日本通信百科事典
Advertisement

奥州源氏(おうしゅうげんじ)とは、源氏村上源氏陽成源氏河内源氏))流の系統で、陸奥国を本拠とした氏族の総称である。陸奥源氏とも呼ばれる。

  1. 南部氏甲斐源氏一門の加賀美遠光の第3子の光行を祖とする。甲斐国巨摩郡南部郷(現在の同県南巨摩郡南部町)を本拠地とした。後に陸奥国糠部郡三戸郷(現在の青森県三戸郡三戸町)を本拠地とした。庶家は久慈氏(庶家に大浦氏・西舘氏・摂待氏など)・石亀氏・毛馬内氏・千徳氏・奥州今井氏・奥州西氏・奥州東氏・奥州北氏・奥州南氏・一戸氏・二戸氏・三戸氏・四戸氏・五戸氏・六戸氏・七戸氏・八戸氏・九戸氏・十戸氏・信濃青柳氏[1]などがある。
  2. 斯波氏足利氏下野源氏)一門。陸奥国紫波郡斯波郷(現在の岩手県盛岡市斯波大字)を拠点とした。嫡流に尾張武衛氏尾張源氏[2]が、庶家に天童氏(前天童氏)[3]下野石橋氏(塩松氏)[4]奥州大崎氏[5]などがある。
  3. 二本松氏奥州畠山氏とも呼ばれる。上記とおなじく足利氏一門の源姓畠山氏武蔵源氏)の庶家。陸奥国安達郡二本松郷(現在の福島県二本松市)を拠点とした。庶家に庶家に奥州杉田氏(鹿子田氏)・奥州本宮氏・奥州高倉氏・奥州早川氏・新城氏(椚山氏)・高玉氏があった。
  4. 渋川氏奥州渋川氏/会津渋川家とも呼ばれる。上記の畠山氏流上野渋川氏の庶家で、おなじく二本松氏の同族。後に蘆名氏(碓井姓三浦氏一門の佐原氏の庶家)によって、滅ぼされている。
  5. 吉良氏奥州吉良氏とも呼ばれる。上記とおなじく足利氏一門で、東条吉良家東條吉良家)から分かれた三河蒔田氏(三河源氏)の直系。奥州探題をつとめた。庶家に武蔵吉良氏(武蔵源氏)があった。また、江戸時代義央流上杉吉良家もあり、現在の邦憲の代までに至っている。
  6. 石塔氏石堂氏ともよばれる。上記とおなじく足利氏一門。足利泰氏の孫で、相義(すけよし)の子の頼茂を祖とするが、発祥地は陸奥国のいすれかは未だに判明されていない。
  7. 上記とおなじく足利氏一門。足利基氏を祖とする足利公方家鎌倉足利家)の庶家で、足利満直を祖とする。同族に古河足利家(下総古河氏)・小弓氏[6]があった。篠川足利家とも呼ばれ、陸奥国安積郡篠川郷(現在の福島県郡山市篠川大字)を拠点とした。
  8. 上記とおなじく足利氏一門。足利公方家(鎌倉足利家)一門の足利満直の弟の足利満貞(満家[7]を祖とする。稲村足利家とも呼ばれ、陸奥国岩瀬郡稲郷(現在の福島県須賀川市稲御大字)を拠点とした。
  9. 細川氏奥州細川氏/桜谷細川家とも呼ばれる。上記とおなじく足利氏一門。京兆細川家の庶家である。細川元明(元勝(頼範)の子)を祖とする。
  10. 梁田氏奥州梁田氏とも呼ばれる。上記とおなじく足利氏一門の梁田義長義良)流で、戦国時代に同族の斯波氏一門の高水寺氏の家老の梁田詮泰(大学頭)が輩出した。詮泰は、主君の高水寺詮直(詮基/詮元)[8]の統率力に欠けた惰弱ぶりに不安を抱き、岩清水義教とともに反旗を翻して、上記の遠縁筋の南部氏を頼った。
  11. 浪岡家奥州北畠家とも呼ばれる。公家貴族の北畠家一門。陸奥国津軽郡浪岡郷(現在の青森県つがる市浪岡大字)を拠点とした。庶家に秋田家・山崎家・水木家などがあった。

脚注[]

  1. 同族の小笠原氏流信濃麻績氏(信濃小見氏)一門、あるいは安曇姓仁科氏一門などの説もある。
  2. 庶家に尾張津川氏越前大野氏・高水寺氏(庶家に鞍谷氏がある)・末野氏・今立氏・越前五条氏(越前五條氏)・千福氏・越前奥田氏・越後堀氏などがある。
  3. 直系に里見天童家常陸源氏)がある。後に最上氏の系統が家督を継いだ。
  4. 庶家に塩松氏(もともとは奥州大崎氏の庶家)がある。
  5. 庶家に最上氏(庶家に最上氏系の天童氏(後天童氏とも呼ばれる。庶家に出羽上山氏(庶家に出羽武衛氏など)など)・出羽黒川氏・東根氏・鷹巣氏・中目氏・出羽中野氏・楯岡氏・山野辺氏・鮎貝氏・松根氏・成沢氏・出羽大山氏・上野山氏など)・奥州古川氏など。
  6. 庶家に喜連川氏・上総宮原氏があった。
  7. 満房の父、満秀の祖父。
  8. 上記の奥州大崎氏一門の高水寺詮真の子、詮種・詮盛の父、詮国(詮盛の子)の祖父、行詮・義眞(よしなお)の曾祖父。

関連項目[]

Advertisement