまつみ/やますみ)姓久米氏の一門の三好長慶の家老の松永久秀ら三好三人衆に弑されたことから、女婿の長宗我部元親を頼って土佐国に逃れた。以後は、女婿の元親の客将として仕えて、同族の明智光秀の家臣となった婿養子の石谷頼辰を介して、織田信長との取次役を務めた。

没年は不詳であるが、天正12年(1584年)に、彼の名が記されていることから、その頃には生存が確認できる[3]

脚注[]

  1. 現在の岐阜県岐阜市石谷大字
  2. 同族の明智光秀の家老の斎藤利三・斎藤三続(みつつぐ)の異母兄。
  3. 『石谷家文書』付の細川信良(のぶなが、昭元/信元とも、元勝の父)の書状より。

関連項目[]

  • 美濃石谷氏碓井姓鎌倉氏流相模長江氏の系統の美濃長屋氏一門。
  • 石摂頼辰
Advertisement