日本通信百科事典
Advertisement

大崎氏(おおさきし)とは、日本の氏族。約6つほどの系統が存在する。美作国石見国肥前国などの異流も多い。

  1. 大崎氏 (陸奥国)奥州大崎氏源姓大崎氏とも呼ばれる。足利氏下野源氏)流斯波氏奥州源氏)一門で、大崎家兼を祖とする。陸奥国玉造郡岩出山郷大崎村[1]を拠点とした。庶家に最上氏[2]塩松氏[3]奥州古川氏などがある。
  2. 大崎氏 (常陸国)常陸大崎氏とも呼ばれる。物部姓十市氏流中原氏一門の宇都宮氏の庶家。本貫は不詳。
  3. 大崎氏 (下総国)下総大崎氏とも呼ばれる。丹姓平氏忠常流千葉氏房総平氏)一門といわれる。下総国香取郡大崎郷[4]を拠点とした。
  4. 大崎氏 (伊予国)伊予大崎氏とも呼ばれる。物部姓伊予越智氏一門の伊予橘氏の庶家。伊予国新居郡大崎郷[5]を拠点とした。同族に伊予大野氏があった。
  5. 大崎氏 (土佐国)土佐大崎氏とも呼ばれる。秦姓長宗我部氏一門といわれる。土佐国吾川郡大崎郷[6]を拠点とした。
  6. 大崎氏 (日向国)日向大崎氏とも呼ばれる。上記と同じく秦姓惟宗氏流島津氏一門の新納氏の庶家。日向国諸県郡大崎郷[7]を拠点とした。

脚注[]

  1. 現在の宮城県大崎市岩出山地区
  2. 庶家に最上氏系の天童氏後天童氏とも呼ばれる。庶家に出羽上山氏(庶家に出羽武衛氏がある))・出羽黒川氏・東根氏・鷹巣氏・中目氏・出羽中野氏・楯岡氏・山野辺氏・鮎貝氏・松根氏・成沢氏(庶家に出羽清水氏がある)・出羽大山氏・上野山氏がある。
  3. 後に同族の下野石橋氏一門の治義が婿養子となったことで、下野石橋氏一門となった。
  4. 現在の千葉県香取市大崎大字
  5. 現在の愛媛県西条市大崎ヶ鼻
  6. 現在の高知県吾川郡仁淀川町大崎地区
  7. 現在の鹿児島県曽於郡大崎町

関連項目[]

Advertisement