日本通信百科事典
Advertisement

常陸藤原氏(ひたちふじわらし)とは、日本の氏族で、常陸国を本貫とした藤原氏一門のこと。約数系統がある。

  1. 伊佐氏常陸伊佐氏とも呼ばれる。常陸国新治郡あるいは真壁郡伊佐郷(現在の茨城県筑西市伊佐大字)を本貫とした一族。藤原南家の庶家である藤原玄明の子・連国を祖とする[1]。庶家に下野中村氏[2]伊達氏[2]柴田氏[2]がある。
  2. 佐竹氏藤姓佐竹氏あるいは、佐竹上杉家とも呼ばれる。藤原北家勧修寺流上杉家の庶家の上杉氏(山内上杉家)の当主である関東管領の上杉憲定の次子で、源姓佐竹氏の最後の当主である佐竹義盛の婿養子である佐竹義仁(義人/上杉義憲)を祖とする系統。同国久慈郡佐竹郷(現在の茨城県常陸太田市磯部町佐竹大字)を本拠地とした。戦国時代末期の佐竹義重佐竹義宣父子を祖とする江戸時代出羽国久保田藩主の佐竹氏はこの嫡流である。
  3. 常陸関氏 : 同国真壁郡関村(現在の茨城県筑西市)を拠点とした藤原北家秀郷流武蔵太田氏の系統の下野小山氏一門の結城氏の庶家。
  4. 常陸太田氏 : 同国久慈郡太田郷(現在の茨城県常陸太田市周辺)を拠点とした上記の秀郷流の系統。庶家に小野崎氏[3]などがあった。
  5. 常陸江戸氏 : 同国那珂郡江戸郷(現在の茨城県ひたちなか市江戸大字)を拠点としたおなじく秀郷流那珂氏の系統で、上記の常陸太田氏と同族である。

脚注[]

  1. 後世に藤原北家山蔭流と自称(仮冒)した。異説に上野国下野国の毛野氏の系統とする説もある。
  2. 2.0 2.1 2.2 下野中村氏・伊達氏・柴田氏の諸氏の本姓は、前述の毛野氏および、下野国の藤姓足利氏や同族にあたる下総国の秀郷流下河辺氏あるいは佐野氏の系統とする説もある。尾張国柴田勝家もこの系統とされる。
  3. 庶家に茅根氏・常陸大久保氏・山尾氏・石神氏・常陸額田氏(後に常陸江戸氏の庶家となる)・御代氏・助川氏・常陸大森氏・内桶氏・常陸久米氏などがあった。

関連項目[]

Advertisement