日本通信百科事典
Advertisement

平良望(国香王)像

平 良望国香王(たいら の よしもち/くによしおう/くにたかおう、?[1] - 935年3月14日(承平5年2月4日))は、平安時代中期の皇族・武将。臣籍降下以前の名は「国香王」。「良茂」[2]、あるいは「良繁」とも呼ばれる[3]。官位は従五位上・常陸大掾・鎮守府将軍。

高望王と藤原良方(藤原北家)の娘との間の嫡長子。姉妹に平良将[4]室・平良文室・藤原維幾室。

概要[]

861年(貞観3年)に清和天皇の勅命、あるいは889年6月14日(寛平元年5月13日)に、宇多天皇の勅命により、父とともに平姓(桓武平氏=武家平氏)を賜って、臣籍降下をした。

898年(昌泰元年)に上総介に任命された父の高望の代わりに目代として、坂東地方の上総国に赴いた。後に筑波山西麓付近にある常陸国真壁郡東石田郷[5]を本拠地とした。

常陸大掾・源護(嵯峨源氏/仁明源氏)の娘と下野大掾・藤原村雄(秀郷の父)の娘を妻とし、岳父の源護から地位を受け継ぎ、坂東地方に勢力を拡大して、武家貴族(軍事貴族)としてその基盤を固めた。

義弟で外従弟でもある良将(将門の父)・良文兄弟と仲が悪く、良将・良文兄弟の異母兄で、良望の相婿でもある平良兼と組んで、抗争を繰り返した。後に長子の貞盛に家督を譲って、隠居したが依然として実権を握っていた。

数年後に良将が逝去して[6]、その次男の将門が後を継いだが、良望は良兼とともに外甥の将門・将平兄弟および義弟の良文らと抗争を繰り返した。京から帰途中の外甥の将門を、義兄弟の良兼とともに武蔵国の渋谷川[7]で襲撃したが、将門の叔父である良文の救援があり両軍は激戦となり、良望・良兼らは撃破されて、敗走した。

935年3月14日(承平5年2月4日)に、義弟である源扶(護の子)兄弟に呼応して、将門を攻撃するがかえって将門の反撃に遭って、扶兄弟は戦死し良望は命からがらに常陸国の居館の石田館に逃げ戻って、火を放って自害した[8]

京で左馬允在任中に父の非業の死の報を聞いた子の貞盛は、休暇を申請して逸早く坂東に帰還した。貞盛は、一時的に旧怨を水に流し外従弟・将門との和睦をした。だが、義理の叔父の良兼と異母弟の繁盛良正(良盛/兼任)兄弟に批判・説得されて、結局は将門と敵対することになり、『承平天慶の乱』[9]の発端となった。

家族[]

  • 正室(先妻) : 藤原村雄の娘[10]
  1. 平貞盛相模平氏伊勢平氏平家(六波羅氏))・伊勢氏伊勢関氏(貞盛流)・池氏の祖となる。
  • 継室(後妻) : 源護の娘[11]
  1. 平繁盛大掾氏常陸平氏坂東平氏)・越後奥山氏越後城氏越後平氏)・梁田氏(簗田氏)[12]・伊勢関氏(繁盛流)・伊豆山木氏の祖となる。
  2. 平良正(良盛/兼任) : 国兼貞時の父。数代で断絶した。

脚注[]

  1. 生年は850年前後の説がある。
  2. 『尊卑分脈』では、良正を高望王の末子・良茂の子で、良正の父とする。また、良茂は三浦氏鎌倉氏長尾氏大庭氏梶原氏)・土肥氏(中村氏)らの祖とする。だがこれは、系譜上の仮冒の疑いが濃い見方がある。
  3. 『将門記』
  4. 丹姓平直良の子。
  5. 現在の茨城県筑西市(旧下館市)付近
  6. 良将の没年は、917年(延喜17年)・918年(延喜18年)や930年10月(延長8年9月)の説がある(『常陸国正宗寺旧記』)。
  7. 現在の東京都渋谷区周辺
  8. 良望(国香王)自身は、老衰で逝去した説もある(『平将門』(幸田露伴/青空文庫/2014年)より)。
  9. 『平将門の乱』とも呼ばれる。
  10. 『系図纂要』
  11. 『尊卑分脈』
  12. 『与吾(与五)将軍系図』(東昌寺所蔵)・『古河市史資料中世編』・『簗田家文書』より。

関連項目[]

Advertisement