日本通信百科事典
Advertisement

佞臣による冤罪で非業の死を遂げた寇栄

寇栄(こうえい、? - 164年12月)は、後漢)の政治家。字は不詳。元勲で「雲台二十八将」のひとりである寇恂(雍奴威侯)の曾孫[1]で、祖父と父の名は不詳、寇寵の父[2]寇猛の祖父[2]。「寇榮」とも呼ばれる。

寇栄の従孫娘は漢王室の威宗桓帝劉志)の側室、寇栄の従兄の子は益陽長公主[3]を妻にするなど、皇室と深い縁戚関係にあったが、政敵の讒言により誅殺された。

概要[]

彼の伝記は『後漢書』寇栄伝および『後漢紀』と『東観漢記』に述べられている。

上谷郡昌平県[4]の人で、若いころから剛直の士として名を轟かせて、清廉潔癖な性格のために多くの人と交わるのを好んだ。若くして孝廉に推挙されて朝廷に仕えて、侍中まで累進した。

寇栄の祖父(寇恂の末子)は、枝江侯に封じられて南郡枝江県[5]を統治した。

しかし、寇氏一族はが外戚として繁栄するのを妬んだ大臣たち[6]や宦官たち[7]は、寇栄を讒訴したため、寇栄をはじめとする寇氏一族は、すべてが免職されてしまい、帰郷する結果となった。

さらに、昌平県の官吏が寇氏一族を執拗に追及したので、これを恐れた寇栄は摘発されないように上京して、上訴をしようとした。しかし、158年に政敵である幽州刺史の張敬が、「やつら一族は無断で匈奴トルコ系)を頼って、逃亡を企んでおった」と称して、寇栄ら寇氏一族を逮捕投獄した。

それまで寇栄は、数年間も下野しながら、恩赦を頼ったが、許されなかったので困窮し、郷里の上谷郡の軍都山に隠棲しながら、桓帝に「陛下の御役割は、秩序を保ち周りを円滑される法令をなされることです。しかしながら、わたくしの一族は、政敵に讒言されてしまいました。わたくしは死を賭けて、弁明を申し上げまする」と、上奏書を続けた。

引き続き、「幽州刺史・張敬は、宦官と組んで媚びるような佞臣で、司隸校尉・応奉、河南尹・何豹、洛陽令・袁騰らも同様で、政敵に対して罪の重軽を問わずに憎悪の感情に任せて、冤罪による重罪に陥れるような輩であります。現在は、冤罪による処刑が頻繁におこなわれております。要するに亡者の死骸を暴くように、無罪の人々が罰せられる低俗な状況です。それゆえにわたくしも山中に隠棲しました。このわたくしが冤罪の罰を受けて、3度ほど恩赦があるも、許されませんでした。陛下、わたくしの叫びをお聴き届けてくださいませ」やさらに「低俗な宦官の連中が冤罪によってこのわたくしを陥れました。どこに根拠があるのでしょうか?陛下による公平適正なご裁断をお願い申しあげまする」と述べた内容であった。その後、寇栄は張敬に捕らわれたのである。

桓帝は、寇栄の上奏書を見て激怒した。これを見た寇栄を快く思わないある宦官は「寇栄は外戚の立場で傲慢に上奏書を差し出して、浮かれておるのです。ただちに張敬に命じて族滅する必要がありまするぞ」と桓帝に上奏したので、桓帝は張敬に寇栄一族の誅殺を厳命した。

そのために、寇栄とその子の寇恢をふくむ家族および一族は張敬によって処刑されて、晒し首となった。164年12月のことであった[8]。そのため、寇栄の曾祖父の寇恂以来から栄華を極めた寇氏は没落貴族として零落してしまった。ただし、孫の寇猛は年少のために助命され、彼の後裔は南北朝時代北魏まで在続した[2]

『後漢紀』の著者である東晋の袁宏は寇栄についてこう述べている「寇栄は、冤罪による非業の死を遂げた哀れな人物だ。その寇栄でさえも天命はあるのだ。目先の出来事に捉われず、事が起きても天を怨まず、冷静になるべきだ。例え冤罪によって誅されても、悲しむ必要はない」…と。『後漢書』の著者の范曄も「袁宏のいうことはもっともだ」と、述べている。 異説では、若き冀州刺史・劉焉[9]が張敬に取りなして、生き残った寇氏一族のひとりで、助命されたとされる寇栄の孫娘(寇猛の姉妹、あるいは従姉妹か族姉妹とも)[10]が寇栄と親交があった後漢の宗族[11]の東郡范県の令の劉雄[12]の孫で、地方官僚の劉弘の子である劉備に嫁いだ寇氏[13]であり、その間の子が劉封といわれる[14]

同時に寇氏は祖父の寇栄の事項をはばかって、姓を「鴻氏」に改姓したという[15]

脚注[]

  1. 寇恂の末子の孫にあたる。
  2. 2.0 2.1 2.2 北魏書』・『北史』巻27列伝第15・『元和姓纂』が引く『寇臻墓志』・趙超『漢魏南北朝墓志滙編(漢魏南北朝墓志彙編)』(天津古籍出版社/1992年)。
  3. 彼女は桓帝の妹にあたる。
  4. 現在の河北省北京市昌平区
  5. 現在の湖北省宜昌市枝江県周辺
  6. 諸葛亮の祖父(諸葛玄の父?)も含むという。
  7. 曹操の養祖父の大秋長・曹騰(高帝)も含まれ、はじめは寇栄と円満関係にあった。
  8. 寇栄は、延熹元年すなわち158年に誅殺されていたとの説もあり、混同され易い。
  9. 後漢の粛宗章帝(劉煊/劉烜/劉炟)の子・江夏恭王の劉余(『漢書』王子侯表では平春悼王・劉全)の末裔で、竟陵侯出身という。
  10. または、寇栄の娘が羅侯の劉囂に嫁いで、その間の子が樊城県の令の劉泌(寇泌)であり、その劉泌と甘夫人との間の子が劉封で、劉禅らの異父兄とする説もある。
  11. 斉武王・劉縯の系統(『典略』)。
  12. 父の劉冀から受け継いだ爵位は武邑亭侯というが、永建年間(126年~132年)に従兄の臨邑侯の劉貞の朝廷への酎金を怠った過度に連座されて、爵位を剥奪されたという。
  13. 寇栄の子の寇寵の娘、劉備の先妻で姉さん女房という。
  14. 元本』(『元大徳九路本十七史』、元の大徳10年に池州路儒学によって刊行された『三国志』関連文献書)より。
  15. このことに関して、諸葛亮と陳寿はこの事項を触れずに同時に改竄して、寇栄の外曾孫とされる劉封を「羅侯・寇氏の子、長沙郡の劉氏の甥、劉備の養子」と片付けた要因がここにあると思われ、中華民国の『三国志集解』の盧弼もそのままにしたと思われる。

関連項目[]

Advertisement