日本通信百科事典
Advertisement

尾張源氏(おわりげんじ)とは、尾張国を拠点とした陽成源氏美濃源氏河内源氏足利氏下野源氏)一門の斯波氏奥州源氏/尾張斯波氏)の嫡流と新田氏上野源氏)流義光流世良田氏一門の徳川氏三河松平氏/三河源氏)の親藩がある。

  1. 岡田氏美濃岡田氏とも呼ばれる。八島氏羽島氏)一門の美濃山田氏の庶家で、美濃国大野郡岡田郷(現在の岐阜県揖斐郡揖斐川町岡田大字)を拠点とした。加茂氏とは同族である。後に尾張国に移った。
  2. 武衛氏[1] : 氏の由来は山城国武衛陣町(現在の京都府京都市上京区)である。斯波高経を祖とする斯波氏嫡流である。高経の玄孫の義建の代で嗣子がなく、義建の族弟で斯波氏一門の越前大野氏の嗣子の義敏を養子に迎え、以降は血筋的には大野斯波家となった。越前国遠江国守護も兼ねた義敏の子の義寛(大野義良)の代に尾張国守護になったことではじまる。その後裔に中で尾張国守護になった者がいた。しかし、尾張国守護代の織田氏藤原北家利仁流)の勃興によって、義統の代に衰退して、その子の義銀義親)・義康父子の代で没落した。義康の甥で、義銀の孫の親光(親元)は、下記にある津川氏尾張津川氏)と称して、遠縁筋の肥後国熊本藩の細川氏(長岡細川家/内膳細川家)に仕えて、その子の親房(辰房)以降は、代々が家老職を世襲した。庶家に越前大野氏・高水寺氏[2]・末野氏・今立氏・越前五条氏(越前五條氏)・千福氏・越前奥田氏・越後堀氏などがあった。
  3. 津川氏尾張津川氏とも呼ばれる。上記の尾張武衛氏の庶家。通字は「」・「」。上記の義統の子の津川義冬親治/雄光)が津川氏と称したことによる。しかし、義冬は豊臣秀吉の謀略にかかった主君の織田信雄(信意/常真斎、信長の4男)によって、同僚の岡田重孝(重景/直重/秀重/重冬)[3]・浅井長時(政尚/長安)[4]とともに「上意討ち」と称して、手討ちにされた。義冬は嗣子がなく[5]、弟の義忠の子の親忠が後を継いだ。その親忠にも嗣子がなく、従兄弟の親利(休閑入道)[6]が後を継いだ。
  4. 梁田氏尾張梁田氏とも呼ばれる。上記の足利氏一門の梁田義長義良)流。梁田政綱を輩出した。
  5. 名古屋徳川家源姓名古屋氏と呼ばれる場合もある。徳川家康の子の義直義知/義利/義俊)を祖とする徳川氏の親藩。庶家に高須松平家(四谷松平家)・梁川松平家(大久保松平家)・川田久保松平家などがあった。この系統から江戸幕府徳川将軍家武蔵源氏)を輩出することはなかった。

脚注[]

  1. この系統は越前武衛氏尾張武衛氏、あるいは武衛斯波家と呼ばれる。その他には、同じ斯波氏流の最上氏一門の天童氏の傍系である出羽上山氏の庶家の出羽武衛氏武永氏)も存在する。
  2. 庶家に鞍谷氏があった。
  3. 上記の美濃岡田氏の一門。
  4. 浅井高政の孫、長貞の子、政重の兄、政候(まさとき)の父。
  5. ただし、義冬は遠縁筋の若狭武田氏の当主の武田義統(晴信)の孫の義勝を婿養子に迎えたが、義勝に嗣子がなく断絶した。
  6. 義銀の子、義康の弟、津川親行(辰珍)・親治(親行)の兄、親光(親元)・親良(ちかなが)・親昌の父、親房(辰房とも、親光の子)の祖父、親之(辰之)・親則(辰則/辰氏)の曾祖父、親貞(辰貞、親之の子)・親陳(ちかのぶ、辰陳、親則の子)の高祖父。

関連項目[]

Advertisement