日本通信百科事典
Advertisement

安芸源氏(あきげんじ)とは、鎌倉時代安芸国を拠点とした陽成源氏河内源氏)流の義光流の系統。約2系統ほどある。

  1. 武田氏 : 「安芸武田氏」とも呼ばれる。常陸源氏および甲斐源氏の嫡流である武田氏の分家で、庶家には若狭武田氏などがある。毛利氏と戦うが、光広(別称は信繁、元繁の孫、光和の甥、繁清の子)の代に滅ぼされた。安国寺恵瓊(辰王丸/瑶甫恵瓊)は光広の子である。
  2. 小早川氏信濃源氏平賀氏の当主の平賀義信の末子の小早川景平を祖とする。戦国時代の興景の代に嗣子がなく、毛利氏から隆景毛利元就の三男)を養子に迎えて、このため源姓小早川氏は断絶した。庶家に赤川氏・備後杉原氏・草井氏・椋梨氏・梨羽氏・乃美氏・浦氏・生口氏・安芸小泉氏・裳懸氏などがあった。

関連項目[]

Advertisement