日本通信百科事典
Advertisement

常陸源氏(ひたちげんじ)とは、日本の氏族で陽成源氏河内源氏)流の総称。常陸国を本貫として、約8つの系統がある。

  1. 佐竹氏 : 「源姓佐竹氏」とも呼ばれる。義光流佐竹義業の嫡流。常陸国久慈郡佐竹郷(現在の茨城県常陸太田市磯部町佐竹大字)を本拠地とした。甲斐源氏の武田氏・逸見氏と信濃源氏小笠原氏信濃平賀氏とは同族にあたる。室町時代前期~中期に第11代目の当主の義盛義有兄弟の代で断絶した[1]
  2. 武田氏 : 義光流の武田義清(義業の弟)の嫡流。同国那珂郡武田郷(現在の茨城県ひたちなか市武田大字)を本拠地とした[2]。通字は「」「」。1130年(大治5年)に義清の嫡男の清光の狼藉行為が原因で、義清父子は常陸国を追われて甲斐国巨摩郡市河郷(現在の山梨県西八代郡市川三郷町)、あるいは中巨摩郡西条(西條)郷(現在の山梨県中巨摩郡昭和町西条大字)へ配流され、清光の次子の信義を祖とする甲斐源氏の嫡流になったという。以来から拠点を北巨摩郡武田郷(現在の山梨県韮崎市武田大字)と改称して、定住した。
  3. 粟屋氏 : 上記の武田氏と同族の甲斐源氏一門の甲斐安田氏の庶家。同国真壁郡粟屋郷(現在の茨城県筑西市粟屋大字)を本拠地とした。上記の本家筋の佐竹氏に仕え、粟屋元義(安田義継の子)を祖とするが、義行の代を経て室町時代初期の朝利の代で嗣子がなく断絶した。
  4. 朝谷氏新田氏上野源氏)一門の義季流世良田氏世良田義季の系統)の系統で、世良田頼義(朝谷禅門)を祖とする。同国東新治郡大増郷朝谷(現在の茨城県石岡市大増大字朝谷)を本拠地とした。常陸世良田氏とも呼ばれる。
  5. 得川氏 : 上記の義季流世良田氏一門。上野国新田郡得川郷(現在の群馬県太田市徳川町)を本拠地とした。主に得川宗氏の系統をさす。
  6. 水戸徳川家源姓水戸氏とも呼ばれる場合がある。上記の世良田氏義光流世良田氏)流の徳川家康の子の頼房を祖とする徳川氏(松平氏)の徳川御三家のひとつ。庶家に松戸徳川家・高松松平家[3]・府中松平家・宍戸松平家。守山松平家・由良松平家[4]越智松平家[5]があった。江戸幕府の第15代目の将軍の徳川慶喜(のりのぶ)・徳川氏の現当主の徳川家広はこの系統である。
  7. 江戸崎氏常陸土岐氏とも呼ばれる。土岐氏美濃源氏)一門の美濃原氏[6]の庶家。原秀成の子の憲秀・景秀父子を祖とする。常陸国信太郡江戸崎郷(現在の茨城県稲敷市江戸崎大字)を拠点とした。しかし、戦国時代の景成(景秀の子)の代に男系が途絶えて、惣領家から治頼[7]を婿養子に迎えた。
  8. 里見天童家[8]足利氏下野源氏)流斯波氏奥州源氏)一門の天童氏の直系。同族の源姓里見氏を母系とする里見(天童)義親を祖とする。江戸時代から、代々が四郎左衛門と称して、同国水戸藩の水戸徳川家に仕えて、その家老となった。

脚注[]

  1. 以降は義盛の婿養子である佐竹義人(義仁/上杉義憲)が、その後を継いで藤姓佐竹氏藤原北家勧修寺氏流上杉氏(山内上杉家)の系統)の祖となった。このため、陽成源氏流佐竹氏の男系は断絶した。
  2. 歴史学者・茨城キリスト教大学名誉教授でもある志田諄一箸『勝田市史』による。
  3. 庶家に大膳松平家(庶家に蜂須賀松平家があった)があった。
  4. はじめは同族の福井松平家一門であったが、福井松平家の男系が断絶したために、同族の水戸徳川家から婿養子を迎えた。
  5. もともとは、惣領家の徳川将軍家(江戸徳川家)一門であった。
  6. 精確には蜂屋氏の庶家。
  7. 政房頼継)の子、治秀(治英)・頼勝・天岩(僧侶)の父。
  8. 前天童氏とも呼ばれる(同族の奥州大崎氏一門の最上氏系は後天童氏と呼ばれる)。

関連項目[]

Advertisement