日本通信百科事典
Advertisement

大野氏(おおのし)とは、日本の氏族。約複数の系統が存在する。

  1. 大野氏 (源氏)源姓大野氏とも呼ばれる。陽成源氏一門で、約2系統が存在する。
  2. 大野氏 (上野国) : 「上野大野氏」とも呼ばれる。藤原北家秀郷流後藤氏の庶家で、上野国吾妻郡山田郷大野村[1]を拠点とした。同族に常陸太田氏藤姓太田氏/常陸藤原氏)・上野斎藤氏(岩櫃斎藤家/吾妻斎藤家)・上野中山氏・荒牧氏・上野山田氏・上野富沢氏(上野冨澤氏)・唐沢氏などがあった。
  3. 大野氏 (武蔵国)武蔵大野氏とも呼ばれる。丹姓一門で、秩父氏と同族である。武蔵国秩父郡大野郷[2]を拠点とした。
  4. 大野氏 (相模国)相模大野氏とも呼ばれる。武蔵七党の小野姓横山氏一門。相模国高座郡上鶴間郷大野村[3]を拠点とした。
  5. 大野氏 (尾張国)尾張大野氏とも呼ばれる。尾張国葉栗郡大野郷[4]を拠点とした。系統不詳の石清水八幡宮の祀官出身の大野治定を祖として、その子の定長・治久[5]を経て、孫の治長(定長の子)が著名である[6]
  6. 大野氏 (丹後国)丹後大野氏とも呼ばれる。丹後国中郡大野郷[7]を拠点とした[8]。系統は不詳である。
  7. 大野氏 (伊予国)伊予大野氏とも呼ばれる。物部姓伊予越智氏一門の伊予橘氏の庶家。伊予国喜多郡大野郷[9]を拠点とした。同族に伊予大崎氏があった。
  8. 大野氏 (豊後国)豊後大野氏とも呼ばれる。豊後国大野郡大野郷[10]を拠点とした。豊後大神氏一門で、大神維基[11]の子の大野維政(政基)[12]を祖とする。通字は「」。

脚注[]

  1. 現在の群馬県吾妻郡吾妻町山田大字大野地区
  2. 現在の埼玉県比企郡都幾川村大椚大字大野地区
  3. 現在の神奈川県相模原市南区相模大野地区
  4. 現在の愛知県一宮市浅井町瑞穂大字大野地区
  5. 治実の父、長治の祖父、治次の曾祖父、光治の高祖父。
  6. 『尾張郡書系図部集』
  7. 現在の京都府京丹後市大宮大字大野地区
  8. 『宮津府志』
  9. 現在の愛媛県喜多郡内子町大野大字
  10. 現在の大分県豊後大野市周辺
  11. 大神良臣の孫、大神庶幾(これちか)こと維幾の子。
  12. 高千穂維次(政次)・阿南維秀・種田維平の弟、臼杵維盛の兄。
Advertisement