日本通信百科事典
Advertisement

匈奴屠各部攣鞮氏族の王朝を建国した趙漢劉氏の後裔とされる坂上田村麻呂

屠各部屠客部[1](とかくぶ/ときゃくぶ)は、古代中国の北方のモンゴル高原(ハルハステップ)~トルコ高原(カザフステップ)東部など広大な地域を支配したトルコ系[2]匈奴の中心部族で、歴代の単于を輩出した家系でもある。漢化すると劉氏と称した[3]

概要[]

その始祖は、頭曼単于であったが、末子を太子にすべく邪魔な長子の冒頓を除く計画を立てて、対決した東胡[4]の単于に人質に差し出して、これを亡き者にすべく目論んだ。

しかし、冒頓は従者の援助もあって奇跡的に生き延びて、父のもとに舞い戻ってしまった。やがて、冒頓は計画を練りに練って、信頼できる腹心とともに狩猟を行なった父に同伴して、隙を見て父とその側近を殺害し、さらに継母の閼氏と異母末弟をも殺害して、自ら単于と称した。

そのために、屠各部の実質的な祖は、冒頓単于であり、彼は東胡を滅ぼし、周辺のトルコ系丁霊などを傘下に収めた。さらに前漢高祖劉邦の軍勢と戦って有利な状況のまま、和議を結んで漢の宗族の女性を妻に迎え、代々の単于は漢の宗族の女性を妻に迎える習慣が成立した。

冒頓単于の直系は攣鞮(虚連題)氏族と称して、これが屠各部の本家であり、分家には独孤氏族[5]などが出て、さらに外戚氏族として、須卜氏族・呼延(呼衍氏)氏族・蘭氏族・丘林氏族などがあった[6]

後漢の時代になり、匈奴が北匈奴と南匈奴に分裂し、後漢に臣従した南匈奴の外戚の須卜氏族から當(当)という者が後漢の朝廷から、例外として須卜単于として即位することを認められた。後漢末に呼徴単于は後漢の使匈奴中郎将の張脩によって殺害され、張脩は攣鞮氏族の分家である独孤氏族から羌渠単于を擁立した[7]

その羌渠も、後漢に対して忠実で好戦的であったため、188年春3月に、疲労した南匈奴の貴族である右部の酋長の醢落は羌渠の遠縁筋である休著各(屠各)胡白馬銅ら10万余人ととも反乱を起こした。このために羌渠は弑され、彼らは上記の須卜単于の後裔の骨都侯の須卜骨都侯[8]を擁立した。翌年にその須卜骨都侯が病没し、羌渠の長子である於扶羅はその後を継ごうとしたが、上記の醢落らに警戒され、弟の呼廚泉[9](フチウツアン)とともに南下して、長安~洛陽付近を彷徨った。ちょうど、後漢の愍帝献帝)が、独裁政権を牛耳った董卓の旧部将である李傕・郭汜(郭多)・張済・樊稠から逃れるために、従父で岳父でもある安集将軍の董承と楊彪と士孫瑞の手引きで、洛陽を目指した。於扶羅と呼廚泉兄弟は黄巾党の一派である白波党の頭目である楊奉とともに、愍帝一行を洛陽まで、護衛した。翌年に於扶羅は病没して、弟の呼廚泉がその後を継いだ。

於扶羅の叔父である去卑は鉄弗(赫連)氏族の祖となり[7][10]、その後裔の劉勃(赫連勃々/赫連佛々)は夏漢を建国した。もうひとりの叔父の劉猛は独孤氏族の酋長として引き継いだ[5][10][11][7]。さらに従父(父の従兄弟)の潘六奚は破六韓氏族の祖となった[7]

於扶羅の子の劉豹は父が病没したときは、まだ幼少だったので叔父の呼廚泉単于に従った。成長すると、左賢王となった。207年に曹操によって、五部に分けられた南匈奴の左部を統括することになった。

劉豹の子の劉淵は、(西晋)の単于大将軍となり、勢力を得て、はじめは「漢王」と称し、西晋が崩壊すると趙漢の皇帝として即位し、高祖光文帝と称した。

劉淵が61歳で逝去すると、長子の劉和(梁厲王/戻帝)が後を継いだが、外叔父の呼延攸とともに堕落した政治を行なったので、異母弟の楚王の劉聡(劉戴)が洛陽を攻撃して、長兄の劉和と呼延攸をはじめその妻子を皆殺しして、自ら烈宗昭武帝として即位した。

しかし、その劉聡も、皇太弟である末弟の北海王の劉乂の生母の単氏を自分の側室になるように迫ったが、単氏は拒絶して自決した。さらに、おなじ屠各部出身[12]である外戚の靳準と宦官の王沈を重用して、自堕落した。そのため、庶長子である太宰の河間王の劉易と廷尉の陳元達の諫言を聞いて、かえって激怒する有様であった。そのために劉易は憤死し、陳元達は自邸で自決して果てた。

劉聡が亡くなると、次嫡子で太子である河内王の劉粲(少主隠帝)が後を継いだが、その岳父である靳準の反乱で、劉粲は太子の劉元公とともに殺害された。さらに靳準は劉粲の弟たちである諸侯王も皆殺しした。

これを見た、劉粲の族父である劉曜(劉淵の族子)は、おなじ匈奴羌渠部羯族の酋長である石勒(石趙の高祖明帝)とともに、靳準を攻撃した。その前に靳準は従弟である衛将軍の靳康に殺害されたが、劉曜は石勒と洛陽を陥落させて、靳氏一族を皆殺しした。

やがて、劉曜が世祖昭烈帝として即位した。しかし、この劉曜も酒に溺れてしまい、不規則な生活を怠慢的に過ごしたので、部将の石勒が反乱を起こして、その捕虜となった。石勒は劉曜の従弟の劉岳を派遣して、帝位を迫ったが劉曜は断固として拒んだために、太子の劉煕をのぞいて、多くの息子たちとともに殺害された。

こうして、屠各部の嫡流の攣鞮氏族は滅亡したが、分家の独孤氏族[5]・鉄弗(赫連)氏族[7][10]・破六韓氏族[7]は、そのまま生き延びたのである。

脚注[]

  1. 休屠各部」「休箸各部」「休著屠各部」(意味は著が箸)とも表記された。
  2. 同時にトルコ化したウラル系民族のサモエードやウゴルの系統という説もある。
  3. その他に金氏・靳氏などがあった。
  4. トルコ系とツングース系の混合民族という。
  5. 5.0 5.1 5.2 後に独孤氏族は北魏(代魏)~の時代には鮮卑化した。
  6. 『史記』巻110匈奴列伝第50・『漢書』巻94上匈奴列伝第64上・『後漢書』巻89南匈奴列伝第79など。
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 『北史』破六韓常伝
  8. 諱は不詳。
  9. 呼廚貌とも呼ばれる。
  10. 10.0 10.1 10.2 『新唐書』宰相世系表
  11. 魏書』帝紀第1・帝紀第2・列伝第1・列伝第11・列伝第71上・列伝第83など。
  12. 『晋書』載記

関連項目[]

  • 匈奴
  • 金日磾 : 休屠王の太子。
  • 劉氏
  • 坂上田村麻呂
Advertisement