小林 公夫(こばやし きみお、1956年 - )は、日本の作家、法学者。一橋大学博士。血液型は不明。代表作は「『勉強しろ』と言わずに子供を勉強させる法」で、当該「勉強しろ」シリーズは類計で約25万部に達するベストセラーとなった。

概要[編集 | ソースを編集]

東京都中野区出身。父親は法務省矯正局に勤務する国家公務員で、本人が幼少時から全国を転勤して回る生活であった。

そのため、東京都、札幌市横浜市仙台市宇都宮市長野県千葉県熊本県など北から南まで、転居する生活を続けた。

大学入学時は、文京区西片に居を構え、横浜の大学まで年に数回通学し、大学卒業後は千代田区に本社を置く出販社に勤務し、その後、長く出身地である東京の中野区で暮らした。出販社在職時は、雑誌の芸能デスク、美容デスクなどを担当し、その後広告企画室に異動し、様々な広告企画を立案した。中でも、有楽町西武に雑誌の記事を再現するという奇抜な企画は、多くのスポンサーの支持を得て成功をおさめ、翌年1月に特別功労賞(石川晴彦社長賞)を受賞した。当時、

40代の会社の先輩から、この賞を受賞すると、会社を辞めるか、病死するとの言い伝えがあると聞き、どちらかを選択せざるを得なくなった。受賞後数年で退職した理由にはこういう事情が存在した。だが、本人の退職後、この出版社は、創業者の家系(石川家)以外でも社長になる道が開かれ、社長賞を受賞した先輩2名が続けて代表取締役社長に就任した。

学問に対する姿勢[編集 | ソースを編集]

小中高と転校ばかりで、落ち着いて学んだ記憶がない。そのため、この傾向は大学、大学院での学びにも現れた。人から教えられる、学ぶということに不慣れで、現在の指導科目である、数学、英語、生物学、法学のいずれもほぼ独学で学び通した。学位は法学博士号を一橋大学で取得するが、公法分野の教授の講義とゼミ以外はほぼ出席していない。

また大学院では、司法試験予備校で忙しく働きながらの学びであり、専業学生のように十分に通学時間がとれなかった。

文献リスト[編集 | ソースを編集]

【図書】[編集 | ソースを編集]

  • 『一般教養の天才 2016年採用版』(早稲田経営出版/2014.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『出るとこだけ!一問一答 一般常識&最新時事 ’16』(高橋書店/2014.7)
  • 『公立中高一貫校』(筑摩書房/2013.12/ちくま新書)
  • 『一般教養の天才 2015年採用版』(早稲田経営出版/2013.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『子供のための苦手科目克服法―小学校の勉強から中学受験まで』(PHP研究所/2013.1/PHP新書)
  • 『小論文・面接対策に役立つ時事問題75』(エール出版社/2013.8)              
  • 『出るとこだけ!一問一答一般常識&最新時事 2015』(高橋書店/2013.7)
  • 『医学部入試小論文集中講義』改訂5版(エール出版社/2013.3)
  • 『医学部入試適性検査・集団討論集中講義―小林公夫の集中講義』増補改訂版(エール出版社/2013.3)
  • 『エンタメ一般教養 2014年採用版』(早稲田経営出版/2013.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『一般教養の天才 2014年採用版』(早稲田経営出版/2012.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『医学部入試面接集中講義―小林公夫の集中講義』改訂3版(エール出版社/2012.9)
  • 『出るとこだけ!一問一答一般常識&最新時事 ’14』(高橋書店/2012.7)
  • 『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる言葉』(PHP研究所/2012.3/PHP新書)
  • 『受験指導の超プロが教える勉強ができる子』(三笠書房/2012.2)
  • 『エンタメ一般教養 2013年版』(早稲田経営出版/2011.12/マスコミ就職シリーズ)
  • 『高学歴な親はなぜ子育てに失敗するのか』(中央公論新社/2011.11/中公新書ラクレ)
  • 『一般教養の天才 2013年版』(早稲田経営出版/2011.1)
  • 『考える「時事問題」厳選60 2012年版』(早稲田経営出版/2011.6)
  • 『出るとこだけ!一問一答 一般常識&最新時事 ’13』(高橋書店/2011.6)
  • 『本物の医師になれる人、なれない人』(PHP研究所/2011.6/PHP新書)
  • 『でる問を丸暗記!!医学部入試生物集中講義』(エール出版社/2011.2/小林公夫の集中講義)
  • 『医学部入試小論文集中講義』改訂4版(エール出版社/2010.11/小林公夫の集中講義)
  • 『医学部入試面接集中講義』改訂新版(エール出版社/2010.11/小林公夫の集中講義)
  • 『エンタメ一般教養 2012年版』(早稲田経営出版/2010.11/マスコミ就職シリーズ)
  • 『「頭が良い子」の親がやっていること』(大和書房/2010.9)
  • 『一般教養の天才 2012年版』(早稲田経営出版/2010.9/マスコミ就職シリーズ)
  • 『一問一答 一般常識&最新時事―出るとこだけ! /2012』(高橋書店/2010.6
  • 『考える「時事問題」厳選60 2011年版』(早稲田経営出版/2010.6)
  • 『中学受験に合格する子の親がしていること』(PHP研究所/2010.6/PHP新書)
  • 『SPI2能力検査即解法 2012年版』(早稲田経営出版/2010.5/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『東大生・医者・弁護士になれる人の思考法』(筑摩書房/2010.5/ちくまプリマー新書)
  • 『エンタメ一般教養 2011年版』(早稲田経営出版/2009.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『一般教養の天才 2011年版』(早稲田経営出版/2009.9/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『考える「時事問題」厳選60 2010年版』(早稲田経営出版/2009.7)
  • 『出るとこだけ!一問一答一般常識&最新時事 /2011』(高橋書店/2009.6)
  • 『難関中学の社会 これだけやればラクラク合格!!改訂新版』(エール出版社/2009.6/中学受験の天才シリーズ)
  • 『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』(PHP研究所/2009.6/PHP新書)
  • 『一般教養の天才 2010年版』(早稲田経営出版/2008.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『SPI2能力検査30秒即解法 2010年版』(早稲田経営出版/2008.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『エンタメ一般教養 2010年版』(早稲田経営出版/2008.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『出るとこだけ!一問一答 一般常識&最新時事 2010』(高橋書店/2008.7)
  • 『医学部入試面接集中講義―小林公夫の集中講義』(エール出版社/2008.6)
  • 『考える「時事問題」厳選60』(第3版早稲田経営出版/2008.6)
  • 『難関中学の算数 これだけやればラクラク合格!!』(エール出版社/2008.5/中学受験の天才シリーズ)
  • 『難関中学の理科 これだけやればラクラク合格!!』(エール出版社/2008.4/中学受験の天才シリーズ)
  • 『小林公夫の集中講義 医学部入試英語集中講義』(エール出版社/2007.12)
  • 『一般教養の天才 2009年版』(早稲田経営出版/2007.11/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『エンタメ一般教養 2009年版』(早稲田経営出版/2007.11/マスコミ就職シリーズ)
  • 『SPI2能力検査30秒即解法 2009年版』(早稲田経営出版/2007.1/マスコミ就職シリーズ)
  • 『治療行為の正当化原理』(日本評論社/2007.1)
  • 『出るとこだけ!一問一答 一般常識&最新時事 ’09年度版』(高橋書店/2007.9)
  • 『考える「時事問題」厳選60―「時事問題」に潜む対立構造の発見!』(第2版早稲田経営出版/2007.6)
  • 『3時間でわかるロースクール小論文』(第2版早稲田経営出版/2007.6/Wの入門シリーズ)
  • 『医学部入試小論文集中講義』改訂3版(エール出版社/2007.4/小林公夫の集中講義 1)
  • 『合格する論文 警察官・消防官編』(早稲田経営出版/2007.1)
  • 『SPI2の天才』(早稲田経営出版/2006.12/Wセミナー就職シリーズ)
  • 『エンタメ一般教養』(早稲田経営出版/2006.12/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『合格する論文―地方上級・国家2種編』(早稲田経営出版/2006.12)
  • 『一般教養の天才 2008年版』(早稲田経営出版/2006.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『SPI2能力検査30秒即解法 2008年版』(早稲田経営出版/2006.1/Wセミナーマスコミ就職シリーズ)
  • 『考える「時事問題」厳選60』(早稲田経営出版/2006.7)
  • 『法曹への論理学―適性試験で問われる論理力の基礎トレーニング』(第3版早稲田経営出版/2006.6)
  • 『一般教養の天才 2007年版』大改訂版(早稲田経営出版/2005.7)
  • 『ロースクール小論文予想問題集―法曹への上級小論文』(早稲田経営出版/2005.3)
  • 『法曹のものの考え方―ロースクール小論文・面接で上位の得点を取るために』(早稲田経営出版/2004.12)
  • 『医学部入試小論文集中講義』改訂新版(エール出版社/2004.8/小林公夫の集中講義 1)
  • 『一般教養の天才 2006年版』(早稲田経営出版/2004.7)
  • 『論理思考の鍛え方』(講談社/2004.7/講談社現代新書)
  • 『SPI能力検査30秒即解法 2006年版』(早稲田経営出版/2004.7)
  • 『医学部入試面接適性検査集中講義―小林公夫の集中講義 2』改訂新版(エール出版社/2003.1)
  • 『一般教養の天才 2005年版』(早稲田経営出版/2003.1)
  • 『3時間でわかるロースクール小論文』(早稲田経営出版/2003.1/Wの入門シリーズ)
  • 『SPI能力検査30秒即解法 2005年版』(早稲田経営出版/2003.1)
  • 『就職キーワード 2004年版』(早稲田経営出版/2003.1)


【雑誌記事・論文】[編集 | ソースを編集]

  • 自著を語る BOOK 『公立中高一貫校』 桜美林大学北東アジア総合研究所/客員研究員  考え抜く習慣で本物の「人間力」公共性あるエリートの育成を「週刊教育資料」(1286)通号1416/2014.2.17
  • 信仰上の理由による輸血拒否と未成年者の自己決定(下)「日本医事新報」-4488/2010.5.1
  • 信仰上の理由による輸血拒否と未成年者の自己決定(中)「日本医事新報」-4487/2010.4.24
  • 信仰上の理由による輸血拒否と未成年者の自己決定(上)「日本医事新報」-4486/2010.4.17
  • 信仰上の理由による輸血拒否と不作為の同意殺人罪の成否「法律時報」82(1)通号1017/2010.1
  • 「修復腎移植」への法学・医学からのアプローチ(3・完)「日本医事新報」-4435/2009.4.25
  • 「修復腎移植」への法学・医学からのアプローチ(2)「日本医事新報」-4434/2009.4.18
  • 「修復腎移植」への法学・医学からのアプローチ(1)「日本医事新報」-4433/2009.4.11
  • 「病腎移植」の正当化と可能性「法律時報」81(2)通号1005/2009.2
  • 医療水準と医療の裁量性――福島県立大野病院事件・福島地裁判決を中心に「法律時報」80(12)通号1002/2008.11
  • 一橋大学法学博士・小林公夫の”法の目”で語る医療ニュース(第10回)福島県立大野病院事件判決の考察(2)鑑定で崩れた検察側の構図 医療界も裁判の検証が不可欠――特別企画 元被告弁護人・安福謙二弁護士と対談/小林公夫,安福謙二「ばんぶう」通号331/2008.11
  • 医療法務 一橋大学法学博士・小林公夫の”法の目”で語る医療ニュース(第9回)福島県立大野病院事件判決の考察(1)医学的準則の判断の根拠 臨床経験と医学書の違いをどう考えるべきか/「ばんぶう」通号330/2008.1
  • 医療の範疇における同意傷害――ドイツ刑法典228条の議論を中心に「一橋法学」4(2)/2005.7
  • 特別企画 実験的治療行為の正当化――京都大学医学部附属病院 探索医療センターの取り組みに学ぶ 被験者に対する適正手続の整備なくして医学・医療の視野は大きく開かれない「ばんぶう」通号289/2005.5
  • 入門「医事刑法」 医師が刑事罰に問われる頻度増えるも「医療水準」クリアなら恐れるに足りず「ばんぶう」通号279/2004.7
  • 「異種格闘」対談――21世紀の医をつくる 小林公夫 Wセミナー顧問・主任研究員 浜六郎 医師・医薬ビジランスセンター理事長――医師としてのメンツや立場が薬害エイズを広めた元凶/小林公夫,浜六郎「ばんぶう」通号276/2004.4
  • J・S・ミルへの質問状――自己決定の限界について「本」28(8)通号325/2003.8
  • 法学的視点から見た医療のかたち(最終回)心臓縮小手術・バチスタ手術の適法性「ばんぶう」通号267/2003.7
  • 対談 刑事罰は医療ミスの抑止力となりえるか 軽い刑罰なら予防効果は期待薄 医師同士が裁き合う制度つくれ! 森功VS小林公夫/森功,小林公夫「ばんぶう」通号266/2003.6
  • 法学的視点から見た医療のかたち(6)実験的治療行為はどこから”治療”と位置付けられるか「ばんぶう」通号265/2003.5
  • 法学的視点から見た医療のかたち(5)治療行為は、いつから”治療”と位置づけられるか「ばんぶう」通号263/2003.3
  • 法学的視点から見た医療のかたち(4)未成年者の輸血拒否の許容性――自己血輸血手術が狭義の医療水準に達している現在両親による輸血拒否は親権の濫用に該当しない「ばんぶう」通号261/2003.1


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。